FC2ブログ

ロリータ小説傑作選集・少女愛好家 【Special Edition】 の
電子書籍の販売を開始しました

<収録作品> 

1. ロリスタ   
2. おつかい少女-由香と愛理-
3. 天使のリボン
4. 雑魚寝パズルチャンス  
5. 少女特訓教室-跳び箱と逆上がり-   

Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

※作品本編は現在発売中の同タイトルの電子書籍と
全く同じ内容ですので購入される場合はご注意ください



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます
ロリータ小説傑作選集・体験告白系 【Special Edition】の
電子書籍の販売を開始しました

<収録作品>

1. ユニットバスの奇跡
2. ケンとユキ姉
3. 二段ベッド
4. ぼくたちの日々

Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

※作品本編は同タイトルの電子書籍と全く同じ内容です
ご購入される場合はご注意ください



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

少女日記【Special Edition】 の電子書籍の販売を開始しました

<収録作品> 

1.少女日記@品川綾乃   
2.少女日記@目黒彩弓 
3.少女日記@渋谷花恋
4.少女日記@大塚真央   
5.少女日記@神田遥香   

Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

※作品本編は現在発売中の同タイトルの電子書籍と
全く同じ内容ですのでご購入される場合はご注意ください



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

妹 第2集 【Special Edition】の電子書籍の販売を開始しました

<収録作品> 

1.熱を出した妹   
2.姫子-凶暴な妹と無抵抗な兄-  
3.妹のくちびる
4.兄妹船    
5.妄想兄妹   

Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

※作品本編は現在発売中の同タイトルの電子書籍と
全く同じ内容ですのでご購入される場合はご注意ください



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます


Kindle Unlimited用に編集した特別版の作品リストです(随時更新)

miccho 計16作品













※上記電子書籍は現在発売中の作品を集めたものですので
収録作品をお確かめの上ご購入をご検討ください

ロリ系以外の作品も別名義で発行してますので興味ある方はよろしく

北条光影 計17作品













電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます


「お兄ちゃんの言う通りにしたよ」
「そっか 由真さんにはもう言ったのか」
「明日言う予定」


山川伸也 23才 ホスト

私の義理のお兄ちゃんだ

シングルマザーのママが結婚したのは
中3の時で新しい家族が2人増えた


ママは由真 36才 ホステス

高校入学と同時にここに引っ越してきたので
学校の友達は私の旧姓を知らない

パパとはその前から付き合ってたけど
私のために時期を合わせてくれたのだ


パパは大作 54才 夜の店のオーナー

ママとパパは社内恋愛みたいなものだ

ただパパはほとんど家にはいない
別に繁華街近くにマンションを持っているので
だいたいはそこで過ごしている

お祖父ちゃんくらいの年だけど見た目は全然若い
ちなみに私のお祖父ちゃんは57才だ


「もう毛が生えてきてるな」
「え~ ちゃんと剃ってるのに」
「高校卒業したらちゃんと脱毛しろよ」
「うん」

お兄ちゃんはロリコンなのだ

ママがパパと付き合いはじめて
私とお兄ちゃんも会うようになって
すぐくらいに体の関係をもった

もちろん私はその時処女だった


「妹といつかこういうことしたかったんだ」

まだ兄妹になる前だったけど
妹とエッチなことをしたかったみたいで
私を見て興奮していた

お兄ちゃんはアイドルみたいに
カッコいいので最初から全然イヤじゃなかった

「全部剃っちゃうけどいいよな」
「う、うん」

最初のエッチの時に毛は剃られた

お兄ちゃんの部屋にはロリコンのマンガが
いっぱい転がっていてそれを見ながら
いろんなことをされた

今はそのマンガはママに見つからないように
ベッドの下に隠してある

「恵梨香さえいればいいな」
「お客さんは別でしょ」
「仕事だからな」

パパがオーナーのホストクラブで
働いていて店で人気No.3だ
店の看板にも大きく顔写真が出ている

No.1になれないのはお金に困ってないのと
ロリコンなことが理由に違いない
見た目は一番カッコいいのだ

お金持ちなのに仕事をしている理由は
パパに言われたからで跡を継ぐためには
いろいろと経験が必要らしい
パパも元々人気ホストだったのだ

このあたりのことはママから教えてもらった



「これでもう疑われることもないな」
「うん お兄ちゃん 頭いいね」
「でもキスまでだぞ 特にこのワレメを
触らせたら別れるからな」
「そんなことするわけないでしょ
別れるなんて怖いことを言わないで」

