FC2ブログ

ツインテールメモリー(1) 「ママ アユミちゃんと同じにして」

-みんな私のことを好きになる-

「寝転んでもらってもいい」
「ウフフッ もう?」
「そうだよ まだ早いだろ」
「ごめん じゃあ 頭でピース作って」

私の名前はスズキランコ 19才
マルチメディア系の専門学校に通いながら
撮影会のモデルをしている

「ランちゃん何かいいことでもあったの?」
「もちろん!みなさんに会えたからだよ」
「うまいなぁ」
「ウフフッ」

この撮影会を仕切ってるのは
実は彼氏のミシマくん
ゲームのオフ会で知り合って私から告白した

彼がちょうど撮影会のビジネスをはじめようと
準備していたところだったので
私も手伝ってあげることにした

ただ最初から私をメインにサイトも
作ってしまっていたので人気がNo.1になり
やめるタイミングを失ってしまった

私の毎日のブログ更新はミシマくんの担当だ
男たちの気を惹くような文章を
私の代わりに書いている

所属している女の子は現在8人
年齢は私と同じくらいの子から
35才くらいの人までいる
その人のプロフの年齢は24才だ
童顔で背も低いので全く違和感はない

ミシマくんとは同棲していて
都内のキレイなマンションで暮らしている
週3日撮影会を企画運営するだけで
2人合わせて年収1000万を越えているのだ
1年でこれだけ実績を残すことが出来たのは
私のツインテールのおかげだと言われた
ツインテール愛好家の間で話題になり
ネットでもかなり写真が流れたのだ

ツインテールといえば
ママのことを思い出す

あれは小4の頃だった

「ママ アユミちゃんと同じにして」
「えっ」

運動会でクラスメイトのアユミちゃんが
ツインテールをしていたのだ

「ねぇ」
「私も昔してたなぁ」
「ママもしてたの?」
「そうよ 一番似合ってたんだから」
「ウソ!」
「今は髪短くしてるけど昔は・・・
あっランコもそろそろ似合う長さね」
「だから早く!!!」

その日がはじまりで
ダメだと言われる場所以外では
ツインテールで過ごすようになった

ママの彼氏と会ったのもその時だ











関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
89位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析