FC2ブログ

ユニットバスの奇跡(13)

高校を卒業した僕は母の働いてる会社に就職しました
そして卒業と同時に母とみさパパが入籍して家族になり
市営住宅に引越しました

僕は母のお願いで会社の寮に入ることになりました
きっとみさパパが一緒に住みたくなかったのだと思います
寮といってもワンルームマンションです
ベランダと収納はないですが4畳半ほどの部屋で
小さいキッチンとユニットバスがついているタイプです
そのマンションの半分以上はうちの会社の若手社員が住んでいました
母もそのままパートで働いていました
僕は部品加工の機械を担当しててで母は検品・包装です
社員旅行とか妹と僕も一緒に行ってたりしてたので
上司になる人は結構顔見知りで気楽かと思い入社しました

みさの小〇校を中心に裏門から歩いて5分くらいに
会社と寮があって正門から歩いて10分くらいのところに
母たちの住む市営住宅はありました
小〇校を横切れないので寮と実家は自転車で10分くらいの距離です

僕が社会人1年でみさは小5 妹は中3です

会社は少し変則な勤務形態で
入社まもなくでも週一回夜勤がありました 僕は水曜日でした
なので水曜日は夜8時出勤で木曜の朝まで
そしてそのまま木曜は休みで金曜の朝出勤です
あとは日曜日か月曜日が休みでした
2年目からはシフトで夜勤と昼勤の入れ替え制ですが
仕事を覚えてないうちは週一回先輩の横で
作業を手伝ったり教えてもらったりするための夜勤でした

バタバタとはじまった社会人生活でしたが
慣れてきた頃にみさとの新たなエピソードがはじまりました
それは梅雨も終わりかけの7月初旬の木曜日
僕が部屋で寝ているとみさが部屋にやってきました

その日は突然雨が降り出し
みさはこの寮の近所に住む友達と相合傘でここまで来たみたいです
引越しのときとか母と一緒に来たことはありましたが
みさひとりで来るのははじめてでした

「お兄ちゃん かさ貸して」
「おっみさ」
「玄関開いてたよ」
2時過ぎですが夜勤明けで寝ているときでした
「まだ寝てた」
「あぁ」
「今日はお兄ちゃんいる日だって前におばさんいやお母さんから
聞いてたから」 まだお母さんとは言い慣れてない感じでした
「そっか あっ上がれよ」
「うん お兄ちゃんタオルある」
「そこ」
みさは濡れている腕や肩を拭いていました

「急に降ってくるんだもん」
「どうしてこっちに」
「最近仲のいい友達がここの近くだから」
「どこ」
「クリーニング屋さんのななめ向かい」
「あぁ新しい家が何軒かあるな あそこか」
「うん 一回行ったことあるけどすごい中もキレイだよ」
「じゃあそこに」
「今日はダメなんだって ピアノ教室があるからって
もうお兄ちゃん 私が来て嬉しくないの」
「そんなわけないだろ」
拭き終わるとベッドの上に座りました
2人で並んで座ってると変な感じです

「お兄ちゃん!」
「うん?」
「もう・・これ」
みさの指差す方向は僕の股間でした
寝起きだったので勝手に大きくなってました
格好もトランクス一枚です

「みさはおちんちん好きだな」
「そんなことないよ」
「はじめてうちに来たときも確か・・・あっパンツ下ろしたり」
「覚えてない」
「ウソつけ」
「もう~あの時は小2だったもん」
「今も変わらないだろ」
「そんなことないよ」
「今でも男子にいたずらしたりしてるのか」
「してないよ」
「本当か」
「本当だよ」

みさもさすがに小5になって異性を気にする時期になっていました
まだブラをしていないみさの胸のあたりに目をやると
少し濡れて透けているのか乳首がくっきり浮かんでいました
妹と違って口が軽いみさなのでこっちから何かHなことを仕掛けるのは
勇気が要りました 

「お兄ちゃんどこ見てるの」
「どこって」
「もしかしておっぱい見てた 今」
「おっぱいってどこにあるの」
「ここにあるもん」
みさは胸を突き出しました
「ないじゃん」
「ひどいなぁ」
「あったらブラするだろ クラスでまだしてる子少ないか」
「ううん 半分以上してる」
「じゃあ みさも」
「だって・・・」
「ありさの使ってもいいし」
「そんなにまだおっぱい大きくないから」
「大きくなりたいのか」
「うん」
「この近所の友達名前は」
「園田さん」
「その子はしてるの」
「うん」
「じゃ大きいんだ」
「私よりは」
少しみさのテンションが落ちてきていました

「早く大きくなる方法知ってるけど知りたい?」
「本当に」
「みさは口が軽いからなぁ みさパパとかお母さんに言わないなら」
「言わないよ」
「じゃあ教えてあげようか ありさも同じ方法で大きくなったんだから」
「お姉ちゃんも」
「そうなんだ ありさにはこのこと聞いてもいいぞ 
でも何されたとかは言わないって約束な」
「うん」
「ありさが小6でおっぱい大きかったの覚えてるか」
「もちろん 触ったり吸ったりしてたもん」
「実は・・・俺が大きくしたんだ」
完全にウソですが妹も少し納得してたので使ってみました

「どうすれば・・・」
「簡単なんだ 触ってれば大きくなる」
「本当に」
「自分でも他の人でも触れば触るほど早く大きくなるんだ」
みさは触りはじめました
「これでいいの」 
ベッドの上で胸を触ってるみさを見てだんだん興奮してきました
ロリコンというより女性なら誰でも状態の時期だったのです
「直接じゃないと意味ないんだ」
「そうなんだ じゃあ」
制服の中に手を入れておっぱいを触りだしました
まだ乳首が大きくなってすこし膨らんだくらいのおっぱいです
またちんちんが大きくなってきていました

「お兄ちゃん触ってみて」

その言葉を待っていました 
小5になってもみさは期待を裏切りません
僕はみさに近づき制服の中に手を入れました
妹はもう少し大きくなってから触ったので
この段階のおっぱいを触るのは初めてでした
楽しめるのは乳首くらいですがいやらしく触りました

「くすぐったい」みさは体をよじりました
僕は黙って触り続けました 脱いでくれることを期待しながら
するとみさは予想とは違い僕のちんちんを触ってきました

「私だけ触られてるから 私もお兄ちゃんのおちんちん大きくしてあげる」
意味は違いますがHなセリフです
さらにトランクスの中に手を入れてきたところでいきそうになり
トイレに駆け込みました そして大量に出しました
ユニットバスには鍵はないので
僕のオナニーシーンをみさは勝手にのぞいてました

「何やってるの」
まだみさはオナニーは知らないようでした
「お〇っこのぞいちゃダメだろ」
「だって急にトイレにいっちゃうから」

そのあともみさのおっぱいを触って楽しみました
それ以上のことはその日しませんでしたが
みさとのHな関係はこれからです

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
48位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析