最近ママがお兄ちゃんと私の関係を
疑っているのだ

そんな時に先輩に告白されて
それをお兄ちゃんに相談すると
付き合った方が都合がいいと言われた

「すぐ断らなかったのがファインプレーだな」
「返事する前にどっか行っちゃったから」
「ハハハッ」

先輩のことは好きでも何でもない
ただ見た目が私とお似合いな感じがするので
ママに紹介しても大丈夫な気がする

「お兄ちゃんは触らせてるんでしょ」
「仕事だからな 嫌な顔でもして噂になったら
父さんに殺される」
「そんなに怖く見えないけど」
「笑いながら殴るタイプだから 父さんは」
「えっ・・・」
「男にだけだって 何を心配してるんだよ」
「あっ ハハッ・・・」

パパに殴られるところを想像してしまった

「女は商売道具だから丁寧に扱うんだ
全然お金にならないホステスにも
声を荒げたりしないし」
「ふ~ん 道具かぁ」

「恵梨香は俺の遊び道具だよな」
「うん!」

お兄ちゃんに触られるだけで幸せだ
もし嫌われたら生きていけない



ロリータ小説短編集 【Special Edition】の電子書籍の販売を開始しました

初期作品ですので体験談風小説もあったりと
いろいろなシチュエーションを楽しんでいただけると思います

<収録作品>  計15作

1.好奇心    2.小さな手  3.再会 
4.告白     5.家出    6.大家族 
7.プロレス   8.マッサージ 9.となりの姉妹
10.ポチェック 11.相撲少女  12.入院中
13.熱帯夜   14.雨の日   15.夢の途中  

Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

※作品本編は現在発売中の電子書籍と
全く同じ内容ですのでお間違えのないように
よろしくお願いします



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます


「彼女とどんなことしたの?」
「いろいろな」
「ちゃんと教えてよ」
「近いって」
「ウフフッ お兄ちゃん!」
「おっ おいっ・・・」


関口武蔵 18才

ついに俺にもはじめての彼女が出来た

彼女は部活の後輩で1年前から狙っていた


山川恵梨香 17才


「山川」
「はい 先輩」
「俺と付き合わないか」
「えっ・・・」

「返事はいつくれるんだよ」
「ごめんなさい こんなことはじめてで」
「俺もなんだけど・・・」

「じゃあ・・・」
「付き合ってくれるのか」
「は、はい でも・・・」
「何だ」
「まだみんなには内緒にしててほしいっていうか」
「あっ あぁ わかったよ」


学校のみんなには秘密だが家族には報告した


「本当か!?武蔵」
「うん」
「よかったわね」
「ずっと片想いだったから本当に嬉しくて」
「私も彼氏作ろうかな」
「まだ明日香には早いわよ」
「そうだ そうだ」
「ハハハッ」

「どうしたんだい にぎやかだね」
「お義母さん 武蔵に彼女が出来たんですよ」
「そうかい それはよかったね」

その日の夜はケーキも用意されて
クリスマスのようなパーティが開かれた

「今度うちに連れてこいよ」
「うん いつになるかわからないけど」
「私も早く会いたいわぁ」
「でも親に会わせるとかハードル高すぎるって」
「ハハハッ 確かにな」
「そうね 私も高校の時には・・・」
「元カレの話したら離婚だからな」
「大和!子供の前で何を言ってるの」
「・・・ごめん 母さん」
「ハハハッ パパ 怒られてるし」


