FC2ブログ

蚊に刺された妹(6)

おちんちんをさわられた日からますます妹は大胆になってきていました
Hなロリータマンガに書かれてあって通り
小学生高学年では男子より女子の方がHなのは本当だなと思いました

その後も2人きりにはなれない日は続いていました
父親がいるときはさすがに何もしませんでしたが父親が帰ってくる前
お祖母ちゃんがいるときにスキをみていろいろとするようになりました

お祖母ちゃんがトイレに行くとすぐに寄ってきます
「ねぇ お兄ちゃん またおしりの穴とかさわってもらいたい」
「すぐ出てくるだろ」
すると妹は僕の腕をとりました

「さわるのだってすぐ出来るでしょ」
僕は妹のスカートに手を入れパンツの上から割れ目を少しさわりました

するとすぐトイレからお祖母ちゃんが出てきました
「もう・・・」 妹はイライラしてるみたいでした

いつも買い物は昼間に行ってるのでチャンスはないのですが
その日はしょうゆを切らしたとかで買い物に出かけました
10分ほどで帰って来れる距離ですが久々に2人きりになり
僕は妹の言葉を聞くまでもなく妹のパンツを脱がしました

「お兄ちゃん まだオフロはいってないから これ」
ウェットティッシュでまずキレイにふき取りました
「冷たい~」

1ヵ月ぶりくらいに妹の割れ目を見ました
「おしりの穴でいいか」 「うん」
指を入れながら上の部分も左手で開いたりして楽しみました
「あんまり入らないな 今日は 痛かったら言えよ」
「痛いけど気持ちいい お兄ちゃんに触られて」
僕もあそこも大きくなってズボンがきつくなってきていました
なのでジッパーを下げあそこを出しました

「あっおちんちん!」
妹が触るともう限界くらいまでになりすぐにトイレに駆け込みました
そしてトイレの中で大量に発射しました
続きをしたかったのですが少し経って部屋に戻るとお祖母ちゃんは
帰ってきていました 妹も何もなかったかのようにソファにすわってます

「すぐ作るからね」 「うん」

「お兄ちゃん 遅い すぐトイレいっちゃうんだから」
「どうせ時間切れだろ」 
「今大丈夫じゃない 触って」
台所に顔を向けながら妹のパンツの中に手を入れました

「お兄ちゃん もっとぐりぐりして」
妹は自分が気持ちよくなるように僕に注文まで出すようになっていました

でもほんの一瞬で終わりまた何もなかったかのように振る舞ってと
このスリルが僕と妹をさらにヒートアップさせていきました

トイレに行っているときに洗面に行ったりしてわざとすれちがい
その時に触りあったりもしました

ただそれ以上にもっとじっくりさわったりさわられたり
あと妹の全裸がとにかく見たくなってきていたので
友達の提案通りあの場所に妹を誘うことにしました













ロリのサンプル動画が見放題!


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
44位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析