FC2ブログ

楽しい時間-温泉旅館の仲良し兄妹-(7)

「いただきま~す!」

「エリカ ニコニコして何かいいことでもあったの?」
「ううん あっ・・・」

そこに村瀬さんが入ってきた
告げ口するような人じゃないけど妹は気にしている

「何?」
「美味しいね お母さん」
「そう アキラもたくさん食べてね」
「うん」

「じゃあね」

食べてる間に父も母も祖母も顔を出したが
一緒には食べる時間はないみたいだ


「エリカちゃんはあいかわらずだな」
「村瀬さん お母さんには絶対に内緒だよ」
「ハハハッ まだ恥ずかしくないんだな」
「何が?」
「アキラくんも大変だな」
「ハハッ・・・」
「でも家の中だけになってよかったじゃないか
昔は旅館でも駐車場でもハダカで走り回ってたし」
「今日はパンツもはいてきたからね」

スカートをめくって村瀬さんにパンツを見せている

「そうか 偉いじゃないか」
「村瀬さんもおちんちん・・・」
「おいっ」
「あっ 内緒だった」
「恥ずかしくないのにそのことにはもう興味あるのか」
「ないよ ない」
「ハハハッ 何でも答えてやるぞ 内緒で」
「本当に?」

「ちょっと村瀬さん来て」

祖母が呼びに来たのでごはんの途中で
村瀬さんも行ってしまった


「じゃあ 帰ろうか」
「うん」


「ダメだろ 村瀬さんにあんなこと言ったら」
「だって~」
「俺の言うこと聞けないなら遊んでやらないぞ」
「ヤダヤダ もう言わないから ねっ お兄ちゃん」
「仕方ないな 今日は特別に許してやるか」
「やったぁ」

妹を独り占めしたい気分になってきた
こんなに思い通りに出来るとは・・・
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1923位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
80位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析