FC2ブログ

楽しい時間-温泉旅館の仲良し兄妹-(9)

「ついにお楽しみの時間がやってきました」

体育のプールの授業初日だ


「え~!!!!」

白石がまさかの見学で男子のほとんどが
ケンジみたいに声には出さないががっかりしている

きっとアノ日なのだろう

「今週は全滅ってことか」
「その可能性はかなり高いな」
「一気にやる気なくなってきた」
「ハハハッ」

「こんな曇り空だし 暑くもないし
俺たちの青春はもう終わりなのか~!!!!」

「大げさだって」



帰り際に母に言われたことを話した

「じゃあ 自転車旅は中止ってことか」
「あぁ そもそも海水浴が目的だろ
元気な方がいろいろといいだろうし」
「資金をアキラのところが出してくれるなら
大丈夫だと思うぞ」
「あとは大人に任せようか」
「そうだな」

「あっ エリカがリスの池行こうって」
「あんなところ行ってもなぁ」
「くらげの滝はもう無理みたいだし」
「やっぱりそうか」
「あぁ ライトアップもするんだって」
「出世したなぁ」
「ハハハッ」
「あそこには俺たちのおしっこも・・・
いやっ エリカちゃんのがほとんどだな」
「確かに」

僕らはちゃんと立ちションしていたが
妹は毎年最終日に中でしてると言っていた
滝に流されて残ってるかどうかはわからないけど



夏休みまではあっという間に過ぎていった

学校の男子にとっての一番の大事件は
白石が一度もプールに入らなかったことだ

誰も予想していなかった



「あぁ 楽しみだなぁ 海も遊園地も」
「そうだな」

遊園地と海水浴どっちにも行くことになった
ホテルに泊まるのは1泊だけで
あとは行きも帰りも車で寝るということだ

連れて行ってくれるのはケンジの親戚のお兄さんで
母がバイト代を渡すと言っていた
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1923位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
80位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析