FC2ブログ

姫子-凶暴な妹と無抵抗な兄-(5) 「前田泣かせちゃった」

「姫子」
「何?パパ」
「今日哲也が・・・」

同級生に突き倒され頭を打って
病院で手当てをしてもらっていた

「どうしたの?」
「ほらっ」

父のうしろに隠れていたが妹の前に出た
すると包帯姿の僕を見て驚いた

「お兄ちゃん・・・」
「まだ病気も治ったところなのに
こんなことが続くと大変なことになるんだ」
「うん」
「だからな」
「うん」
「姫子が守ってくれないか」
「えっ!? 私が」
「あぁ 本当申し訳ないんだけど」

次の日空手道場に申し込んだ

「姫子ごめんな」
「いいよ 楽しそうだし」
「そっか」

確かに父に無理やり習わされたのだが
道着を着るとまんざらでもないようだった

「どう? 似合う」
「あぁ」
「ウフフッ」

男っぽくなっていくのに時間はかからなかった
小4になった頃には強くなっていて
道場に通う同学年の男子とケンカをしていた

「前田泣かせちゃった」
「えっ 何やってるんだよ」
「だって私のことバカにするから」
「何て言われたんだ」
「男女の姫なんているかよって」

父も忙しさで僕らにかまう時間が
ほとんどとれなくなっていた

「パパ 私ボクシングも習いたい」
「えっ?」
「もっと殴ったり蹴ったりしたいから」

駅前にあったキックボクシングのジムにも
小4から通いはじめた

その当時登下校は妹と一緒だったが
クラスは違ったので僕はいじめられていた

ある日下校中に公園でクラスの男子に
ボールをぶつけられた







関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1972位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
77位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析