FC2ブログ

小さな手(1)

僕と姪のチカとのことについて書きたいと思います

僕の家族は母と姉の3人家族
母の仕事はホステスでシングルマザーです
僕と姉の父親は違う人ですが
姉の父に関しては誰だかもわかってない状態です
僕の方の父に関しても母は時々会っているらしいですが
家庭のある人ということで僕は今だに会ったことはありません

姉と僕は8つも年が離れていて
母の職業柄 僕を育ててくれたのは姉かもしれません

家は団地で1DKです
部屋はひとつなので3人一緒に寝ていました
ただ母は夜いないので姉と2人のことが多かったです

姉は高校を卒業してまもなく結婚して家を出ました
夫は15才年上のサラリーマンで
2人は社宅に住むようになりそしてすぐ僕の姪であるチカが誕生しました

僕は母と2人で団地に今もですが住んでいます

姉は家が電車でも車でも2時間くらいはかかるところに
住んでいたのでうちに来るのは年に数回でした

そんな時々来ていた時に転機となるチカとの出来事がありました

いつものように姉は母の休みの時にやってきて
夫へのグチとか話していました
その時僕は高1でチカは5才でした

チカは家から持ってきたアンパンマンのDVDを観たり
ぬり絵をしたりしておとなしく遊んでいて
僕はそのチカのそばでうまいねとか言いながら相手をしていました

母と姉は夕方からお酒です
声もだんだん大きくなってて近所に迷惑な気もしました

「まーちゃん出張ばっかりでそれなのに給与の上がんないのよ」
「そうなの でも社宅だし心配ないじゃない」
「今後海外にも販路を広げるって言ってて」
「まさか正樹さん」
「うん 行きたいんだって 出世のこともあるけど」
「寂しいわねユカ でも」
「そうよ チカと2人っきりって・・・ ここも遠いし」
「社宅で友達作ったら」
「出世競争があるからピリピリしてるの あいそ笑いばっかで
昨日友達に社宅の近くに引越してって言ったくらいよ」
「みんなまだ独身だもんね」
「モテナイから暇してたよ」
「ユカ もう・・ 紹介してあげなさいよ」
「ママの方が出会い多いんだから誰か」

そうこう2人は飲み続けて7時を過ぎた頃に

「ねぇ 今日泊まるから」
「こんな狭いとこに」
「酔っ払ってどうやって帰るのよ マコト!」
「あーあ」
「マコト 生意気になったわね 反抗期なの」
「ないわよ この子は あんたでしょ」
「つまんないの あっチカお風呂入って昨日入れなかったでしょ」
「うん」
「ママ無理だからマコトに入れてもらって」
「僕が?」
「何 文句あるの 私がどれだけ面倒みてやったと」
「でも」
「ひとりで入るとまだ危ないから転ばないように見てて
あと背中とか髪をザザッと洗ってあげて」
「転ばないもん」
「転びそうになったじゃん この間」
「もう!」

そんなことでチカとはじめて一緒におふろに入ることになりました

「そのカバンに全部入ってるから」
「マコトがチカの面倒を・・・」
「ママ何感動してるの ちゃんとやれるかわかんないのに」

そしてお風呂に入ろうとする頃には
母と姉は違う話で盛り上がっていました

「じゃ入ろうか」
「うん」
チカもはじめてなので少し緊張してるようです

「パパと入ったりするの」
「ううん」

チカはすぐに全部脱いで中に入りました
僕も続いて入りましたがひとりで入ることに慣れてるので
なんだか変な気分でした

「先温まろうか」

チカと僕は狭い浴槽に入りました

「あつくない」
「うん」
「いつもお風呂で何してるの」
「おもちゃがあるからママと撃ちあったり」
「水鉄砲あるんだ」
「あっ」

チカは裸で出て行きました

「ママ鉄砲忘れた」
「こらっ濡れるでしょ ほらっ」
「後先考えないの ユカと一緒ね」

そして水鉄砲を持って戻ってきました

「持ってきたの」
「うん」

ちゃんと2丁あります

「マコちゃんはこっち」
「チカの方が強そうだな」

チカは嬉しそうに笑ってます
そして水を入れ戦いが始まりました

お互い顔を目がけて撃ちあいになり
僕もヒートアップして立ち上がりました
するとチカは僕もちんちんを目がけて撃ってくるのです

「こらっ」
「おもしろい ハッハッハ」

僕は人よりちんちんは小さくて
いつもは親指を太くした程度の大きさでした
それが水を当てられてその刺激で半立ち状態になりました

「あっ マコちゃん おちんちん動いてる」
「ダメダメ 大事なところなんだから」

とりあえずこれ以上大きくなったらシャレにならないので
やめさせることにして

「じゃ洗おうか」
「マコちゃん もっとやりたい」
「ダメダメ」

そしてチカを洗っていきました
もちろんこの時点でチカを女性として意識はしていません
自分のちんちんが大きくなったことを言われたら困るなと
そればっかり考えていました

そしてチカを洗い終わって浴槽に入れて
自分の体を洗いはじめました
するとまたチカが撃ってきました

「こらっ」
「だって面白いもん」

髪を洗っていた手の泡を落として
チカの鉄砲を取り上げようと浴槽に寄ったその時に
僕のちんちんをチカが触りました

「何やって・・」

ただその手の感触の気持ちいいことこの上なく
一瞬怒るのをやめて触らせてました
もちろん大きくなっていきます

「また動いた 大きくなってきた」
「ダメだって」

理性を取り戻しチカの手を払いました
ただオナニーをすでにしていた時期なので
出したくてたまりません
すぐにチカを先に着替えるように言って浴室から出し
すごい速さでちんちんをこすり射精しました
タイルのカベやシャンプーの容器にまでかかるくらい
大量に出しました

そして怪しまれないようにお風呂を上がると

「マコト ちんちん動いたってどういうこと」

母と姉が僕をからかいはじめました

「水鉄砲でそこばっかり」
「感じたんだ」
「もうユカ 何言ってるの」
「マコトも男になったんだね~」

チカは僕のちんちんを絵に描いてます

「何これ 最近見てなかったけどまだこんなに小さいの」
「ひどいよ 姉ちゃん」
「そうよ ユカいい加減にしなさい」
母も酔ってるので笑いながらフォローしていました

「本当にこんな形か今見せろー ねっチカ 見たいでしょ」
「うん」
「ほらっ姪が言ってること聞けないのか」
「ユカふざけすぎよ」
「そうだよ 教育上よくないでしょ」
「教育上だって ハハハ」

みんなの前で脱ぐことはなかったですが
恥ずかしくも気持ちいいチカとの出来事でした


それ以降何もなかったチカと再びHなことになったのは
チカが小5になった時でうちの近くに姉が引っ越してきてからでした




関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

新作紹介
カテゴリ
FC2カウンター
Kindle電子書籍人気作品



i2iアクセスランキング







LINK







リンク
Kindle Unlimited Edition


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1794位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
57位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析