FC2ブログ

となりの姉妹(1)

僕が高1の頃の話ですがうちのとなりに住んでいた
当時小4、小2の姉妹にいたずらしたことがあります

親同士も仲がよくて長屋で鍵を閉める習慣もなかったので
その姉妹は自分の家のように遊びにきていました

もっと小さい頃から面倒を見ていたので
となりの母親にも感謝されるくらい信用されていました
でも中3からオナニーをするようになって
女性の体に興味をもちはじめてから急にその姉妹に対する
目線が変わりました 小学生で胸もないとはいえ女性です

その姉妹 姉はマキで妹はミキと言いました
マキはおとなしい方でぽっちゃりとしています
逆にミキは細くて子役のような美形でやんちゃでした

その時いたずら出来たのはその姉妹に弟が出来て
母親がつきっきりで面倒みてたので今までより
もっとうちにいることが多くなったからです

うちの両親は自営業で忙しく母も昼の支度をしたら
仕事に出かけるという感じで僕がいないときは
家には誰もいない状況でした

学校から帰るとうちでマキやミキが寝ているという
ことも日常茶飯事でした

いたずらしようとしたしたきっかけは友達のところで観たAVでした
おばさんが出てるものだったのですがあそこのアップが
ずっと続いてとにかく指を入れたり出したりしてるものでした
指を入れるとおばさんが声を出して気持ちよさそうにしてるので
これをマキにやってみようと思ったのです

もちろんすぐ実行に移せなかったのですが
マキやミキを見て想像してトイレでオナニーをしていました

それからはいつものようにじゃれ合う中で
マキの股間あたりをよく触るようにしていました
ミキのおしりもさわったりとロリコンにはハーレム状態だったのですが
ちょっと2人いると脱がしたりするのは難しいなと思いました

この時点では2人のハダカはまだ見た事ありませんでした

そんなある日都合のいいことが起きました
ミキが風邪を引いたのです
うつると大変なので2階でミキを寝かし1階に弟で
母親は看病もしないといけないのでマキは父親が帰ってくる
夜8時くらいまでうちが預かることになったのです

預かるといっても特にいつもと変わりません
うちで夜ご飯を食べていくくらいです
ただ僕にとっては大チャンスでした

夕方学校から家に戻るとマキはうちで宿題をしていました

「お兄ちゃん おかえり」
「おっ宿題か」 「うん」 僕はマキの頭をなでました

学校で授業も上の空でマキをハダカにする自然な方法を
考えていて単純ですがジュースをこぼす作戦にしました

「マキ ジュース入れたよ」 
玄関横のキッチンの方へ呼びました

「そこ座って」 テーブルに座らせました

左手で自分のジュースを持って飲みながら
マキにジュースを渡す感じでテーブルに置きそこねて
マキのスカートにジュースをこぼしました

「あっごめん!!」 
「もう お兄ちゃん ビチャビチャ」
「これタオル」
「うん」
マキが普通に拭き始めたのでまずいと思いすぐに
「スカート脱いだ方がいいな 乾かさないといけないし」
「そうだね」
「ちょっとこっち来て」

僕はマキを部屋の方に連れていきました

「脱いだの持って行くから」
「うん」 マキはスカートを脱ぎました

スカートをとなりの家に持って行き着替えをもらいにいきました
とにかく怪しまれるといけないので自然に振る舞いました

「ごめんね 迷惑かけて」
「いえいえ」 僕がやったことは内緒です
「あっそうだ それならそのままそっちでオフロも入ってきてって
言ってもらえる」
僕は願ってもない展開でした

「はい じゃ着替えとかは」
「ちょっと 待って」
そしてそこでマキのパンツとパジャマをもらって自分の家に戻りました

カワイイ子みつけたらペロペロ








ロリのサンプル動画が見放題!


関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

新作紹介
カテゴリ
FC2カウンター
Kindle電子書籍人気作品



i2iアクセスランキング







LINK







リンク
Kindle Unlimited Edition


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1794位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
57位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析