FC2ブログ

小さな妹(2) 「ついに飽きたんだな 家出少女」

「箱崎くん 今日家に行ってもいいかな」
「ついに飽きたんだな 家出少女」
「設定はいいんだけど好みと違うっていうか」
「2週間も楽しんだくせに」
「今まで一番短いでしょ」
「ハハハッ また制服シリーズに戻るに1票」
「それはないよ 多分」


橋本貴志 身長160cm

高校に入ってから仲良くなった
クラス替えはあったがずっと同じクラスだ

一応受験生だが偏差値的にレベルが下のところを
狙っているので余裕をかましている


「来年からは心配だな 箱崎くんと離れ離れだし」
「じゃあ 近くの大学に入ればいいだろ」
「今からでも一緒の大学行くって選択はないの?」
「親と同じこと言うなよ 大学には魅力を感じないんだ」
「社会人の方がもっとつまんないでしょ」
「お金を稼げないと独立出来ないから」
「どうせ引っ越しのお金は親に借りるんでしょ」
「それは・・・すぐに返すって」

情けないが最初は仕方ない 
貯金も10万しかないし足りないのはわかっている


「そうだ 夏菜ちゃんも小6だし
そろそろ大人になるんじゃないの」
「唐突だな まさかうちの夏菜を狙ってるのか」
「いくらなんでもそれはないって」
「いやっ そういう目で夏菜を見るなら
会わせないようにしないと」
「そもそもすれ違ったりあいさつするだけで
まともに話もしたことないって」

小さいこともあってまだ子ども扱いしてるが
確かにもう小6で生理がはじまっていてもおかしくない

いやっ もしかしたらはじまってるのかもしれない
赤飯なんかうちには無縁だろうし


「今日寝坊して朝出してきてないから
悶々としてるんだよね」
「じゃあ 昼休みに一緒にやるか 久しぶりに」
「箱崎くんは出してきたんでしょ」
「あぁ でも佐々木のケツを見てたら・・・」
「何でもありってこと?」
「バックからなら顔なんて見えないだろ」
「うわぁ 最低だ」
「家出少女を犯しまくってたおまえに言われたくない」
「犯すって・・・部屋に泊める代わりに
させてもらうという公平な取引で・・・AVの話だし」
「ハハハッ」

妹のことや独立のことで深刻になることが多いが
橋本とエロ話をしてるとちょうどバランスが取れていい


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
89位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析