FC2ブログ

ハレンチファミリー(6)

「ボインボイ~ン」

クラスの男子が服の中にボールを入れて
私の方に近づいてきた

「私ハシモトよ 見て このボイン」
「やめてよ 先生に言うわよ」
「今ボイ~ンって揺れたな」
「ハハハッ」

去年くらいからずっとこの調子だ
他の子はスカートめくりされてるのに
私だけは胸のことでからかわれる

「シミズ調子に乗りすぎ」
「そうね」
「あぁあ」
「カオリ反撃すればいいじゃん
きっと勝てるよ ひ弱そうだし」
「やめてよ 何言われるかわかんないよ
そんなことしたら」
「大きいのは事実だもんね」
「うらやましいなぁ」
「何言ってるの 大人になったら
大きい方がモテるのよ」
「早く大人になりたい」
「生理来てないって冗談でしょ」
「ううん」
「信じられないわ」
「そうよ 私なんて全く膨らんでないのに」
「膨らんでるじゃん」
「もう触るのはやめて」
「あっ 感じてるんだ」
「違うわよ」

母に相談してもダメなら保健の先生
とにかくこれ以上大きくならない方法を
早く知りたいのだ

「ちょっと先生」
「ハシモトさんじゃない」
「今いいですか」
「いいわよ」
「誰もいないですか」
「今は私だけよ」
「じゃあ」

「何また生理のこと?」
「ううん」
「それじゃ」
「また大きくなったみたいなんです」
「あぁ 胸かぁ」
「はい」

「この前も言ったけどうらやましいわ」
「でも・・・」
「先生なんてこんなだし」

保健の先生はBカップくらいの胸だ

「どこまで大きくなるのか・・・
そろそろ止まってくれないと」
「それはねぇ」
「無理ですか」
「ううん 言っちゃうとね
痩せれば小さくなる可能性はあるのよ」
「可能性?」
「ならないこともあるってこと」
「え~」
「触っていい?」
「はい」

制服の上からゆっくりと触りだした

「うわぁ 柔らかいわね」
「まぁ」
「ますますうらやましいわ
先生だったら悩まないわよ」
「男子にからかわれたりするし」
「それはハシモトさんの反応が面白いからよ」
「でも・・・」
「そうね 少し先生も調べておいてあげるわ」
「本当ですか」
「あんまり期待しないでね 今成長期だから
出来ること少ないと思うし」

いつか誰かが方法を教えてくれるかもと
前向きに考えることにした












関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1972位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
77位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析