FC2ブログ

おもちゃと少女(3) 「サラ パパに優しくしなさい」

「今日は一緒にオフロに入るか」
「ママと入れば?」
「サラ パパに優しくしなさい」
「怒ることはないよ サラは反抗期なんだから」
「そんなことないよ 入ろう じゃあ」
「そうか うれしいよ」

うちは少し変わっている
コハルにもびっくりされてるが
性に関して開放的過ぎるのだ

パパはヒデオ 52才

自宅のとなりに事務所があるが
建築資材を取り扱う仕事をしている
倉庫は車で1時間ほどの場所にあって
小さい時はよくその中で遊んだ

ママはエリン 33才

パパとは20才近く年が離れている
私が生まれたので結婚したらしい

出来ちゃった結婚なのに
2人はとにかく仲がいい
年が離れているせいかケンカもしない
私の勝手な思い込みだがきっと2人は
私よりお互いのことが好きに違いない

「今年はじめてだな」
「そうだね」
「まずよく見せてくれ」
「うん」

ハダカになると顔からはじまって
胸からおしりからワレメまで
じっくりと見られる

「もうBカップくらいになったのか」
「Cカップだよ ブラは」
「そっか」

ちなみにママはEカップだ

「毛も生えてきてるな」
「前と変わらないよ」
「そうか」

「あっ パパ おちんちん・・・」
「ハハハッ サラのハダカで
こんな風になるのははじめてだな」
「そうだよ どうしたの?」
「今日はまだママとしてないから」
「じゃあ ママと入ればよかったのに」
「ママとはこれからも一緒だけど
サラと一緒にオフロに入るのは難しくなるだろ」
「友達は小4までって言ってたけど
コハルのところはパパはいないし
いろいろなんじゃないの?」
「サラはイヤじゃないのか」
「どうして?」
「いやっ・・・」
「だって時々パパのおちんちんも見てるし」
「そうか でも断ってもいいんだからな」
「うん」

「ママ ちょっと来て」
「どうしたの?」
「これ」
「ちょっとパパ!」

パパとママは洗面所でセックスをはじめた

「ママ 最高だよ」
「あんっ あんっ」

「はぁ・・・」

見慣れた光景にため息をついてしまった
コハルが一緒なら興奮するかもしれない
そんなことを考えながら湯船に浸かった







関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1375位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
40位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析