FC2ブログ

シェアハウスの天使たち(1) 「お兄ちゃん 制服脱がせて」

「お客さん シェアハウスってご存知ですか?」
「えっ あっ 一応」
「実はここのオーナーさんに頼まれてる物件があって
もしよかったら検討してもらえたら・・・」
「場所はこのあたりなんですか」
「もっと駅に近いですよ それに家賃も5万円
初期費用も保証金10万円だけで他は免除になってます」
「そんなに安いんですか」

天野ヒロキ 33才

高校を卒業して運送会社に就職
倉庫で仕分け作業をしている

配送助手をしていた頃よりも
カラダを休める時間がなくて大変だが
人間関係はうまくいっている

「天野くんもそろそろ主任だな」
「本当ですか?」
「うちは順番だろ」
「ハハハッ そうですよね」

直属の上司は入社以来変わらず高橋部長だ

配送助手から仕分けに異動したきっかけは
年末の忘年会で酔っ払って悩みを打ち明けたことだった

「僕 もう三宅さんと乗りたくないんですけど」
「そうか でも3月までガマンできないか」

部長は相談されることがわかっていたかのように
話を続けてくれた

「えっ それはどういう・・・」
「本当は3年くらい同じ人と組んでルートと作業を
覚えてからドライバーに昇格なんだよ」
「はぁ・・・」
「まぁ合う人と合わない人っていうのはいるからな
三宅さんは昔気質なところもあるし」
「すいません」
「天野くんを採用したのは私だし出来る限り検討してみるよ
ただすぐは無理だぞ 3月末まではなんとか頑張ってくれ」
「わかりました」

それで2年目からずっと仕分けをしているのだ

バイトを使ってスムーズに進めていくのが
社員の私の役割だがもう10年以上同じエリアを
担当してるので慣れたものだ

ただ毎日が戦場で時間はあっという間に過ぎていく

カラダはきついが休みも多いし
給料もそこそこもらっている

30才になるまでは会社の独身寮で暮らして
お金を貯めてからひとり暮らしをはじめた
今回部屋の更新の年になったので新しい部屋を
探しにきたのだ

今住んでいるところは家賃7万の1LDK
友達を呼ぶために広めなところを選んだのだが
結婚したりしてあまりうちに来なくなった

ここ最近は居酒屋とカラオケが定番で
ゲームしたり朝まで飲むことはなくなった

「天野も早く結婚しろよ」
「結婚したとたんにキャラ変わったよな」
「理想が高すぎるんだよ おまえは」
「そんなことないって」
「もう33だぞ アイドルみたいな子と
知り合えるわけないじゃん」

友達は高校の部活仲間だ

釣り研究会だが釣り好きはいない
どこかに入らないといけない決まりだったので
みんなたまたま選んだだけだ

私がアイドル好きなのはみんな知っている
高校時代も部屋にポスターを貼っていたからだ

独身寮にいる時も癒しのために壁いっぱいに
アイドルのポスターを貼っていた

もちろんそのアイドルたちがオナニーのネタだ
頭の中ではみんな妹に変身する

「お兄ちゃん 制服脱がせて」

決まったアイドルというより10代前半の
女の子に興奮する ロリコンといえばロリコンだ

妄想以外では友達が置いていったAVを
見たりすることもある
私の趣味を知ってるので妹系なんかが多い







関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

新作紹介
カテゴリ
FC2カウンター
Kindle電子書籍人気作品



i2iアクセスランキング







LINK







リンク
Kindle Unlimited Edition


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1787位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
64位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析