父は大和 45才 建設会社勤務

競争率の高かった母を射止めた強運の持ち主だ
男らしい見た目だが性格は繊細ですぐ落ち込む


母は今日子 42才 専業主婦

顔が美形なので子供の頃からモテてたようだ
俺は母似だが男なのでそれほど恩恵は受けてない


祖母は弘美 64才 未亡人

父と正反対で豪快な性格
祖父が亡くなってからは旅行三昧

国内の温泉をすべて制覇する勢いで
毎週どこかに旅行している


妹は明日香 12才 小6

好奇心旺盛な性格

俺とは年も離れてるし共通の話題もないので
一定の距離があった

ただ彼女が出来てからまとわりつくようになった


「お兄ちゃん! お兄ちゃん!」
「まだ起きてたのか 早く寝ろって」
「だって気になっちゃって」

2階は俺と妹の部屋があるだけなので
夜に親たちが上がってくることはあまりない

部屋に鍵はついてないので
妹は勝手に入ってくる

「あとノックしろって言っただろ」
「いいじゃない 細かいことは」
「はぁ・・・」

男についてまだ理解してないようだ
小6なら性の知識がそこそこあるはずだけど

「チュウはもうしたの?」
「だから近いって」

体を密着させてくるだけじゃなく
顔も息がかかるくらい寄せてくる

「教えてくれれば離れてあげる」
「まだだよ まだ」
「え~ どうしてしないの 彼女なんでしょ」
「いろいろとタイミングがあるんだよ」

学校のみんなに内緒なのでチャンスがないのだ

「じゃあ 何したの」
「まぁ 手を繋いだりな」

妹は手を繋いできた

「何だよ」
「こんなの彼女とじゃなくてもするじゃない」
「そりゃ 兄妹だったら普通だろ」
「クラスの男子とも手を繋いだりするよ」
「そんなことしてるのか」
「ダンスの時にみんなと繋ぐでしょ」
「あっ あぁ ダンスな」
「もっとこんな風に抱き合ったりすればいいのに」

妹に恋愛の仕方を教えてもらうとは
情けない気もするが年は関係ない

はじめての恋愛には違いないのだ

「明日香は彼氏いないのか」
「う~ん チュウする男子はいるけど
彼氏なのかはわかんない」
「えっ!?クラスの男子なのか」
「うん 岩崎くん」
「どんな奴なんだ」
「う~ん エッチな男子だよ」
「ダメだろ そんな奴とチュウしたりするのは
明日香は好きなのか そいつが」
「うん 嫌いじゃないよ」

エッチな男子ということは
これから妹にいろんなことをしてくるはずだ

「チュウするのはもうやめろ」
「どうして?」
「彼氏じゃないんだろ」
「うん 多分 でもチュウはしたいな」
「どうでもいいチュウだったら
俺とでもすればいいだろ」
「チュウしていいの?」
「ハハハッ 勝手に抱きついてるのに
何をわざわざ聞いてるんだよ」
「だってお兄ちゃんには彼女がいるから
ダメなのかなって」
「遊び程度のチュウならすればいいって
もちろん父さんたちには内緒でな」
「ウフフッ じゃあ 岩崎くんとはもうしない」
「あっ 付き合うんだったらいいんだぞ
まぁ 早い気もするけど」
「岩崎くんは私だけにしてるわけじゃないし」
「そうなのか」
「うん 他の女子にはしないけど先生にしてる」
「ハハハッ すごいな」
「いつも怒られてるけど」
「そりゃ そうだろ」

俺の初恋は先生だった
岩崎くらい勇気があればキス出来たのか

チュッ!

妹は早速キスしてきた

「ウフフッ お兄ちゃんもして」
「あっ あぁ」

彼女とする前に練習出来るのはありがたい
くちびるはこんな感触なのか でも・・・

「明日香 まだ歯磨いてないな」
「あっ バレちゃった」
「寝る前に磨かないとダメだろ」
「じゃあ 行ってくる」
「もう寝る時間だからそのまま寝ろよ」
「え~」
「またいつでもチュウくらいしてやるから」
「わかった おやすみ お兄ちゃん!」

妹とのキスでもこんなに気持ちいいなら
彼女とのキスなら・・・あぁ 早くキスしたい


「いもうと接近中!」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は書き下ろしの新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「お兄ちゃん! お兄ちゃん!」
「まだ起きてたのか 早く寝ろって」
「だって気になっちゃって」

2階は俺と妹の部屋があるだけなので
夜に親たちが上がってくることはあまりない

部屋に鍵はついてないので
妹は勝手に入ってくる

「あとノックしろって言っただろ」
「いいじゃない 細かいことは」
「はぁ・・・」

男についてまだ理解してないようだ
小6なら性の知識がそこそこあるはずだけど

「チュウはもうしたの?」
「だから近いって」

体を密着させてくるだけじゃなく
顔も息がかかるくらい寄せてくる

「教えてくれれば離れてあげる」
「まだだよ まだ」
「え~ どうしてしないの 彼女なんでしょ」
「いろいろとタイミングがあるんだよ」

学校のみんなに内緒なのでチャンスがないのだ

「じゃあ 何したの」
「まぁ 手を繋いだりな」

妹は手を繋いできた

「何だよ」
「こんなの彼女とじゃなくてもするじゃない」
「そりゃ 兄妹だったら普通だろ」
「クラスの男子とも手を繋いだりするよ」
「そんなことしてるのか」
「ダンスの時にみんなと繋ぐでしょ」
「あっ あぁ ダンスな」
「もっとこんな風に抱き合ったりすればいいのに」

