FC2ブログ

少女日記@渋谷花恋(1) 「ただのハゲたおじさんだけどね」

「あっ 今日はいるよ やったぁ」
「2週間ぶりだね」
「今日もカッコいいなぁ」
「ただのハゲたおじさんだけどね」
「ちょっとおじさんって呼ばないで
立川さんでしょ」
「はいはい 立川さん」


渋谷カレン 13才

私の好きな男性のタイプはハゲてる人だ

友達がスルーするハゲてる人を
好きになったのには理由がある

小3の時に亡くなったおじいちゃんの影響だ

おじいちゃんとはよく遊んでいて
オフロも一緒に入っていた
ツルツルの頭を触るとなんだか落ち着いた
その気持ちが忘れられないのだ

実はそのツルツルの頭と一緒に思い出すのが
おじいちゃんの大きなおちんちんだ
私が触ると喜んでくれた

当時はボッキの意味を知らなかったが
高学年になって知った時にものすごく興奮した
おじいちゃんは私に触られてボッキしていたのだ

小6の時にクラスの男子に
ボッキしてるおちんちんを
見せてもらったが小さかった



「あっ もう行っちゃった」
「今日は雨だから」
「あぁあ」

立川さんは私が利用してる駅につけてる
タクシーの運転手だ

2ヶ月前に見つけて車に近づいて名前を見た

朝も夕方も駅につけてるがいないことの方が多い
お客さんを乗せて遠くに行ったら戻ってこないし
そもそもタクシー運転手は毎日じゃなく
週に2、3回しか乗らないとババちゃんから聞いた


入谷サトミ 58才 通称ババちゃん

パパの母親で駅前のマンションに
ひとりで暮らしている

うちはパパが婿養子なのだ

そのババちゃんもハゲ好きで
話が合うのでよく遊びに行っている

「なかなかいいよね」
「カレンはわかってないね
こんなに髪が残ってたらダメだよ」
「どうして?」
「触るだけじゃないだろ」
「もうババちゃんのエッチ!」

テレビや雑誌でハゲてる人を見つけると
いつもこんな感じだ

「ババちゃんの彼氏に会いたいな」
「ライバルになりたくないからダメだね」
「なるわけないじゃない」
「立川さんもおじさんなんだろ」
「そうだけど・・・」
「カレンとは仲良くしてたいからね ハハハッ」

私も大人になったらババちゃんみたいに
ハゲた人と自由に付き合えるのに

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1760位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
72位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析