FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義妹の笑顔に包まれて(3) 「しょうがないな 遊んでやるか」

「しょうがないな 遊んでやるか」

俺はスズの横腹をくすぐった

「わっ ハハッ ダメ! お兄ちゃん」

スズは悶えながらさらに抱きついてきた

「こっちも」

次はおしりの方も揉んでいった

「わぁ くすぐったいよぉ」
「まいったか」
「ううん 楽しいからもっとして」

スズの体を触っているとボッキしてきた

一緒に住みはじめて何度となく
抱きつかれていたが
この日はたまっていたこともあって
はじめて女として意識してしまった

「じゃあ おしりモミモミの刑だな」
「ハハハッ モミモミだって」
「ここで四つんばいになって」
「うん」

スカートをはいてるのでパンティが丸見えだ
そのパンティごとおしりを揉んでいった

「わっ お兄ちゃん」
「どんどん激しくするからな」
「いいよ」
「まいったって言うまでやめないから」
「わかった~」

少しゆるめのパンティなので揉むたびに
おしりの穴が見えたりする

「キャハハッ 楽しいな」
「まいったか」
「ううん 全然 わぁ ダメ~」
「おしりの穴見えてるぞ」
「ウフフッ」

スズは自分でパンティを下ろした

「もっと見て」
「女の子はこんなことしちゃダメなんだぞ」
「お兄ちゃんにしかしないよ」
「本当か?」
「うん!」

ワレメはキレイに閉じているので
おしりを揉みながら開いていった

「わぁ もうダメ~」

もっとじっくり見たいが時間もなくなってきた

「じゃあ そろそろ行く準備しないと」
「え~」
「また明日遊んでやるから」

トイレに行ってたまっているモノを出した
バイト中はさすがにオナニーする間がない
ひとりなのでトイレに行くのも大変なのだ







関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
仮想通貨
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2081位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
92位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。