FC2ブログ

【DMM同人】 「シェアハウスの天使たち」 デジタル版販売開始!

『シェアハウスの天使たち』

https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_118944/

テキストのみ/横書き/ロリ小説

<収録作品>

1. シェアハウスの天使たち
2. ローズハウスの子猫たち


<本文抜粋>

「お兄ちゃん ママたちとどんな話したの?」
「えっ う~ん 大人の話かな」
「あれとか」

ルールが書かれた紙を指さした

「そうそう」
「ママ 全然守ってないけどね」
「そうなの?」
「うん 彼氏連れてきたりするし」
「それは聞いたよ」
「お兄ちゃんは彼女いるの?」
「今はいないよ」

今も昔もいないけど見栄をはった

「ふ~ん どんな女の子が好きなの
例えば私とマコマコ どっちが好き?」

そんなの正直に答えたらこれから大変だ

「どっちも好きだよ」
「ウフフッ うれしい」
「あぁあ 私って言うと思ったのになぁ」

ハズキちゃんの方が顔だけなら可愛い
ただどっちも天真爛漫でどストライクだ

「マコマコ くちびるにクリームついてるよ」
「えっ どこどこ」
「右だよ」
「こっちかな」
「反対だよ ハハハッ」

「全部取れた?」
「スキあり!」

ハズキちゃんがマコちゃんの顔にクリームをつけた

「わっ もう 反撃!」
「キャッ!やめてよ ハハハッ」
「お兄ちゃん 味方になって」
「えっ あっ わかった」

マコちゃんの味方になってハズキちゃんの
カラダを羽交い絞めにした

「ずるいよ」
「ウフフッ ハズキちゃん 覚悟!」

こんなに簡単にカラダに触れるなんて
初日からいい感じだ

「あぁ~ん マコマコやめてよ もう」
「ダメダメッ いつもやられっぱなしだから
今日はたっぷりと・・・」
「ハハハッ」

もう顔中が生クリームでベタベタだ


「じゃあ 今度はお兄ちゃんだね」
「えっ!?」

2人にソファの上で 押し倒された
もちろん抵抗する気はない

「やめて やめて ハハハッ」
「ダメだよ ウフフッ 楽しいなぁ」

顔中クリームだらけにされた

「ハハハッ みんな真っ白~」
「そうだ お兄ちゃん 舐めてあげるね
マコマコも一緒に」
「うん」

2人の柔らかいくちびるの感触を顔中に感じる
すぐに反応してビンビンになってきた
マコちゃんはわざとかどうかわからないが
胸も押しつけてくる

「楽しいね マコマコ チュッ」
「ハズキちゃんにチュウされちゃった」
「お兄ちゃんにもしちゃおうよ」
「うん」
「わっ わっ くすぐったいな」
「マコマコ 鼻にまだついてるから
お兄ちゃんに舐めてもらえば」
「うん 舐めて~」
「あっ あぁ」

そして生クリームの舐め合いはひと段落した


「あぁ お兄ちゃんが来てくれてうれしいな
すぐに出て行かないでね」
「ハハハッ 出て行かないよ」

こんな天国から出て行くわけがない


「ハズキちゃん シャワー浴びようよ」
「そうだね ベタベタだし
お兄ちゃんも一緒に入る? ウフフッ」

バレたら殺されるので今日はやめておこう

「いやっ 2人が出てから入るよ」
「どうして? 私たちがオフロ使って
お兄ちゃんがシャワー使えばいいのに」
「そうだよね」
「いやっ とりあえず2人で先に入って」

わざとなのか挑発されてる気がする

「ママがいいって言ったら一緒に入ってくれる?」
「そんなの聞いちゃダメだって」
「どうして?」

困ったな

「お兄ちゃんを困らせないで ハズキちゃん」
「マコマコも入りたいくせに」
「そりゃ・・・でも遊んでくれるからいいじゃない」
「そうだね」

-以上-

sharepa.jpg

☆上記画像をクリックすると販売サイトにジャンプします


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
仮想通貨
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2611位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
115位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析