FC2ブログ

大家族(1)

高校時代の友達の話ですがかなりお世話になったので
一度書いてみようと思います

その友達の家は9人家族でした
兄弟は男3人女4人です 友達は次男で名前はシンジ 当時高1です

長男はシンイチで19才 長女のキョウコは21才
この2人はすでに家を出ていました

次女のアスカは中3で三女のミキは小4
四女のミクは小3で三男のショウは中1です
7人が暮らしている家は2階建ての長屋でした
1階はキッチン、フロ、トイレと子供の部屋
2階は両親の部屋とベランダという2DKの間取りでした
上の2人が出て行くまでこの狭い家に9人で暮らしてたことになります
TVでよく最近は大家族とかの番組を見ますが
どこも同じようなものなんだなという感じがしました

父親はおとなしそうな真面目なサラリーマンで
母親は保険のセールスレディで女子プロレスラーのような
肉食系の女性です

友達の家に何度も行ったことがあるのでそのあたりは正確にわかります


シンジと友達になって間もない頃の話から

「なぁ岡井は兄弟とかいるのか」 岡井は僕の名前です
「ミチオでいいよ 岡井って こっちもシンジって呼んでいいだろ」
「もちろん じゃミチオんとこ」
「うちは妹ひとりいる今中1」
「中1か弟と一緒だ 学校は」
「そこ」 「あっ じゃ一緒だな」 高校の横に中学がありました

「シンジは弟がいるのかうらやましいな 一緒に遊べるだろ ゲームとか」
「あっ言ってなかったっけ うち兄弟多いんだ」
「えっマジ まさか5人兄弟とか」
「いや7人」 「えっ!」

そのあと兄弟のことをいろいろと聞きました

「わぁ びっくりだな 想像できないよ あっ家が大富豪とか」
「なんでだよ 公立高校だぜ ここ」 「そっか」
「正直貧乏だったんだけど 最近お兄ちゃんとかお姉ちゃん働いてるから
昔ほどじゃない でも家は狭い」

そして家の間取りとかいろいろ聞きました

「えっじゃ今5人一部屋に寝てるってこと」
「まぁ下は親のとこ行って寝ることもあるけど だいたい」
「すごいな 修学旅行じゃん」
「まぁな でも慣れてるから何とも思わないけど」
「今度家遊びに行ってもいいか 気になるし」
「じゃ今日学校帰りに寄ればいいよ 狭いだけじゃなくモノもあふれかえってるから
びっくりすると思うけど」

そしてシンジの家に

「ここ」
自転車とかで玄関がふさがれてました
「なんでも多いんだな」

玄関を入るとくつが何十足と積みあがってて
他のくつを踏まないと脱げないくらい混雑していました

そしてすぐキッチンでなんだかテーブルの下も冷蔵庫の上も
いろんなものが置いてあってさらに階段の途中も
ずべてモノであふれかえっていました

「どうだ 想像通りか」
「いや 想像以上・・・ 何もかもすごいな」
そして扉を開けるとそこの8畳くらいの部屋が子供部屋で寝室という場所でした

「なんだアスカ帰ってたのか」
中3の次女です 僕はその次女の格好にびっくりしました
制服ですがスカートをはいてない状態です

「あれっ 友達連れてきたの まさかここで遊ぶとか」
「いや うちに興味あるっていうから」
「ハッハッハ ウケル~」
次女は無邪気に笑っていました

今この部屋にいるのは次女だけです
部屋の中は布団は一応たたんであるものの
その布団を踏んでいかないとトイレの方にいけない状態でした

「なんだか楽しくなってきた 奥も行っていいか」
「あぁ もちろん そっちもすごいことになってるけど」
洗濯機が置いてある場所と洗面は庭というか外にあって
短い廊下に脱衣カゴがあって右がオフロ場で左がトイレでした
オフロ場も開いていたので覗いてみましたが浴槽も洗い場も狭かったです

そして1階の探索も終わり2階へといくつもりでしたが
「あっ2階はちょっと 母さんに言ってないし」
「そうなんだ」
「でも2階は1階ほど衝撃はない ベッドがあって服が山積みなだけだから」
「なんだか想像できる」

そんなことをキッチンあたりで話していると
三女と四女のミキとミクが帰ってきました

「ただいま~ あっジイニイ」 友達はジイニイと呼ばれてました
「誰、誰」 「友達のミチオ」
「ミチオだって フフフッ」 何が楽しいのか2人で笑いながら
部屋に入っていきました

そして家を出て近所の神社にいくことにしました

「にぎやかだろ あの3人揃うとそのうち口ケンカもはじまるんだ
まぁ弟のショウがいればなんとかおさまるけど」
「そうなんだ 弟すごいな」
「違う違う 3人だと収拾つかないだけだから」

そして公園についてからいろいろ気になることを聞きました

「なぁおまえの妹いつもあんな格好なのか」
「えっ いやだって家だし」
「おまえとか弟もいるんだろ」
「兄妹だぜ 何も気にしないだろ 普通」
「いや 俺も妹いるけど最近あんな姿見た事ない」
「ひとり部屋があるからだろ 自慢か」
「違う 違う だって ほら」
「もしかしてミチオ アスカのことHな目で見てたのか」
「いやっ だって 健全な男子として」
「じゃ自分の妹のこともそんな目で見てるのか」
「いやっ まぁ そうだおまえオナニーとかどうしてるんだよ」
「普通にしてる」 「どこで」 「フロかトイレで」
「何見てしてるんだよ」
「しつこい奴だな 親の部屋にある本とか見ることもあるけど
基本これかな」 サイフから写真を出した
「あっクラスの女子 名前がまだ・・・」
「岡本じゃん 苗字似てるくせに覚えてないとか」
「写真どうしたんだよ」
「このあいだ掃除の時他の奴も撮るからってさりげなく」

シンジは至って普通の男子でした
ただ妹たちとの話は僕を興奮させました

男湯に入ってきた女の子をどうするかR






ロリのサンプル動画が見放題!

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
89位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析