FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔道少女カリン(4) 「ハハハッ 仲間割れしてる」

「ねぇ 本田くん やめてもいいでしょ」

道場の帰り道でヤマトくんたちに出くわした

「まだブスカリンを倒す作戦は成功してないだろ」
「無理だよ」
「いやっ ダイサクなら勝てるはずだ」
「本田くんが倒せばいいのに」
「いつかそうなるだろうけど 今は・・・」

「ウフフッ」
「あっ!」
「井川くんやめちゃうの?」
「えっ!」

井川くんはミドリのことが好きなようだ

「ミドリムシとブスカリン!」
「もう!」
「その呼び方はひどいよ~」
「なんだよ ダイサク」

ヤマトくんは何もわかってない

「ハハハッ 仲間割れしてる」
「そうなのか ダイサク」
「違うよ」
「明日からダイコって呼ぶからな」
「だから違うって ミドリムシなんてさ」
「なんだ そっちかよ」

「井川くんミドリのこと好きなの?」
「ちょっとカリン!」
「えっ あっ・・・」
「そうなのか ダイサク」
「・・・」

「まぁブスカリンは好きにならないよな」
「じゃあ本田くんもミドリが好きなんだね」
「そんなこと言ってないだろ 勝手に決めるな」
「じゃあ 誰が好きなの?」
「うるさい!」
「井川くんは知ってるの?」
「ううん 知らないよ」

「行こうぜ ダイサク」
「あっ うん」

2人は走っていってしまった

「ミドリ モテるね」
「あぁあ」
「何よ その態度は」
「だって私が好きなのは本田くんだもん」
「イヤミだなぁ 私なんて誰にも・・・」
「キングに告白すればいいじゃん」
「そんなの無理だよ」
「おっぱい触らせてあげるって言えば
絶対OKしてくれるって」
「何言ってるのよ」
「触ってほしいくせに」
「別にそんな・・・」

なんだか想像してしまう
柔道場に2人きりでキングに揉まれてるところだ

「本田くんともっと喋りたいなぁ」
「ミドリも触ってもらいたいの?」
「もちろん!でもおっぱいないからなぁ」
「私が言ってあげようか」
「やめてよ」
「OKしてくれるかもよ」
「でもやめて」
「いいの? 本当に」
「自分で言うから そのうち
もうすぐ私もおっぱい大きくなってくると思うし」







関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
仮想通貨
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1914位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
79位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。