FC2ブログ

ユニットバスの奇跡(29)

夏休みが終わったあとの話ですが
これまで僕は会社の人との繋がりがあまりなかったのですが
ちょうどお盆あたりで同期の新人が
3人もやめてしまい残りは僕ともうひとりだけになりました

僕以外九州出身だったので少し話すくらいで
会社以外で会ったりすることはありませんでした
その残ったひとりの関くんも一緒の寮に住んでいたのですが
あいさつするくらいの間柄でした

それが新人が2人だけになって話す機会も多くなり
だんだん仲良くなりました
そしてその関くんの部屋にはじめて行ったときのことです

「まぁ入ってよ」
「あぁ」
「同じでしょ」
「うん 一緒 びっくりするくらい」
「先輩の部屋もだよ」
置いてあるのもは少し違いますがレイアウトがまるで同じです

「テキトウに座って」
「あぁ」
ベッドを背中にして座りました

「杉ちゃんはゲームとかしないんだっけ」
「うん あんまりスポーツ系は少しやったことあるけど」
「そうなんだ 僕はゲームばっかり」
確かにゲームソフトがTVの横に積んでありました

「じゃあ何してるの 普段」
「えっ そうだなぁ」
よく考えるとみさといたりするとき以外は
オナニーしてたりですぐに思いつきませんでした

「TV見たりかな」
「ふ~ん」
「夏休み中は妹が休みのたびに部屋に来てたけど」
「妹って今高〇生」
「いや中3と小5」
「2人もいるんだ」
「ひとりは義理だけど」
「ふ~ん」
「関くんは」
「うち お姉ちゃんがいる もう結婚してるけど」
「向こうにいるんだ」
「そう実家の近く っていうか仲いいんだね」
「仲悪いの」
「そんなことないけど高校に入ったくらいから
あまり口も聞いてなくてそのうち結婚しちゃったから」
「そうなんだ」
「うらやましいな 親も近くにいて お母さんと一緒の会社だし」
そんな身の上話からHな話に移ったのは
不自然に置いてあるダンボールのことを聞いた時でした

「ねぇ そこのダンボール何 服とか入ってるの」
「あぁ そっか杉ちゃん知らないんだ」
「えっ何かあるの」
「これ」
ダンボールから取り出したのはAV(アダルトビデオ)でした

「えっそのダンボール全部」
「そうだよ」
「うちから持ってきたの」
「そんなわけないでしょ うちの会社の伝統だって」
「伝統?」
「うん 九州出身でほとんど繋がってるでしょ うちの会社って
杉ちゃんみたいな地元出身って珍しいし社員だと専務と
技術主任だけじゃないかな」
「そうだね 確かに」
「で その九州出身の社員で代々AVを引き継いでるっていうか
結婚するまで買ったAVは寮に残しておくことになってて
もうダンボールにして10箱以上あるから新人のうちは
レンタルしなくてもタダで楽しめるって訳」
「すごいな そのシステム」
「さらにAV好きの先輩が新しく買ったりするから増えていってるし」
「うらやましい」
「杉ちゃんも仲間に入ればいいよ ダンボール分部屋が狭くなるけど」
「そんなの気になんないよ」
「今度先輩の部屋で飲み会あるとき一緒に行こうよ」
「うん」
「ここにあるのは今日でも持って行っていいよ」
「あっビデオデッキないんだ」
「えー じゃあAVとか観てないの」
「ほとんど見た事ない」
「じゃあ どうしてるの」
「本・・・かな」
「買ってるんだ」
「うん」
「もったいないよ 給料まだ安いんだし あっビデオデッキは
安く売ってるから今度買えばいいんじゃない 
1万くらいでも再生だけのならあるし」
「明日にでも買いにいくよ レンタルビデオ屋って
近所にあの店だけだからちょっと気まずいと思ってたんだ 
うちのパートの若い子も来るだろうし」
「先輩の中には常連もいるよ 安田さんだけど」
「あっやっぱり」
「まぁね 誰が見てもそんな感じだもんね でもレンタルだけじゃなく
買ったりもするからみんなに尊敬されてるけど」

そんなことを話しながら時間は過ぎ
「杉ちゃん1箱持っていきなよ 僕がよく見るのは一番上に
入れてるからその下のなら」
「本当に」
「また好きなジャンルとかあったら他の先輩のところにもあるし
その辺は飲み会の時にでも」
「うん ありがとう」
「僕のじゃないけどね」
僕はダンボールを抱えて部屋に戻りました
ただデッキがないので見れません
カバーの写真とかタイトルを見ていると興奮してきて
すぐにオナニーに突入しました

次の日会社が終わってすぐに再生専用デッキを買いに行きました 
そして持ち帰って次々とAVを再生
本と違って直接的なのですぐにイッてしまい
あっという間に3回も まさにサル状態でした
痴漢シリーズとか制服レ〇プシリーズがメインで
あとはAV女優ものがチラホラ入っていました

制服レ〇プものではありさが頭に浮かび
痴漢シリーズでは向井ちゃんが浮かびました
向井ちゃんは顔は幼いですがおっぱいが大人びてるというか
AVに出てるおっぱいと似てたので
オナニーしながらありさがこの部屋に来て
このAVを見るだろうなと思いまた興奮してきました
わかりやすくテープもTV台の上に置いておくことにしました
みさとかみさの友達にも見るように仕向けようと
いろいろ頭の中で作戦を練りました

そして今度の飲み会では身体測定もののAVとか
ロ〇ータとか妹モノをゲットしようと考えていました
ただ妹がいる僕が妹モノが見たいというと変に思われるかもと
少し思ったりしました

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







DMM
LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2423位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
114位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析