FC2ブログ

ユニットバスの奇跡(2)

その後はチャンスというチャンスもないまま
チラ見だけを楽しんでいました
そもそも妹の入浴中にトイレに入ったとしても
雰囲気は楽しめますがまたおっぱいを見れる確率は
ほぼゼロに近く年に1~2回行くくらいのことを
そう頻繁にやると母に不審がられる可能性もあって
何か違う形で見る方法はないかとずっと考えていました

2週間以上経ってから突然ラッキーなことが起こりました
それは寝ているときのことですが
最近はあまりなかったのですが前から時々寝ぼけて
くっついてきたりすることがあって今までは重かったり暑かったりで
すぐに元に戻したりしていました
その日は夜中何かを感じて目を覚ますと妹は僕の腕をつかんで
あと右足を僕の足の上に乗せていました
こんなチャンスが舞い込んでくるとはと声も出さずに喜びました
母の寝息も聞こえているので多少動いても大丈夫だと思い
まず腕を抜くふりをして手の甲が胸のところにくるようにしました
パジャマ越しとは言えやわらかい感触でもう興奮状態でした
そして気づかれないようにさらに少し上に上げて
指で乳首を触ってみようと試みました
そこで妹は動いたのでやばいと思い動きを止めましたが
大丈夫みたいなのでまた少し動かして・・・
そしてついに右人差し指にあの乳首が・・・・
左手でちんちんを触り右手で妹のおっぱいを触り
こするまでもなくイキそうになってふとんの中で出すわけにもいかず
急いでトイレに駆け込み大量に出しました
母がもし起きていたら僕が何をしていたかバレたかもしれませんが
まさか実の妹で小〇生がネタだとは夢にも思わなかったはずです

トイレで少し放心状態で座って一応ごまかすために
またトイレットペーパーを出しておしりじゃなくちんちんを拭き
水を流してふとんに戻りました
もちろんまだ妹は僕のエリアにいます
そのまま横に妹を置いて再び目を閉じました
時計は深夜2時20分を指していました
興奮していたのですが出したあとなので疲れも襲ってきて
他に何か出来ないかと考えながら眠ってしまいました

そして朝です いつものように母に起こされて
少しして深夜の出来事を思い出し
もっと何か出来たのにと惜しいことをしたなと後悔しました
妹はもう制服に着替えて食事をするお膳のところに座っていました
「たくや 早く食べて」
「あっ うん」
「ありさ 授業参観は今週だったわよね」
「そうだよ そこ貼ってあるじゃない でも来れないんでしょ」
「行けるかもしれないの 絶対じゃないけどね」
「ふ~ん」
そんな日常の風景の中で僕は妹の胸あたりをちらちらと
ばれないように見ていました
あのおっぱいに触ったんだ・・・ 時間にしたら5時間前くらいに・・・
また興奮してきていました

関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
48位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析