FC2ブログ

妹は見た!(3)

「うち弟だからまだしてないだろうなぁ」
「私もお兄ちゃんがいればなぁ」
「本当なの」
「さっきまで信じてたのに」
「だってお兄ちゃんがそんな・・・」
「Hな本とか絶対持ってるって
部屋ってひとり部屋だったよね」
「うん」
「家族に見つからないように隠してるみたいよ
ベッドの下とか引き出しの奥とかに」

「パソコンは?」
「それはパパの部屋にあるから」
「じゃ本だね」
「妄想だったら何もないじゃん」
「まぁね」
「部屋でしてるんだったら見れるかも」
「それは無理でしょ」
「いきなり開けたらいいじゃん ノックしてるの」
「ううん でも部屋にはあまり行かないかな 最近」
「仲悪いの」
「ううん 良くも悪くもないよ」
「ミカのお兄ちゃんの話期待してるから」
「う、うん でもしてないかもしれないよ」
「してるって 絶対」
「してるしてる」
「ヤヨイまで」
「だって楽しみだもん」

「さっきのオナニーのことだけど」
「あっそうだ 今からするの?」
「やっぱり今度にしよっか」
「どうして」
「いろいろ妄想した後の方が盛り上がるかなって」
「私マリが見たオナニーの映像見たいな」
「おばさん急に来るからタイミング合えばいいけど
 とにかくおちんちんの大きさにびっくりするよ」
「どれくらい」
「これくらいかな」
「うそ!うちの弟と大違いだわ ミカのお兄ちゃんは?」
「最近見てないからわかんないよ」
「普通大きくなったおちんちん見ることないんじゃない」
「そういえばそうだね」
「そんなのがここに入るって思うとこわくなる」
「セックスって本当に気持ちいいのかな」

そんな話でその日は解散した

家に帰って兄の姿を見るとオナニーのことばかり頭に浮かぶ

「ミカ 今日はカレーだぞ それにカツまである」
「あっ うん」
「どうしたんだ うれしくないのか」
「うれしいよ」

カレーくらいで浮かれてる兄に少し違和感を感じた











関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1923位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
80位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析