妹に恋愛の仕方を教えてもらうとは
情けない気もするが年は関係ない

はじめての恋愛には違いないのだ

「明日香は彼氏いないのか」
「う~ん チュウする男子はいるけど
彼氏なのかはわかんない」
「えっ!?クラスの男子なのか」
「うん 岩崎くん」
「どんな奴なんだ」
「う~ん エッチな男子だよ」
「ダメだろ そんな奴とチュウしたりするのは
明日香は好きなのか そいつが」
「うん 嫌いじゃないよ」

-以上-


スクランブルティーチャー 【Special Edition】の電子書籍の販売を開始しました

<収録作品>

1. スクランブルティーチャー ~先生教えて!~
2. スクランブルティーチャー ~2年目!~
3. スクランブルティーチャー ~先生大好き!~

Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

※本編は現在発売中の電子書籍と全く同じ内容ですので
お間違えのないようよろしくお願いします



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます


銭湯姉妹 【Special Edition】の電子書籍の販売を開始しました

<収録作品>

1. 小百合荘の銭湯姉妹
2. 銭湯姉妹-温泉へ行く-
3. 銭湯姉妹-定期でGO!-


Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

※作品本編は現在発売中の電子書籍と全く同じですので
お間違えのないようよろしくお願いします



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます


春夏秋冬 【Special Edition】の電子書籍の販売を開始しました

<収録作品>

1. 親戚女子と過ごす楽しい春休み
2. 日焼けした妹と遊ぶ夏休み
3. 食いしん坊な妹と過ごす食欲の秋
4. こたつ大好き妹とのんびり過ごす冬休み


Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

※作品本編は現在発売中の電子書籍と全く同じですので
お間違えのないようよろしくお願いします



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます


妹 第1集 【Special Edition】の電子書籍の販売を開始しました

<収録作品>

1. 妹の怪しい行動
2. 妹のおねしょ
3. 妹とフーセンガム
4. 妹は見た!


Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

※作品本編は現在発売中の電子書籍と全く同じですので
お間違えのないようよろしくお願いします



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます


「よし お湯たまったぞ
ちゃんとぬるめにしてあるからな」
「ありがとう おじさん ウフフッ」

笑顔を見ると心が痛くなる

今日はじめて着替えをする洗面スペースに
ビデオカメラをセットしたのだ
もう録画のボタンも押してある

どんな風に撮れるかの実験でもある
だいたいどっちを向いて脱ぐのかも
まだわからない状況だからだ

ビデオカメラを置ける場所も限られている
今日は二段の洗濯カゴの下から上に向けて
浴室の扉あたりを狙って仕掛けた

厳重に服やタオルで隠したので
気づかれることはないと思うが少し心配だ

もしこのことが兄に知られたら
一生小春と会えなくなるかもしれない
江上に比べてリスクが高すぎるミッションだが
結婚も出来てない自分のせいでもある

江上には大人になってからも
お世話になっているのだ


最初の見合いパーティには江上と参加した

江上のおかげでダブルデートが出来たが
交際まで持ち込めなかった

「まぁ これからはひとりで頑張れよ
パターンはわかっただろ
おとなしい女なら岸本でも狙えるって」

その後3回はひとりで参加したが
何の成果もあげられなかった

交際が出来た唯一の女性は美春さんが
紹介してくれた人だ

デートを何度もして体の関係までいったが
3か月後にフラれてしまった

「お酒が一緒に飲めないのが理由だって」
「あっ・・・そうなんだ」
「お酒が弱いことは知ってたのにね」
「いいよ 他にも理由があるんだろうし」
「ごめんね また別の女性を・・・」

最終宣告は面と向かってでもなく
電話でもなく美春さんから言い渡された

会話も苦手だしセックスで満足してもらおうと
いろいろと勉強していたところだったので
本当にガッカリした

ヤケ酒は出来ないのでヤケ風俗に行った
ただひとりで行く勇気はなかったので
江上についてきてもらった

「パイパン貧乳の女の子もいるから」
「気を使ってくれてありがたいけどな
2人分お金使うならもっといい店で
いい女を抱けただろ」
「怖い人がいるかもしれないだろ
2人なら逃げられるかなって」
「ハハハッ ないだろ そんなこと」

