FC2ブログ

いもうと接近中!(2) 「恵梨香は俺の遊び道具だよな」

「お兄ちゃんの言う通りにしたよ」
「そっか 由真さんにはもう言ったのか」
「明日言う予定」


山川伸也 23才 ホスト

私の義理のお兄ちゃんだ

シングルマザーのママが結婚したのは
中3の時で新しい家族が2人増えた


ママは由真 36才 ホステス

高校入学と同時にここに引っ越してきたので
学校の友達は私の旧姓を知らない

パパとはその前から付き合ってたけど
私のために時期を合わせてくれたのだ


パパは大作 54才 夜の店のオーナー

ママとパパは社内恋愛みたいなものだ

ただパパはほとんど家にはいない
別に繁華街近くにマンションを持っているので
だいたいはそこで過ごしている

お祖父ちゃんくらいの年だけど見た目は全然若い
ちなみに私のお祖父ちゃんは57才だ


「もう毛が生えてきてるな」
「え~ ちゃんと剃ってるのに」
「高校卒業したらちゃんと脱毛しろよ」
「うん」

お兄ちゃんはロリコンなのだ

ママがパパと付き合いはじめて
私とお兄ちゃんも会うようになって
すぐくらいに体の関係をもった

もちろん私はその時処女だった


「妹といつかこういうことしたかったんだ」

まだ兄妹になる前だったけど
妹とエッチなことをしたかったみたいで
私を見て興奮していた

お兄ちゃんはアイドルみたいに
カッコいいので最初から全然イヤじゃなかった

「全部剃っちゃうけどいいよな」
「う、うん」

最初のエッチの時に毛は剃られた

お兄ちゃんの部屋にはロリコンのマンガが
いっぱい転がっていてそれを見ながら
いろんなことをされた

今はそのマンガはママに見つからないように
ベッドの下に隠してある

「恵梨香さえいればいいな」
「お客さんは別でしょ」
「仕事だからな」

パパがオーナーのホストクラブで
働いていて店で人気No.3だ
店の看板にも大きく顔写真が出ている

No.1になれないのはお金に困ってないのと
ロリコンなことが理由に違いない
見た目は一番カッコいいのだ

お金持ちなのに仕事をしている理由は
パパに言われたからで跡を継ぐためには
いろいろと経験が必要らしい
パパも元々人気ホストだったのだ

このあたりのことはママから教えてもらった



「これでもう疑われることもないな」
「うん お兄ちゃん 頭いいね」
「でもキスまでだぞ 特にこのワレメを
触らせたら別れるからな」
「そんなことするわけないでしょ
別れるなんて怖いことを言わないで」

最近ママがお兄ちゃんと私の関係を
疑っているのだ

そんな時に先輩に告白されて
それをお兄ちゃんに相談すると
付き合った方が都合がいいと言われた

「すぐ断らなかったのがファインプレーだな」
「返事する前にどっか行っちゃったから」
「ハハハッ」

先輩のことは好きでも何でもない
ただ見た目が私とお似合いな感じがするので
ママに紹介しても大丈夫な気がする

「お兄ちゃんは触らせてるんでしょ」
「仕事だからな 嫌な顔でもして噂になったら
父さんに殺される」
「そんなに怖く見えないけど」
「笑いながら殴るタイプだから 父さんは」
「えっ・・・」
「男にだけだって 何を心配してるんだよ」
「あっ ハハッ・・・」

パパに殴られるところを想像してしまった

「女は商売道具だから丁寧に扱うんだ
全然お金にならないホステスにも
声を荒げたりしないし」
「ふ~ん 道具かぁ」

「恵梨香は俺の遊び道具だよな」
「うん!」

お兄ちゃんに触られるだけで幸せだ
もし嫌われたら生きていけない



関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

新作紹介
カテゴリ
FC2カウンター
Kindle電子書籍人気作品



i2iアクセスランキング







LINK







リンク
Kindle Unlimited Edition


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1787位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
64位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析