FC2ブログ

遊びの延長(2)

「あぁ カッコいい~」
「早く2問目を解けよ」
「コンサートまで1ヶ月切っちゃった
あぁ何着ていこうかなぁ」
「うしろの方だろ どうせ見られないじゃん」
「そういうことじゃないの
ソウタは本当女心がわかってないわね」
「女心って・・・子供のくせに」
「なんでもいいわ ヒカルに早く会いたい!」

ナツミは8月のヒカルのコンサートの
チケットをゲットしていた

「ワカコは行かないんだろ」
「う、うん」
「誘ったんだけど興味ないんだって
まぁママもヒカルのこと好きだからいいけど」

「ソウちゃん 今日何する?」
「そうだなぁ」

みんな一緒には遊ぶがだいたい僕が何をするか
決めることが多かった

「コーラぬるくなっちゃったよ お姉ちゃん」
「氷入れればいいでしょ」
「ママ~ 氷」
「さっき出て行ったじゃない」
「あっ そうだった じゃこれ飲んじゃう」
「ちょっと! もう」

ユウトとエミの姉弟ケンカも定番だ

「お兄ちゃん これわかんない」
「あっ これはな・・・」

ツトムは優しいお兄ちゃんだ

「ソウタくん日焼けしたね」
「ワカコは一緒に遊んでるのに焼けないな」
「でも ちょっとは日焼けしたよ ほらっ」

ワカコがタンクトップを少しずらすと
ツトムがのぞきこんだ

「本当だね」
「ツトム何見てるんだよ」
「何って」
「ハハハッ」

実は昨日僕とツトムでワカコについて
少し話をしたのだ

「ねぇ ソウちゃん」
「何」
「ワカちゃんのことだけど」
「ワカコ?」
「おっぱい大きくなってきたね」
「えっ まぁ そうかな」
「興味ないの」
「そんなことないけど」

エッチなことに関しては
ツトムの方が先をいっていた

「先っぽがくっきり見えるしエロいね」
「先っぽって」
「乳首」
「あぁ それならナツミもエミも」
「ワカちゃんだけ形が違うって
大人みたいにもう大きいっていうか」
「ツトムは乳首が大きいから
ワカコが好きなのか」
「そんなことないよ でも・・・」
「そうなんだ 言ってやろうっと」
「ちょっとやめてよ」
「いいじゃん 面白そう」
「本当にやめてよ」

宿題の時間が終わるといつものように
神社の中にある公園に向かった











関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1972位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
77位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析