FC2ブログ

妄想兄妹(5) 「私よりも大きいのに贅沢言わないでよ」

「持ってたでしょ」
「うん」
「どんなの どんなの」
「エッチな写真とあとはほとんどマンガ」
「見たいなぁ」
「お兄ちゃん帰ってくるまでなら大丈夫だよ」
「じゃあ 行っちゃおうかな」
「そういえばアンはうちに来たことないね」

外で遊ぶことが多かったので
私がアンの家に行くことはあったけど
何故か逆はなかった

「今日来る?」
「いいの?」
「そうだ 前に話したと思うけど
家政婦さんはいるけどね」
「何も言わないんでしょ」
「うん 今日は何も言ってないからあれだけど
先に言っておけばケーキも作ってくれるし」
「そうなんだ いいなぁ」
「エッチな本も見つけてもらったのよ」
「ハハハッ 仲良しさんだね」
「うん 平尾さんっていうの まもなく50才」
「ハハハッ そうなんだ」

アンにもエリさんを見せてあげよう


「あれだよ」
「ウソッ!」

アンは住んでいるところが駅の反対側なので
うちのマンションを見るのははじめてだ

「公園はアンの家の近くの方が大きいよね」
「最上階なの?」
「うん 22階だから眺めもいいよ
私はもう飽きちゃったけどね」

最上階は2部屋しかない
うちととなりのアメリカ人の大学教授のところだ
何度かパーティに誘われて行ったことがある
奥さんは日本人で子供はいないが犬を3匹飼っている

「お金持ちなんだね」
「私は普通だよ お年玉もアンに負けたし」
「そうだった 千円差だったけど」


「ただいま」
「おかえりなさい あっ お友達」
「うん」
「古田アンです」
「アンちゃんか 私は家政婦の平尾ね」
「はい よろしくお願いします」
「こちらこそ」

「ヒナちゃん 昨日言ってなかったのに」
「今日決めたから」
「そうなんだ」
「お兄ちゃんの部屋に行くからもし早く帰ってきたら
すぐに教えにきてね」
「またあの本見るつもりね」
「うん」
「しょうがないわね 何かおやつ用意しようか」
「うん お兄ちゃん帰ってきたら食べる」
「アンちゃん 時間は大丈夫なの?」
「5時半に家に着けばいいです」
「ここからどれくらいかかるの?」
「10分くらいかな」
「もっとかかるって 駅の向こうだもん」
「そっか じゃあ15分」
「もしかして渋川町なの?」
「はい」
「私もよ スーパー最上の近くにあるマンションなの」
「そうなんだぁ スーパー最上で
うちのママが何年か前に働いてました」
「絶対会ってるわね アンちゃんのママに」
「ハハハッ」

すぐにお兄ちゃんの部屋に入って
あの本を取り出した

ベッドの奥だけど取りやすい場所だ


「これだよ」
「ウフフッ」

2人でページをめくっていった

「あっ・・・」

アンも私と同じエリさんのところで手を止めた

「キレイだよね」
「うん」
「私 この人にエリさんって名前つけたの
多分お兄ちゃんが好きな人だろうなって」
「スタイルいいね 私もこんな風になりたい」
「アンはこんな感じじゃないの?」
「まだ背も低いし胸も・・・」
「私よりも大きいのに贅沢言わないでよ」
「ハハハッ ごめんごめん」
「チェック チェック」

私はアンの胸の大きさをチェックした

「あっ ヒナ ちょっとぉ」
「また大きくなったでしょ」
「うん まぁね」

昨年の夏にはよくハダカを見せ合っていたが
最近はあまり見る機会がなかった

「マンガは全部読んだの?」
「うん だいたい読んだけど」
「どれが一番面白かった?」
「面白いのはないけどこれかな 絵が見やすいから」

内容は二股してる男の話で
何故か最後は3人でエッチして終わる

「おちんちん舐めるのって変な感じだね」
「うん 汚いし」
「オフロの中だったらいいけどね」
「うんうん」

「私とヒナも大人になったら
男を取り合ってこんなことしたりして」
「しないよ 好きな人が違うもん」
「そうだね」

「私のお兄ちゃんと会ったことないよね」
「ないよ 写真は見たけど」
「本物はもっとカッコいいから」
「そうなんだ でも大人だよね 19でしょ」
「うん でもまだ学生だよ」

本を見始めて30分くらいで
お兄ちゃんは帰ってきた

「ヒナちゃん 早く出て」

すぐにリビングに逃げ込んだ
ちゃんとジュースとおやつが用意してある


「いらっしゃい」
「はじめまして」

平尾さんがアンのことを話してくれてたようだ
お兄ちゃんはそのまま部屋に入っていった

「どうだった?」
「本当にカッコいいね」
「でしょ 運動神経もよくてゲームもうまいんだから」
「自慢しちゃって まぁ うちのお兄ちゃんは
特に自慢することもないけど
あっ エッチな本を持ってる数は勝つかな」
「ハハハッ」



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
89位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析