FC2ブログ

二段ベッド(4)

「Hなこと じゃ何でも知ってるのか」
「お兄ちゃんより詳しいかも Hな本とかも美加と一緒に読んでるし」
「じゃ兄妹でHなことしちゃダメってことも知ってるのか」
「うん でもまだ大丈夫だけど・・・」

「えっ」 「私生理はじまってないから・・・」 「そうなのか」
「しらじらしい 知ってたでしょ」
「知らないよ」
「そうなんだ 私に関心ないと思ってたけどガッカリ」
「男子はそういうことは疎いんだよ」

そのときフイに妹の顔がはっきりと見えてきました
電気を消した状態で布団の中なので真っ暗だったんですが
目が慣れてきたようです

「舐めていいか」
そういって妹のくちびるを僕は舐めました 
キスではなくベロベロと

「お兄ちゃん」 妹は抵抗しません

「べろ出して」 「うん」 そして僕らは舐めあいました

眠くなってきたのもあってその日はそこで終わりましたが
もちろん僕と妹のHな日々は続きます

次の日 目覚めると妹は自分のベッドの戻っていて
まだすやすやと寝ていました
僕はベッドを降りて妹の寝姿を見つめイタズラを思いつきました

もし途中で起きてもかまわないので結構大胆に布団をめくり
妹のパジャマのズボンとパンツを一気に脱がしました
そしてすぐ布団をかぶせて起きるのを待ちました
夜中遅くまで起きたのでまだ熟睡していて全く気付いてないようです

30分くらいしてもまだ起きないので起すことにしました
僕が起こすより面白そうなのでトイレに行ったついでに
母さんに起すように言いました
ちょうど昼ごはんが出来たみたいでそのうち部屋にきました

「紗江起きなさい ごはんあったかいうちに食べて」
僕は机の方でマンガを読むフリをして見ていました
もし母さんが布団をめくったらそれはそれで面白そうだなと思いました

ただ妹はそのあとすぐに目を覚ましました
そして母さんに「おはよう」と言ったあとに脱がされてることに
気付いたようで僕の方を見ていました

「どうしたの?」
「何でもないよ・・・ すぐ行くから」
「用意しておくからね」

妹は母さんが行ってすぐに布団の中を確認して
「もう お兄ちゃん!!」 と

なんだか楽しくなりそうだなと思いました

駄菓子屋さん繁盛記








ロリのサンプル動画が見放題!

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
48位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析