FC2ブログ

川の字姉妹(4) 「果歩もまだ起きてるのか」

「1階はね 桜子さんが真ん中で寝てたよ」
「そうなんだ」

別に驚くことでもない

「こっちもお兄ちゃんが真ん中に寝た方が
男女男女の順番でいいんじゃないかな」
「ハハハッ 俺はどっちでもいいけど
果歩はどう思う?」
「それでいいよ」
「じゃあ 決まりね」

有理のおかげで真ん中で寝ることになった
これで果歩ともとなり同士だ


「おやすみなさ~い」
「あぁ おやすみ」

有理に合わせて一旦11時に寝ることにした
昨日はそのまま3人とも寝てしまったが
さすがに僕にも果歩にも寝るには早い時間だ

神崎家では電気をつけたまま寝るらしく
1階も多分ついてるはずだ
それこそセックスなんてしてたら哲司さんに丸見えになる

30分ほどして有理のいびきが聞こえてきたので
僕は体を起こした

「果歩もまだ起きてるのか」
「う、うん」
「いつもは何時くらいに寝てるんだ」
「う~ん 1時前かな」
「結構夜更かししてるんだな」
「うん」

果歩はメガネをかけてまくらのそばに置いてある
ゲーム機を手に取り遊びはじめた

「どんなゲームなんだ 俺は詳しくないんだけど」
「えっと・・・RPGだよ」
「もう結構進んでるのか」
「ううん まだ序盤だよ 今はレベル上げしてるの」
「ふ~ん 見ててもいいか」
「うん いいよ」

果歩の布団の方に移動して画面を眺めた

「・・・」

ゲームに集中してるので話しかけるのも悪い気がする
僕は顔や体をチラチラ見たりして楽しむことにした

布団をかぶってるのでおしりなどが
見えないのが残念だ 早く夏になってほしい

「お兄ちゃん」
「うん?」
「一緒にする?」
「いいのか」
「うん」

操作方法などを聞く時にはさらに密着した

「離れた方がいいか」
「ううん 別にいいよ」
「そっか」

ゲームよりも果歩に頭がいってるので
なかなか覚えられなかったが何とか把握した

「俺も同じソフト買えばもっと楽しくなりそうだな」
「うん!」

果歩の嬉しそうな笑顔にときめいてしまった
あぁ また世の中のロリコンを敵に回したな


関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

新作紹介
カテゴリ
FC2カウンター
Kindle電子書籍人気作品



i2iアクセスランキング







LINK







リンク
Kindle Unlimited Edition


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1794位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
57位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析