FC2ブログ

遊びの延長(7)

「遅いよ~」
「ワカコのせいでしょ どうせ」
「ウフフッ」
「僕はサイダー味」
「私はレモン」

「ソウちゃん本当遅かったね」
「あぁ」
「何かあったの?」
「えっ 何もないって」

「ちょっとユウトどこ行くの」
「おしっこ」

「ワカコ何かいいことでもあったの
ずっとニコニコしてるけど」
「ウフフッ」

ワカコは僕の方を見て微笑んでいた
ただ僕はそんなワカコよりとなりにいる
ナツミのことが気にかかった

「これから何する また宝探し」
「えっ」
「ソウタなんだか変だね」
「僕もそう思う」
「変じゃないって これからだろ
えっと じゃハサミンやろ」
「ボール持ってきてたっけ」
「あっ秘密基地にも置いてあるよ
私が取ってくる」

エミがボールを取りにいった
そのあと入れ替わるようにユウトが
紙切れを持って戻ってきた

「お兄ちゃん お兄ちゃん」
「なんだ」
「これトイレに落ちてた」

その紙切れというのは
エッチな雑誌の1ページだった
モザイクは入っているが四つんばいの女性に
男がバックから挿入してるカットだ

「何持ってきてるんだよ」
「だって 面白いでしょ この格好」

ユウトはまだ知識がなかったが
小6の僕ら4人はなんとなくそれが
どういう状況がわかっていた












関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2048位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
87位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析