FC2ブログ

こどもだけの時間(2) 「やっぱりタクの反則だったか」

「そうしよ エリが測れば認めるでしょ」
「あっ あぁ」

負けたと思った

「じゃあ お兄ちゃんから」

妹がちんちんを触ると自然に反応した
見られることは日常茶飯事だったが
触られることはなかったからだ

それがラッキーだった

ビンビンにボッキしたわけじゃなく
半立ちの状態で測ってもらった

「えっと・・・どこからおちんちん?」
「生えてるところからだって」
「ここでいいの?」
「そう」

妹がちんちんをつまむ

「おちんちんだぁ」
「早く測って」
「うん えっと・・・7cm」
「ウソだ さっき6.5cmしかなかったのに」
「やっぱりタクの反則だったか」
「まだ僕は測ってもらってないよ」

次に妹は弟のちんちんをつまんだ

「本当同じくらいの大きさだね」
「エリ ちゃんと測ってよ」
「うん じゃあ 測るね えっと・・・7cm」
「なんだよ 同点だろ」
「おかしいなぁ」

「じゃあ 見て ほらっ」

もう一度見せた僕のちんちんを測った
まだ7cmのままだった
弟がボッキについて無知だったのでよかった

「大きくなるように引っぱってようっと」
「洗濯モノまだ終わってないよ」
「わかったよ」

3人でたたんだ
ただ黙ってたたむことはない

「こうしたら女だから」

弟はちんちんを股に挟んで座った

「じゃあ ブラジャーつけろよ」
「いいよ」
「ハハハッ」

「エリ おっぱい飲む?」
「もう赤ちゃんじゃないもん」
「お兄ちゃんは?」
「ふざけんなよ」

プロレスのはじまりだ
妹がたたんだ洗濯モノがメチャクチャになった







関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1375位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
40位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析