FC2ブログ

兄妹ものがたり(1)

僕と妹の話を中心とした子供の頃のHな出来事です

最初に登場人物をまとめて書いておきます

僕(正一/正ちゃん/正兄) 妹(とも)
時子叔母ちゃん(母の姉 35歳くらい 独身)
健二(近所の子供 僕のひとつ下 父子家庭 8歳上の兄ひとり)
よしこと桃(隣の姉妹 4姉弟の上2人 よしこは妹のひとつ下 年子)

1.はじめてのHな気持ち (僕小5 妹小2)

僕は小5になってもHなことに興味はまるでなかったが
あることがあって急速に興味を持つことになった


夏休みのある日

健二が僕を呼びにきた
「叔母ちゃん 正兄おる」
「どうしたの健ちゃん そんなにあわてて」
「何どうした?」
「あんなちょっとすごいもの見つけてんやん」
「えっ」
「ちょっとこっち来て」
「あぁ」
「あっともは呼ばんといてな ちょっと訳があって」

2人は健二の案内する場所に向かった
工事現場の事務所のプレハブの裏だ

「これこれ」健二が自慢げに指をさした

そこにはHな本が10冊ほどまとめて紐で結んだものが
4つほど転がっていた

そこでみるのは気まずいと思い神社の裏山の秘密基地に運んだ

「正兄 これすごいやろ」
「う・うん」 僕ははじめて見るHな本に戸惑っていた
「このおっぱいでかいなぁ」

あの部分は黒くなっていたりぼかしてあったりで全く見えなかったが
いろんな女の人の裸がそこには載っていた
僕は夢中になってページをめくった

「なぁこの黒いとこどうなってるんかな」
「ほんまやな」
「正兄は見たことあるやろ 叔母ちゃんとかおかんとかの」
「昔は一緒にお風呂入ってたけど覚えてへんわ」
「叔母ちゃんもこんな体なんかなぁ」

その言葉を聞いて急に叔母ちゃんに対する見方が変わった
今まで全く気にも留めなかったことだった

「なぁなぁ今度正兄の家で叔母ちゃんの裸のぞくってどう」
「おぅ 俺も気になってきたし やろか」
「ほんまに!」

そんな話をしながら本をずっと見続けていた

「あ~ちんちんたってきた 正兄もたってきたんちゃう」
「ほんまや なんでそんなんわかんねん」
「うちの兄ちゃんに教えてもらってん でな・・・」

健二はズボンを下げて大きくなったちんちんを僕に見せた

「正兄も見せてや」

ちょっと恥ずかしかったがズボンをさげた

「うわ正兄のが大きいやん ちくしょー」

そのあと健二のあやふやなオナニー講座が始まった

「正兄オナニーって知ってる」
「知らん知らん 何やねん それ」
「女の裸見たら大きくなるんやけどもっと気持ちよくなる方法」
「えっマジで 教えてよ」

年下の健二が先生のように思えた

「ちんちんを持ってこうやってこするだけやけど
Hな本見ながらいろいろ想像したらもっと気持ちいいで」
「うわっやばいな これは」
「この裸が叔母ちゃんって思ったら・・・・」

そして健二はちんちんをこすりながら叔母ちゃんの名を呼び
発射しました 僕ははじめて見る光景にびっくりしました

「えっ何か出たけど 何? 何?」
「正兄もやってみたらいいやん」
「おぅ」

ただその日は大きくなるものの発射は出来ませんでした


家に帰ると早速叔母ちゃんの体が気になりました
気付かれないようにチラチラと胸のあたりを
するとともが
「正兄 何見てるん」
「えっ何が」
「さっきから叔母ちゃんのこと・・・・」
叔母ちゃんにばれたらマズイのでともの口をふさぎました

いろいろ考えて毎日お風呂に一緒に入ってる妹に
叔母ちゃんのおっぱいについて聞こうと思いました
ただ単に聞いても答えに困りそうなので次の日
秘密基地にともを連れて行くことにしました

次の日

健二がいないことを確かめてともを基地に入れました
であの本を取り出し妹に見せました

「みんなすっぽんっぽんやな」
「そやろ」「おっぱいがいっぱいあるー」

とりあえず2人でいろんなヌードを見ました

「あんなこれおかんには内緒で聞くねんけど
叔母ちゃんのおっぱいってどんな形してるん」
「えっ なんでそんなこと聞くん」
「まぁええやん この写真に中やったらどれが近い」
「うーん」ともはいろいろ見て一枚のヌード写真に決めました

僕はその写真を破りポケットに入れました
そしてともと別れ健二を呼びに行きました

「叔母ちゃんこんな体してるってよ」
「えぇ なんで 見たん」
「ちゃうちゃう ともに聞いてん」
「大丈夫 ちくられたら怒られるで」
「言うといたから大丈夫やろ そんなことより見にいこうや」
「今から」「おぅ ともに早めにお風呂入るように言うたから」

僕と健二はトイレとバスの間にある廊下の外で待機しました
ガラス戸のカーテンが入浴中は閉まってますが
妹に先に上がってに少し開けるよう言っておきました

「俺もう たってきたけど正兄は」
「俺 まだやわ」

すると妹がお風呂から上がって少しカーテンを開けました
妹も全裸だったのですがそのときは全く何も感じませんでした
健二も妹の裸には何の興味も示しませんでした

で叔母ちゃんが出てくると思ったら頭の上の風呂場の小窓が開きました
空気の入れ替えをしただけなのですが健二が驚いて音を立ててしまい
叔母ちゃんに見つかってしまいました

「正ちゃん何してたの 健ちゃんも」
「えっ えっと」
「お母さんん言うよ」

脅されて2人は半泣きになりながら謝りました
それでも理由を聞きたがる叔母ちゃんに負けて健二が白状しました

「2人とも悪いことしたってわかってる」
「うん」「もう二度としたらあかんよ」「うん」
「警察につかまるんよ こういうことしたら」「うん」

最悪の展開にうなだれる2人に妹がしゃべりだしました

「叔母ちゃん 健ちゃんなおっぱいみたことないねんて
だからな どうしても見たいって言って」
「そんなこと言うても」
「かわいそうやん 叔母ちゃんちょっとだけ見せてあげて」

ちょっと間があき

「わかった 健ちゃん今日だけよ 今度こういうことしたら先生に言うか
ら」
「うん」「じゃ こっち来て」
叔母ちゃんと健二はお風呂に入っていった

「僕も」「あかん」「えー」「私がおこられるわ」「言わへんから」「だー
め」

僕と妹はドアの前に座って健二の喜ぶ声を聞いていました

「叔母ちゃん おちんちんおおきくなってきた」
「もう健ちゃんったら」「おっぱいさわってもいい」「はいはい」

これが僕のはじめてのHな気持ちになったときの話です







関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1375位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
40位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析