風俗には興味があった
マットプレイやローションやおもちゃプレイなど
AVでよく見てたからだ

その店はロリを売りにしていたが
私はその中でも胸の大きな子を指名した
そこまでこだわりはないが気持ちよさそうだし
元カノも胸が小さめだったからだ

設定は何でもよかったが叔父と姪にした
小春のことを思ってのことじゃない
兄妹や父娘じゃイマイチ興奮しそうにないし
先生や同級生もなりきれる自信がなかったからだ


「叔父さんのエッチ!」

なかなか演技のうまい子だった

プレイ自体はAVで見てた通りで
キスされて乳首を舐められてそしてフェラだ

「こんなにかたいんだね」
「あっ あぁ」

江上は兄にでもなりきってるはずだ

「叔父さん 顔にかけてもいいよ
それとも口の中に出したい?」
「じゃあ 口の中に出そうかな」
「ウフフッ」

まずは口の中に発射した

すぐに復活するか心配だったが
ローションまみれの女の子に
まとわりつかれてあっという間に復活した

「本当に素股でいいの?」
「あっ あぁ」

ゴムをつければ中に挿入も出来たが
2発目はパイズリで出そうと思っていた

「これ使ってもいいかな」
「叔父さん 何をするつもり?」

ローターとバイブで責めていった

「あぁん 叔父さん 気持ちいいよぉ」

本当に楽しい体験だった

最後は予定通り女の子にまたがり
パイズリで発射して終わった

「叔父さん 今日は本当に楽しかったよ
また来てくれるでしょ?」
「あっ あぁ」

ただ風俗に行ったのは今のところその日だけだ

ひとりで行く勇気もないし
江上を誘うと3万以上にもなる

そのお金でオナホールを買ったり
動画をダウンロードした方が長く楽しめるので
次回はまた失恋した時になる気がする


あの日の女の子と小春が全く似てなかったので
リンクすることはなかったが叔父と姪は
まさしく私と小春の関係だ

「おじさんのエッチ!」

そんなこと言われたら・・・

あぁ 今日はまだオナニーしてないので
頭が悶々としている状態だ
このあとオフロでささっと処理しよう



「俺が小春ちゃんの叔父さんだったら・・・」
「危険過ぎるだろ」

中学時代からの友達の江上勇二

独身の友達が江上だけになったので
前よりも会う機会が増えた

イケメンなので生まれつき女にモテる

ただ江上は根っからのロリコンで
独身の理由もまさにそれだ

年を取るごとにブラッシュアップされて
今では小○生高学年専門になった
前は高校入学まではありだったのに

どっちにしろリアルだと犯罪なので
日々妄想を重ねているだけだ

その江上の範囲に小春が踏み込んでしまった

「これ小春ちゃんの歯ブラシだろ」
「まさか・・・」
「ちゃんと洗って返しておくから」

江上は小春の歯ブラシを舐めながらオナニーした
それをやめさせられない弱みが私にはある

モテモテだった江上には学生の頃から
いろいろとお世話になっているのだ

同級生の女子のワレメの写真は
いいオカズになった 
AVでは得られない興奮で
今でもたまに見たりしている

私の好きな女子のまで撮ってきてくれた

「鈴木はガードが固かったから苦労したぜ」
「悪いな」
「タダじゃないからな 岸本の未来に
恩を売ってるんだ 結婚して娘を作ってくれ」
「まぁ 手を出さない公開しないという約束なら
動画くらい撮って渡すから」

結婚も出来てなくて娘もいないが
小春でその恩を返しているということだ

「そろそろ動画も頼むぞ」

叔父としては最低だがタイミングを
うかがっている状況なのだ

今日の泊まりで何とか出来ればいいけど・・・

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
電子書籍人気BEST10
1. ユニットバスの奇跡
2. 蚊に刺された妹
3. 日焼けした妹と遊ぶ夏休み
4. 妹は見た!  
5. 親戚女子 
6. 僕と妹 vol.1
7. こどもだけの時間
8. ケンとユキ姉
9. ミラクルチェンジ
10. 妹とワンルーム
最新記事
amazon







アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1916位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
63位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析
LINK







リンク
電子書籍紹介



アクセスランキング
Kindle電子書籍











i2iアクセスランキング
小説相互リンク

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR