FC2ブログ

ユニットバスの奇跡(22)

夕方5時くらいに僕は家に電話をしました

「もしもし あっありさ みさもう帰ってるだろ」
「うん」
「じゃ もう来いよ でついでに頼みあるんだけど」
「何」
「駅前のモスでモスバーガーとチリドッグとポテトと買ってきて
あっおまえも好きなの買っていいし」
「本当に!! 嬉しい」
「食べれる分だけだぞ」
「わかってる」

そして6時頃にありさは部屋に来ました
「お待ちどうさま」
「やっぱり時間かかるな モスは 混んでたか」
「ううん 席はいっぱいだったけど レジは並んでなかった」
まずは腹ごしらえをすることにしました

「おまえは何にしたんだ」
「これ」
「あぁテリヤキチキンか それもうまいよな」
「あとパイも」
「俺たちずっと貧乏だと思ってたのにな」
「そうだね」
妹と2人であの部屋を思い出していました
ただHなこともあの部屋でしたのでそれも思い浮かびました
妹のハダカを見てオナニーしたりあそこの毛を剃ったりした
場面が次々と浮かんできます

「あっ鍵先に受け取っておくわ」
「はい これ ポテトもおいしいね」
「ありさはモスのポテトはじめてか」
「うん そうだよ」
「まぁ俺も2回目だけど ハハハ」
今日は特別な日になると思い奮発しました
さっきからポテトとかでテカテカになった妹もくちびるが
すごくいやらしく見えました
あそこに今日ちんちんを入れるのかと思うと興奮してきました

そしてほとんど食べ終わりジュースを飲みながら
核心の話に入っていきました

「ありさ」
「うん?」
「この間泊まったときあっただろ」
「うん」
「あの日朝すぐ帰ったのか」
「えっ! えっと・・・ 昼過ぎてたけど どうして」
「いや ちょっと聞きたかっただけ」
妹は少しは動揺しているようですが
思ったより反応はうすいので続けて質問しました
「実はさ 俺知ってるんだ」
「えっ何を」
「来てたんだろ この部屋に」
「・・・・」
「合鍵使って勝手に入ったよな」
「・・・・ 誰に聞いたの 会社の人に見つかってないと思ったのに」
「やっぱり入ったのか」
「うん」計画通りです
「何してた」
「何って・・・休んだり・・・」
「Hな本読んだりか」
「えっ でも ちょっとだよ」
「本当か」
「もう お兄ちゃん 今日それ言うために呼んだんでしょ」
そのとおりだと思いました
「開き直ったな」
「お兄ちゃんは気づいても黙ってると思ったのに」
「どうして」
「そんなHな本ばっかりあるって知られたくないでしょ」
「そりゃな でも・・・」
「お兄ちゃん私さっき少しって言ったけどウソなの」
「わかってるよ おまえもそういうの興味あるだろうし」
「じゃなくてお兄ちゃんが言わないって思ったのはだから」
「何だよ」
「もしかしてお兄ちゃんってロ〇コンなの?」
「えっ!!」

そういえばロ〇ータ系の本が多かったです


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

VR
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

i2iアクセスランキング







FANZA
LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
25位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析