FC2ブログ

ユニットバスの奇跡(28)

「あぁ でもいつも触ってるからどうだろ」
「だって家では自分で触ってるもん」
「俺が触った方がHな気分になるか」
「よくわかんないけどうれしい」
「向井ちゃんはもっと詳しいって言ってたけど
みさもいろいろわかってきたのか」
「うん 昨日も向井ちゃんと園ちゃんとそんな話してたから」
「どんな」
「男の人のおちんちんが女の人のここに入るとか
それで男の人より女の人の方が気持ちいいとか」
「向井ちゃんはいろいろ勉強してるな」
「お兄ちゃんのおちんちん見たり触ったりしてHな気分になったって」
「本当か」
かなりうれしい展開でした 次会った時いろいろ出来そうです

「みさ これ読んでみ」
みさにロ〇ータのマンガを渡しました
「Hな本だ でもマンガだね」
「あぁ ここに出てくる子は小〇生もいるからみさは自分だと思って
読んでみればいいよ」
「お兄ちゃんこれどうしたの」
「まぁ いろいろな」
そこはごまかしました こんな本ばかり読んでいると思われても厄介です

「このカバン 私のに似てるね」
まずは下校中に公園のトイレに連れ込まれて
いたずらされるマンガです
マンガを読んでるみさを後ろから僕が抱えていました

「わぁ」
「えっ こわい」
「あぁ」
僕も一緒に読んでいました

「みさは知らない人についていったりしないよな」
「でもこの人無理やり・・・」
「キャーって言えば逃げるって」
「でも怖いよ」
少女のパンツを脱がしそのパンツをにおいを嗅いで・・・
「変態!」
そのあとはスカートをめくって割れ目をべちゃべちゃと舐めています
「わぁ・・」
少しは興奮してきてるようでした
「みさもされたいのか」
「イヤだよ 知らない人にこんなことされるの 気持ち悪い」
このあと少女にお〇っこをさせて手にかけるように言ってます
「このおじさんおかしいね」
「そうだな」
「お兄ちゃんもこういうことしたいの」
「別に 汚いじゃん」
「そうだよね よかった」
「どうして」
「だって・・・」

次はいとこのお兄ちゃんが昼寝してる少女を
脱がしていたずらするマンガです

「この前と逆だな」
「逆って」
「おまえたちが俺のこと脱がしたりしてただろ」
「あっ・・・」

そのあともいろいろなマンガを読ませました
だんだん熱心に読むようになって静かになりました
僕はその場面に合わせておっぱいを触ったりしていました

「マンガと同じことされるってどうだ」
「えっどうって」
みさは顔が真っ赤になっていました
今まではおっぱいを大きくするために触られていたのに
ちょっと違う風に感じたのかもしれません

そしてよくあるフェラのシーンです

「さっきからおちんちんを口に入れるの多いね」
「気づいたか 向井ちゃんはこのこと言ってないのか」
「うん」
「そっか じゃあまだまだだな」

そして最後は一番強烈なレ〇プシーンのあるマンガです
3人組に好き放題される少女

「ひどい・・」
「どうした」
「だって・・・」
「自分だと思って想像してみて」
「こわいよ」
みさは涙を浮かべていました

「ごめんごめん」
マンガを取り上げました
「これはひどいな もう捨てようこんな本」
「うん ヤダ あんなの こわい」
「マンガだから 本当にあんなことはないよ」
「うん」
予想以上にみさにはこたえたようでした

「みさにはお兄ちゃんがいるだろ だから大丈夫だって」
「うん」
「怖い目に会わない様にひとりで人のいないとこ歩いちゃダメだぞ」
「うん」

マンガと同じようなことをやってみたかったのですが失敗です
小〇生にレ〇プはただただ恐怖だったのです
あまりにおびえているみさがかわいそうで咄嗟にキスしました

「泣きやんで」
「お兄ちゃん」
「イヤだった」
「ううん もっとチュウしたい」

みさとキスを続けました
僕にとってもキスはドキドキしました
それにやり方も最初ぎこちなくて角度とか徐々に合わせていきました
Hな本では舌をいれたりするとありましたが
みさを驚かすといけないので
くちびる・ほっぺ・目のあたりにキスをしていきました

「お兄ちゃん 大好き」

そのみさの表情は忘れられません
女性として好きというより可愛いペットになつかれてるみたいで
気分がよかったです

その日はキスだけで終わりましたが
今後これまで以上にみさが自由になりそうに感じました
告げ口の心配もなさそうになって次は何をしようか
キスしながらもずっと考えていました


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

VR
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

i2iアクセスランキング







FANZA
LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
25位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析