FC2ブログ

ユニットバスの奇跡(38)

「友達ひとり来るから」
「お兄ちゃんだけじゃダメ」
「ちょっとだけ 園ちゃんが可愛いから見たいって」
「でも・・・」

本当に困ってるようなので
「じゃ園ちゃんの顔見せないっていうのどう」
「うん」
それでなんとか納得してくれたようでした

「もうすぐ来るからうつぶせでベッドに寝てて」
「うん」

格好は制服でスカートです 
服装は自由でしたが園ちゃんも妹たちも制服派でした
足の方から見ると白いパンツがチラチラ見えています

「園ちゃんパンツはいつ白なの」
「うん でも絵が描いてあるのも持ってる」
「学校にははいていかないの」
「体育で着替える時見られるし」
「みさはありさのお古も着るからヒラヒラついてるのも持ってたな」
「知ってる それ見たことある っていうか見せてくれた」
「そうなんだ」
みさはまだ相変わらず見せたがりでした

「スカートめくりとかされたりする」
「ううん 他のクラスではあるみたいだけど」
「されたいの」
「えっ う~ん」
「されたいんだ」
僕はスカートをさっとめくりました

「あっ」
「可愛いおしり」
園ちゃんはすぐに戻しました
恥じらいがないと興奮しないとわかってるかのようで
ますますいい感じでした

そこで前田先輩が入ってきました
すでに小〇生がベッドに寝転んでる状態で
一瞬動きが止まりました

「先輩 ちょっと顔はみられたくないって」
「お おぅ わかった」

もう園ちゃんの姿に釘付けです

「じゃあ もう一回」
そういってスカートをまためくりました

「そのままね」
「おっ」
前田先輩は声にならない喜びを感じているようでした
そして小声で「出していいか」と聞いてきました
「もちろん でも部屋汚さないでくださいよ」

先輩はズボンとパンツを下ろし下半身ハダカになりました

「おまえもなれよ」
「そうですね」
僕も脱ぎました すでに2人ともマックスの状態です

「園ちゃん 2人ともちんちん出してるけど見ないの」
「・・・うん」
「じゃあ」
そういって僕は園ちゃんもパンツに手をかけました

「ちょっと待って」 先輩が止めました
「俺にやらせてくれ」
「わかりました」
少し脱がしたところで先輩は手を止めて
ちんちんをこすり出しました ティッシュも準備済みです

「まだ出したくないけど我慢できない」
「今日は気持ちよくさせるって約束だから」

パンツを下げ足を取り 「もっと開いて」
そういって園ちゃんを恥ずかしい格好にしました
割れ目が見えたところで先輩は発射してしまいました

僕はまだ大丈夫だったのでさらにおっぱいに
無理やり手を突っ込み揉みまくりました 
園ちゃんの背中に乗らないように気をつけながら
揉み続けましたが そこでついにイッテしまいました

「園ちゃん 気持ちよかった」
「ううん くすぐったかった」
出したばかりなのに先輩は再び園ちゃんの近くにいき
「おしり舐めてもいいかい」 と言いました

まさに先輩の念願です

「・・うん」
返事が聞こえる前にすでに舐めていました

「おいしい おいしい」
よだれも混じって余計Hな状況になってきました
割れ目の部分というよりおしりとおしりの穴を舐めています

「わぁ もう くすぐったい」
「気持ちよくない」
「ううん 気持ちいいかも」
もう先輩は無心です 二度とないかもしれない行為なので
出来るだけ味わおうとしているようでした

「なぁ おしりに出してもいいかな」
「それは・・ ベッドが」
「全部俺のと変えてやるから なっ」
そういうとおしりの穴目がけて今度は発射しました

「あー やっちゃった」
「すまない・・ ごめんね」
「先輩あと片付けたりするからこれで終わりでいいですか」
「あぁ もちろん」

そして先輩はズボンをはき
「また会ってくれるとうれしいな 聞いておいてくれよ」
そういって部屋を出て行きました

「園ちゃんもう出ていったから」
「うん」
「疲れた それよりおしりちゃんと拭かないと こっち来て」
ユニットバスの方に園ちゃんを誘導しました

「シャワーで流そうね」
制服は脱いでもらってブラ1枚の姿です

「これも・・」
「そのまま」
逆にHだと思いました
そしておしりについた先輩のモノを流しました
そのうちにまた僕も復活してきたので

「今日も舐めてもらっていい」
そういってフェラをしてもらいました
ブラの上から手を突っ込みおっぱいを揉みながらです
そして口の中に出しました

「ビデオでも口の中に出してたでしょ みんなそうするんだよ」
「これ・・・」
「そこに出していいよ」
さすがに飲み込むようには言いませんでした

時間もぎりぎりになってきたのでその日はそこまでです

「面白かった?」
「う~ん」
「今度はもっと気持ちよくしてあげるね」
「えっと・・・ 2人きりがいいんだけど」
「先輩イヤだった」
「知らない人だし」
「でもおしり舐めてもらって悪くなかったんでしょ」
「お兄ちゃんに舐めてもらいたい」

園ちゃんは正直でした
それにしてもまたチャンスがあることがわかって
ますます楽しくなるなと思いました

園ちゃんの生理がはじまる前に割れ目に僕のちんちんを・・・

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

VR
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

i2iアクセスランキング







FANZA
LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
25位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析