FC2ブログ

少女日記@品川綾乃(4) 「ママ 水着はどこ?」

「ママ 水着はどこ?」
「まだ取り込んでなかったかな
一緒に干してある下着も全部持ってきて」
「は~い」

私はまだスポブラをつけているが
ママのブラジャーはいろいろあって
うらやましい

「私もこういうの欲しいよ」
「もうちょっと大きくなったらね」
「大きくなってきたよ」
「ちょっと見せてみて」

ジュンもいるがおっぱいを見せた

「う~ん もう少しかな」
「ママはいつからつけてるの?」
「小6よ だってアヤノよりも
成長が早かったからね」

「ママ おっぱい」
「ジュン ちょっと・・・」

ジュンはママの服をめくった

「これも取って」
「おっぱいはもう出ないわよ」
「いいから おっぱい吸いたいよぉ」
「ジュン 私の吸ってもいいよ」
「アヤノ 何言ってるの もう
しょうがないわね はい」

ブラジャーを外すとジュンは
おっぱいにしゃぶりついた

「くすぐったいわ」
「私も舐めちゃおっかな」
「好きにして」

ジュンが右のおっぱい
私が左のおっぱいに吸いついた

「可愛いわ うちの子たちは よしよし」

久しぶりに頭も撫でてもらった

「また大きくなりそうだわ」

ママの言葉を私は聞き逃さなかった
きっとおっぱいを吸われると大きくなるのだ


夜 寝る前にジュンに頼んでみた

「ジュン 私のおっぱいも吸ってみて」
「ママのがいいよぉ」
「お姉ちゃんのこと大好きって言ったのに」
「あっ・・・ごめんなさい」
「じゃあ 吸ってくれる?」
「うん」

Tシャツをめくるとジュンは吸いついてきた

「わっ 本当にくすぐったい」

ジュンはチューチュー音を立てて
さらに激しく吸ってきた

「わっ わっ」

だんだん気持ちよくなってきた

「もっと吸って あっ あっ
大きくなりそうな気がする」

30分ほど右と左を交互に吸ってもらった

「ありがとう ジュン」
「お姉ちゃんのおっぱい美味しいね」
「何も出てないでしょ」
「ママのより小さいけど美味しい」
「本当?」
「うん」
「じゃあ 明日からも吸ってくれる?」
「うん いいよ」

ジュンはいつものように
股間に顔をうずめてきた

「よしよし」







関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1972位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
77位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析