FC2ブログ

孫娘アラカルト(2) 「代わりにお祖父ちゃんが教えてよ」

妻が亡くなった時ミノリは高校に入ったばかりだったが
落ち込んでる私に会いにきてくれた

「お祖父ちゃん ごはん食べた?」
「あっ もうこんな時間か」

にぎやかな妻がいなくなると
すべてどうでもよくなっていた

「またお祖母ちゃんのことで落ち込んでるの?」
「情けないよな」
「静かだね」
「あぁ」

「私も食べよっかな」
「帰ったらごはん用意してあるだろ」
「全然食べれるもん」
「また太るぞ」
「それは言わないでよ~」

ミノリは気持ちいいくらいに食べた

「ミノリのためにいろいろ買っておかないとな」
「そうだよ」
「明日はスーパーにでも行ってみる」
「大福も買ってきてね」
「すぐダメになるからなぁ」
「明日も学校の帰りに寄るよ」
「ちゃんとここに寄ることは言っておくんだよ」
「わかった~」

長男夫婦も私が落ち込んでるの知ってるので
ミノリには何も言わなかった

クラブ活動をしていたので
毎日というわけはないが週に1回はやってきた

「ミノリのおかげで元気になってきたよ」
「よかったぁ 私もここでいろいろ食べてるから
元気になったよ」
「ハハハッ」

高校に入ってさらに太ってきていた
ただ胸もおしりもそれに伴って大きくなっているので
洋画に出てくる脇役の女優の体型といったところだ

「好きな男は出来たか」

中学の時まではいなかった

「う~ん 好きな男はいるんだけど
現実の世界じゃないんだよね」
「どういうことだ」
「ジャ~ン! 私の好きな男だよ」

アニメのキャラクターだった
もちろん私は見たこともない

「テレビでやってるのか」
「うん 深夜だけど 私は録画して朝起きて観てる」
「カッコいいが日本にはなかなかいないかもな」
「そうなんだよねぇ」

時間はいくらでもあったので
次の回から私も観るようになった
まぁどこにでもいる女子高生の主人公が
とにかくハンサムな男にモテまくる話だ

「ミノリもあの子みたいに痩せないとな」
「そうなんだけど食べるのはやめられないの」
「まぁ まだいいけどな」
「それに三枝くんは中身が大事だって」

三枝くんがミノリの好きなキャラクターだ

アニメの話も通じるのがよかったのか
ミノリとは友達のようになった

そして妻がいた時のようにエッチな話も
普通にするようになった

「お祖母ちゃんいなくて寂しいでしょ」
「まぁな まだこの静かな家には慣れない」
「そうじゃなくてオフロもひとりでしょ」
「仕方ないさ」
「お祖父ちゃんもオナニーとかしたりするの?」

若くはないのでそこまで頻繁じゃないが
時々はしたりしていた

ネタは妻と撮ったAV風のビデオだ
実は100本近くある
40代になってからはじめたことを後悔している
新婚の時から撮っていれば若い妻を見れたのに

「お祖父ちゃんもってことはミノリも
オナニーしたりしてるのか」
「オナニーかどうかわかんないけど・・・」
「あいつがいればいろいろ教えてくれるのにな」
「代わりにお祖父ちゃんが教えてよ」

そこからミノリとの関係が加速した







関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍人気BEST10
1. ユニットバスの奇跡
2. 蚊に刺された妹
3. 日焼けした妹と遊ぶ夏休み
4. 妹は見た!  
5. 親戚女子 
6. 僕と妹 vol.1
7. こどもだけの時間
8. ケンとユキ姉
9. ミラクルチェンジ
10. 妹とワンルーム
最新記事
amazon







アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1473位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析
LINK







リンク
電子書籍紹介



アクセスランキング
Kindle電子書籍











i2iアクセスランキング
小説相互リンク

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR