FC2ブログ

雑魚寝パズルチャンス(3) 「おじちゃん 早く!」

「もう食べないのか」
「うん もうおなかいっぱいだから」

ダイゴの面倒は姉よりも
ミサが見ることが多いのでまるで母親だ

さっき母と姉が話していたミサの胸に
ついつい目がいってしまった 確かに大きい
一緒にオフロに入ってた時も
乳房が膨らんできていたのを思い出した

そういえばちょっとエッチな状況にもなった

ミサと最後に2人でオフロに入った時だが
ここでオフロに入ることも年に数回だったので
その時も1年ぶりくらいだった


「おじちゃん一緒に入ろ」

両親と姉と義兄はそばにチサとダイゴを
寝かせながらお酒を飲みすすめていた
僕はお酒が苦手なので飲み出したら
だいたい部屋に避難する
そして薄い壁を通して聞こえる4人の会話を
聞きながらゲームをしたりしていた

「あぁ わかった」

僕とミサがオフロに入ることを
別に誰も気にかけない
ずっと仲がいいのを知ってるので
姉たちも任せてくれてるようなのだ

そして僕もミサを性的な対象として
見たことはその時点ではなかった

ただその日は違った

ミサのあとに浴室に入り
いつものように洗ってあげようと体を見ると
完全に胸の膨らみが違ってたのだ

おっぱいとは呼べないかもしれないが
乳房のあたりは僕が見てるAVのように
ピンクでぷっくりと膨らんでいる

「おじちゃん 早く!」
「あっ あぁ」

髪を洗ってる時もどうしても胸に
目がいってしまう
だんだん興奮してきたのかボッキしはじめた

一緒に入っていてボッキしたことはなかった

見られると何か言われそうなので
必死で別のことを考えた
ただそう思えば思うほど余計に頭の中は
エッチなことでいっぱいになってくる

”出しておこう”

いつもより髪を洗う時間が長いので
何か言われそうだったが
左手で髪を洗い右手でちんちんをこすった

そしてミサのおしりあたりに発射した








関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

新作紹介
カテゴリ
FC2カウンター
Kindle電子書籍人気作品



i2iアクセスランキング







LINK







リンク
Kindle Unlimited Edition


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1787位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
64位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析