FC2ブログ

ユニットバスの奇跡(1)

僕と妹そして義妹との話を書きたいと思います

僕の名前はたくや 妹はありさ 義妹みさ
義妹は母の再婚相手の連れ子です

当時うちは母と妹との3人暮らしで
とても貧乏でした 父が借金をたくさん作り
僕らを籍からはずし失踪しました
現在も生きているのかどうかもわかりません
なので母の工場での仕事の給与と生活保護で暮らしていました
家は築30年以上の文化住宅で8畳ほどのワンルームで
元々風呂なしでしたが改装してユニットバスがついていました
トイレとお風呂が一緒のものです

僕が高1の時妹は4つ下なので小6の時の話です
貧乏も慣れると当たり前の現実なので
それほど不幸と言う感じでもありませんでした
特に僕は妹とHな関係になってからは天国でした

妹との関係は普通でTVを一緒に見て笑ったり
宿題を手伝ったりトランプを一緒にやったりと
ケンカもしてましたが怒られるのは僕で
よく母にはおしりを叩かれてました
それもズボンを下ろして生のおしりを叩かれて
妹はそれを見てビビッてたのを思い出します
もちろん妹も怒られることもありましたが
おしりを叩かれたのは友達のものを嫌がらせで
隠したことが先生にばれて母にも伝わったときくらいでした

お風呂は僕が小〇生の時までは一緒に入っていました
おっぱいもなくちんちんもないという印象だけで
もちろん女性として見ていませんでした

それがあるきっかけで女性と意識するようになったのです
そのきっかけはうちが貧乏でユニットバスだったからこそ
起こったあることからでした

妹は高学年になってお風呂の時間がだんだん長くなってました
元々お風呂に誰か入っててもお〇っこは自由に行っていいと
なんとなく決まっていました
ただ僕はシャワーで10分くらいしか入らないし
母は僕らが寝てからゆっくり入っているので
お風呂の間に誰か入ってくることはほとんどありません

ただ妹は学校から帰ってきてすぐとか
夕食終わってからとかマチマチでしたが
お〇っこに行く可能性がある時に入っているので
僕でも年に数回は妹の入浴中にお〇っこに入りました
入ると「お母さん?」「いや」「お兄ちゃん」「あぁ」
それくらいの会話があるだけでした
ただそんな普通の妹の存在がまさしく女性と意識するように
なったのはその妹の入浴中にたまたま入った時のことでした

着替えるところはものすごく狭いですがありました
そこにあるカゴに妹の脱いだものが置いてあって
シャワーの音も聞こえてきます
僕はその時たまたまですがお〇っこにいきたくなり入りました
妹は気づいているのかわかりませんが鼻歌を歌って
髪の毛を洗っているようでした
カーテン越しに姿が多少映るのでわかります
僕はふたを開け座りました 家では立ってお〇っこは禁止です
するとカーテンから妹の手が出てきて
トイレのタンクの上にあるリンスを取ろうとしたのです
お〇っこしてるときに開いたのでそこに目が行くと
「あっお母さんいるの?」 
「おれおれ」
「お兄ちゃんか」
そんなやりとりをしてる最中になんと妹のおっぱいがちらっと
見えたのです 妹はシャンプー中で目を開けてない様子です
ほんの5秒もない感じですがその妹のおっぱいが目に焼きつきました
特に乳首の色がHな本の女性みたいにピンクなのです
大きさは小さめでBカップくらいでしょうか
一緒に入ってたころはぺったんこだったのに・・・

お〇っこを終えて出ましたがもう大興奮です
母親がいるので顔に出すわけにもいきませんが
オナニーしたいとすぐに思いました
その頃もちろん一部屋しかないので部屋でオナニーは無理です
大体はHな本を隠してあった近所の公園のトイレでしてました
誰もいないときに家のトイレでしたりはしてましたが
その日ははじめて浴槽の中でオナニーをした記念すべき日です

今まではさすがに浴槽は母がお湯をためて入ったりするし
なんとなく自分の中で禁止していました
でもその日はもうどうしようもないくらい出したくて
トイレを装ってでは音も気になるしシャワーの音でごまかして
こすりまくろうと思ってました

妹が出てきました
もう学校にはブラをしていってましたが
寝るまえはもちろんノーブラです
完全に目が妹のおっぱいに集中してました
とはいえ母と妹の目も気にしながらです
Tシャツ越しに乳首を確認しました
僕はもう興奮でびんびんにたっていました
その余韻を頭に焼き付けながら
「じゃ 次入る」
「えっ TV見ないの もう始まるよ」
「ちょっと今日は汗かいて気持ち悪いから」
「めずらしいわね たくや」
「本当 本当」
脱ぐともうマックスの状態で
シャワーをつけてものすごい勢いでオナニーしました
ついさっき見た妹のおっぱいで頭がいっぱいです
それもこの場所なのでリアルな記憶です
あの妹の乳首を触りながら妹の体に発射するイメージで
大量に出しました

もうその日からは妹一色です
寝るときは僕が真ん中で妹は右手に寝ていました
薄目を開けて妹側に体を向けて寝ているフリをして
おっぱいあたりを見てみました
昨日まではただの妹だったのに完全に女性です
手を伸ばしてさわりたい衝動が襲ってきます
ただ状況的に母もとなりにいるし無理です
そのもやもやがあって妹の乳首をもう一度見るには
そして触るにはどうしたらいいか授業中もずっと考えてました

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1923位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
80位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析