FC2ブログ

彼女の妹(4) 「またウソついちゃって」

「カズマ・・・」
「ミワ キレイだよ」

学習してきた決めゼリフもなんとか言えた

「またウソついちゃって」
「ウソじゃないよ」

形はよくないが大きめの胸が
柔らかくて気持ちよかったので
ずっと揉んでいた

「好きなんだね やっぱり」
「ハハハッ」
「ずっと揉んでていいよ」

そのあとやっぱり慣れているのか
僕のモノを咥えてきた

「カズマのおちんちんは私のモノだよ」
「あっ もうやばいかも」
「出してもいいよ」
「でも・・・」
「1回では終わらないよね ウフフッ」

さらに胸で挟んできたので
もうガマンの限界に達してしまった

「あっ」
「どこにでもかけていいよ」

そう言ったのを聞いてすぐに
胸に大量に発射した

「ハハハッ 嬉しいなぁ」
「ごめん・・・」
「謝らなくてもいいよ カズマ」

ベタベタになっているちんちんを
彼女は舐めはじめた

「気持ちいいよ ミワ」
「私も舐めてもらいたい」
「もちろん」

すぐには復活しそうにないので
僕は彼女を脱がせてワレメを舐め続けた
大きな声が部屋に響き渡る

「あっ あんっ カズマ カズマ」

キレイとは言えないが
リアルでははじめて見るワレメだ

「キレイだよ」
「また~」

そしてエロ動画のように指を入れていくと
さらに悶えだした

「カズマもっと・・・」

ただ中々復活しない
その彼女の姿に全く興奮しなくなっていた

「そろそろ・・・」
「ごめん まだ・・・」
「じゃあ」

小さくなったちんちんを咥えはじめた

「ダメだぁ さっきたくさん出ちゃったしね」
「いつもは2回くらいはすぐに・・・」
「私に魅力ないからかなぁ」
「そんなことないって」
「でも嬉しい カズマとこんなこと・・・」
「俺も・・・」

そのあとキスをしばらく堪能してから
帰ることになった







関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

新作紹介
カテゴリ
FC2カウンター
Kindle電子書籍人気作品



i2iアクセスランキング







LINK







リンク
Kindle Unlimited Edition


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1794位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
57位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析