FC2ブログ

ユニットバスの奇跡(16)

「はぁ 疲れた」
みさがベッドに倒れこんできました
「終わったのか」
「うん ドリルは半分終わったよ」
「すごいな まだ7月なのに」
「だってポケモンの・・・」
やっぱりみさはポケモン中心です
ベッドに寝そべったかと思うと僕をくすぐってきて
いきなりくすぐりあいがはじまりました

「もうお兄ちゃんはなし」
「何だよ それ」
「あっ あぁ もう」
みさをうつぶせにして足のところに乗っかり脇をくすぐりました

「ギブギブ~」
さっきまで見てたマンガとリンクして無理やり襲ってる気分でした
ただ暴走しすぎると今日で終わりになってしまうので
そこはなんとか抑えてみさの行動を待つことにしました

「お兄ちゃん ひどいよ 大人なのに」
「ごめんごめん 本当にくすぐったくて」
「あっまた」
「うん!?」
みさの目線はちんちんの方向でした
いつも間にか大きく膨らんでいました

「お兄ちゃん 見ていい?」
嬉しい言葉ですが口の軽いみさなので一応念を押しておきました

「友達にお兄ちゃんのおちんちん見せてもらったとか
言っちゃダメだぞ もちろん母さんたちにも」
「うん」
「もし約束破ったらみさとは会わないからな」
「だから 約束守るもん」
急に怒られてると思ったのか半泣き状態になっていました

「ごめんな」
「ううん お兄ちゃんと会えないとか言うから」
みさを引き寄せ頭を撫でてやりました

「あっ小さくなってる」
立ち直りが早いのもみさの特徴です
僕のちんちんもみさの泣き顔で普通の状態に戻っていました

「あれからちゃんとおっぱい触ってるか」
ベッドの上で胸にみさを抱いたままで話を続けました

「うん」
「大きくなってきたか」
「わかんないよ」
「そうだ 測っておこうか 毎日見てても自分じゃわからないから」
「どうやって・・・」
「そうだな」
僕はものさしを出そうとしましたが突然今仕事で使ってるノギスを
思い出しました

「ちょっと待ってて」
バッグの中に練習用で借りたままの小さめのノギスが入ってました

「これこれ」
「何それ」
「いろんなものを測るものだけど ほらっ」
「本当だ」
「ここデジタルで数字が出るんだぞ」
「すごい!!」
そういう流れでみさのおっぱい測定がはじまりました
乳首と乳輪あとふくらみの高さを測ることにしました
メジャーがあればもっといいので買っておこうと思いました

「じゃTシャツあげて」
「もう脱ぐね 暑いし」
上半身ハダカのみさが目の前にいます
乳首を舐めたい気持ちを抑えながら計測です

「冷たいよ」
「動いちゃだめだって 危ないから」
ノギスは先がとがっているので基本人間を測るのに向いていません
あとHな気分になっているのかみさの乳首はいつもたっているようでした

「おっぱいの高さは難しいな 今度メジャー買っておくな」
「身体測定みたい」
それを聞いてお医者さんごっこまで浮かんできました
今回買った本ではないですが以前見た本によく載っていました
女子高生の健康診断でHなことをする医者の話です

「どうやって触ってる」
「こう」
みさはおっぱいを触りだしました

「もっとここを重点的に」
「わっ」
「どうしたんだ」
「自分で触るのと全然違うんだもん」
「そうなのか」
「もっと触ってほしい」
また前回同様みさのおっぱいを触りながら
どんどん出したい気持ちになっていきました
ただ2回も出したあとのせいかなんとか持ちこたえられそうでした

「本当はいけないことなんだぞ」
「うん」
「眠そうだな」
「うん」
そうこうしてるうちにみさは眠ってしまいました

勉強を一所懸命やりすぎたのか朝早く起きたのか
テンションもついにもたなくなってしまった感じです
まさかおっぱいを揉んでいるときに眠ってしまうとは
無防備というか先が思いやられるみさです
もちろん僕には好都合でした
ベッドで上半身ハダカのみさを見ながらオナニーです
ちんちんをこすりはじめたときは最高の気分でした
小学生とはいえ何してもいい女が目の前にいるのです
ティッシュを用意してこすりまくりました
普通ならとっくに出ているのにまだ大丈夫で
いつ起きるかもわからないみさの顔にちんちんを近づけてました

さらにエスカレートしてスカートをめくり
パンツを下げ割れ目を見ながらオナニーしました
そこで割れ目に触ったところでみさは少し動き
あせりましたがパンツを無理やり脱がされたような
みさのその姿をみてようやく発射しました その日3回目です

そのあとパンツを元に戻し布団をかけてあげました
時間が夕方になり帰る時間なので起こすと

「あれっ どうして脱いでるの 私」

一瞬状況を忘れているようでした

「寝てたんだぞ ずっと」
「あっおっぱい測ったりしてたね でも今何時」
「5時」
「えー そんな時間なの」
「今から帰れば母さんより早く帰れるって あれなら一緒に帰れば」

そうこう言いながらTシャツを着てドリルをかばんに詰め込んで
帰り支度をしてるみさを眺めてました
顔の目の前でオナニーしてたなんて思ってないだろうなと
ある意味優越感でみさを見つめました

「また来るからね」
「おー 宿題も持って来いよ」
「うん」

その日はそれで終わりました

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

VR
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

i2iアクセスランキング







FANZA
LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
25位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析