FC2ブログ

スクランブルティーチャー2nd(2) 「その前に写真撮ってもいいかな」

「先生!」

実家に行くとユイが出迎えてくれた

「今日からまた教えに来るのね」
「うん 週1回の予定だけど」
「もっと来て欲しいなぁ」
「まぁ いいけど 姉ちゃんは?」
「仕事」
「そっか」

「今日は何が食べたい?」
「焼肉かな 美味しいキムチもセットで」
「いいわね 最近食べてなかったし
じゃあ 買い物に行ってくるわ」

母は僕のリクエストしたものを
来る度に準備してくれる

「学校には慣れたか」
「先生 これこれ」
「おっ」

入学式の写真が引き伸ばしてあった
本当に可愛い制服だ
その実際の制服はカベにかけてある

「いいでしょ」
「今日はもう着替えてるのか」
「そう だってシワになっちゃうし」
「ハハハッ」
「見たいなら着てあげるけど」

ちょうど家には僕とユイの2人きりだ

「じゃあ 見せて」
「わかった」

着替えてる間はうしろを向いた

「先生 見てみて」

ユイはくるっと回った

「いいでしょ」
「本当だな」
「先生のおかげで合格出来たんだよ」
「ユイが頑張ったからだって」

「じゃあ もう脱ぐね」
「その前に写真撮ってもいいかな」
「もちろん!」

スマホで写真を撮った
まぁ ミヤタさんの写真みたいに
隠し撮りじゃないので明るい場所で撮れる

「一緒に」
「あっ あぁ」

2ショット写真なんてトダがうらやましがりそうだ


「じゃあ 勉強はじめようか」
「うん」

受験のための勉強じゃないので少し気が楽だ
ただ実力テストでは順位が出るらしいので
成果は一応出る

「学校でどれくらいだろうな」
「う~ん まだわかんない」
「授業でわからないところはあるか」
「ううん まだはじまったばっかりだし」

とりあえず中学からは英語だ

「英語が出来ればこれからも楽だから
早めに進めていこう」
「うん」
「もし英語が好きなら英会話教室にも
通って本格的にやればいいし」
「先生は英語話せるの?」
「いやっ 話すのと勉強は別だから
書いてもらえばだいたいわかるけど」
「じゃあ 一緒に行こうよ」
「そうだな でもユイは英語好きになるかなぁ
姉ちゃんが一番苦手な科目だし」
「ママは勉強全部苦手だから お兄ちゃんもだけど」

お兄ちゃんというのは内装業をしてる父の弟子で
元の僕の部屋に居候してるタケダという男だ
そしてタケダは姉と深い関係になっている

「そうなのか」
「うん 中卒だってママが言ってたもん」

まぁ タケダと姉のことは別に興味はない
姉はミヤタさんの同居中に二股してたくらいに
男には見境いがないのだ 
離婚の原因もきっと姉に違いない







関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
40位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析