FC2ブログ

妄想兄妹(4) 「美味しくなりそうだな ヒナサラダ」

「おかえりなさい セイヤくん
部屋の掃除しておいたからね」
「ありがとう 平尾さん」
「そうだ あの本しか持ってないの?」
「えっ あっ うん」
「ずっと一緒じゃないの」
「もう見てないし」

平尾さんにはエッチな本をすぐに見つけられたが
もちろん親には黙ってくれている

今はヒナにしか興味がないので
ずっとお世話になっていたあの本も全く見ていない

「本じゃなくてDVDとか見てるの?」
「ううん 友達の家で見たことはあるけど」

「今日はマカロニサラダだね」

ヒナがキッチンに来たので
平尾さんとの話は途中で終わった

部屋に入って妄想をはじめた


「ヒナのカラダにマヨネーズつけるぞ」
「えっ どうしてそんなことするの?」
「こうするためさ」

小さな胸にマヨネーズを塗りたくって
それを舐めた

「あんっ お兄ちゃん」
「こっちも塗っちゃおうか」
「ダメだよ」
「美味しくなりそうだな ヒナサラダ」
「あんっ あんっ くすぐったいよ」

どんどんベタベタになっていく

うっすら毛の生えたワレメを
ベチャベチャと舐めると
マヨネーズにいやらしい味が混ざって美味しい

「ヒナもマヨネーズ舐めるか」
「いいよ お兄ちゃん」
「そんなこと言わないで」

ちんちんに塗りたくり舐めさせた

「お兄ちゃん 美味しいよ」
「そっか じゃあ・・・」

口の中に思いっきりぶちまけた


ひとり部屋になってオナニーは本当に楽になった
ゴミも戸のそばに置いておけば捨てておいてくれる
もちろん平尾さんは理解してくれてるので
そこまで気を使うこともない

1日最低でも2回は出している
オフロ場で出すこともあるがだいたいは部屋だ



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1923位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
80位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析