FC2ブログ

「お兄ちゃん 遅いよぉ」

かきながらこっちを振り返った

「かいちゃダメだって」
「だってかゆいんだもん」
「薬塗ってやるから」
「お兄ちゃんが塗ってくれるの?」
「あぁ 沁みるらしいからフーフーしてやる」
「やったぁ」

妹は仰向けに寝転んで足を広げた

「お〇っこの穴のところだよな」
「う、うん 多分 お〇っこのニオイがしたし」
「まずは拭かないとな ちょっと待ってて」

ティッシュを濡らして持ってきた

そして妹のワレメを指で開いていった
こんなにじっくり見るのは今日がはじめてだ


これがモザイクの中身の正体か・・・


「あぁ~ん かゆいよぉ 早く塗って」
「あっ あぁ」

ティッシュで拭いていく

「わっ 冷たい! でも気持ちいい」
「そうか」

僕は顔を近づけてさらに詳しく見ていった

「かゆいところを指をさしてくれ」
「うん ここだよ ここ」

確かにお〇っこの穴あたりだ

「じゃあ 塗るぞ」
「うん 早く早く」

人差し指に薬を塗ってゆっくりとその場所に・・・

「わっ 本当だ 沁みる 変な感じ わぁ~」
「フーフーした方がいいのか」
「うん 早くして」

思いっきりワレメに顔を近づけていった


「フ~ フ~ これでいいか」
「うん あぁ まだ沁みてる もっともっと」
「そっか 効いてるみたいだな フーフー」

ちょっと舌を出せば舐めれてしまう
そう思った瞬間にビンビンにボッキしてきた

今まで妹で興奮したことはなかったのに・・・


「お兄ちゃん もうちょっと塗って」
「沁みるんだろ」
「慣れてきたから それにかゆみもなくなってきたし」
「そんなにすぐに効くなんてすごいな これ」

今度はお〇っこの穴あたりだけじゃなく
クリトリスがあるあたりにも塗っていった
いいのかどうかわからないけど・・・

「あんっ ウフフッ 楽しいな」

感じてるんだろうか いやっ 違うかな
それより早くトイレでオナニーしないと暴発してしまう

「じゃあ おわりおわり 薬戻してくるから」
「えっ またかゆくなるかもしれないのに
置いておけばいいじゃない」
「大丈夫だって」


「あっ あぁ~」

2階のトイレでシゴきまくって発射した

もちろん目に焼きついた妹のワレメがネタだ
僕もケンジと同じになってしまった


「お兄ちゃん 明日朝起きた時どうなってるか見てね」
「そうだな まだかゆいんだったら病院行かないと」
「えっ・・・注射されちゃうのかな」
「間違いないな」
「イヤだ イヤだ お兄ちゃん もっと塗って」
「塗り過ぎもダメだって今はかゆくないんだろ 
もう治ったんじゃないか」
「夜中にかゆくなったら起こしてもいい?」
「あぁ」
「お兄ちゃん 大好き!」
「ハハハッ」

一度意識してしまおうともうダメだ
明日の朝が楽しみになってきた

「おやすみ~」
「あぁ おやすみ」


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

「おばあちゃん」
「なんだい 夜這いに来たのかい」
「えっ 夜這いって何?」
「知らないのかい」
「うん」

「私の時代にもなかった慣習だけどな
夜中に相手のいない女を男が襲いに行くことだ」
「えっ そんなことしたら警察に捕まるでしょ」
「昔は男の方が強かったから大丈夫だったんだ
そんなことを通報する女もいなくてな」
「うわぁ・・・」
「男がいない女にとってはありがたい慣習だよ」
「おばあちゃんには全然関係ないね」
「ハハハッ そうだね」

「あっ そうだ 夜這いの話じゃなくて
エリカがかゆがってるんだけどどれ塗ればいいかな」
「どこをかいてるんだい」
「お〇っこが出るところなんだけど」
「ハハハッ あんな格好でいるから虫にでも刺されたか」
「刺されるのはいつも僕の方なんだけど」
「そういえばあの子はあまりかゆいとか言ったことないね」
「うん」

「ちょっと見せて まだ入ってるかな」
「専用の塗り薬があるの?」
「あぁ デリケートな部分だから何でもはダメなんだ
ただあんたらが生まれる前にスズカさんも
そんなことがあってスグルが・・・あったあった」

救急箱の塗り薬のひとつを受け取った

「アキラが塗ってやるといい」
「自分で塗れるって」
「まぁ そうなんだけど沁みるらしいから
塗ったあとフーフーってしてやればいい」
「そうなんだ」
「まさかだけどエリカを見て興奮はしないだろ
毎日のように見てるんだし」
「当たり前じゃない」
「でも万が一ってことがあるからテストしてみようかね
ちんちんを出してごらん」
「えっ!?」
「早く」
「う、うん」

恥ずかしいというより何をするつもりかわからないので
戸惑ってしまった

「ほれっ」

祖母は裾をめくってワレメを見せてきた

「おばあちゃん・・・」

さすがに全く反応しない

「大丈夫みたいだね」
「何度も見てるし」
「ハハハッ そうだね でも最近は見てないだろ」
「そうだけど おばあちゃんだし」
「合格だ じゃあ 早く行って塗っておやり」
「うん おやすみ おばあちゃん」
「あぁ」


「今日もやってるよ 見よう見よう」
「あぁ」

僕らの好きな番組は海とか港を紹介するモノだ
ここは山の中なので憧れというのもある

夏休みに友達と自転車で海まで行く計画を立てている
妹にまだ話してないのは一緒に行くと言いそうだからだ
さすがに野宿するかもしれない自転車旅には連れていけない

友達の名前は南野ケンジ 

父親は林業をしているが跡を継がないと言っている
東京の大学に入ってひとり暮らしをするのが目下の夢だ


「うわぁ すごいね 透明だ 透明だ」
「沖縄の海もこんな感じだったよな」
「うん」

僕らもだが父もまだ本物の海は見たことがない
あくまでもテレビで見たことがすべてだ


妹はまだ夜の気温は低めなので上だけは着ているが
パンツははいていない

ケンジはこの間うちに来た時に
妹のワレメを見て興奮していた

こんなタテスジよりも温泉で見るおっぱいの方が
僕にとってはオナニーのネタになる

ただワレメの奥まで見れば興奮するかもしれない
さすがにじっくりは見たことはないからだ


「お兄ちゃんもパンツ脱げばいいのに
おちんちんが苦しいでしょ」
「苦しいわけないだろ」
「そうなんだ」

「あぁ ちょっとかゆいなぁ」

妹はワレメをかきはじめた

「おいっ 汚いだろ」
「ウフフッ お母さんには内緒にしてね」

そして指のニオイを嗅ぎはじめた

「お〇っこのニオイがする」
「汚いなぁ 全く」
「かゆいんだもん お兄ちゃんも時々かいてるじゃん
おちんちん」
「直接じゃないから」
「じゃあ かくためにちょっとはこうかな」
「手遅れだろ」

「お兄ちゃん どっちがいい?」
「同じだろ」

パンツを2枚ヒラヒラさせている

「ほらっ こっちはリボンがついてるでしょ」
「本当だな こんなのいつ買ってもらったんだ」
「お母さんの友達にもらったんだよ
お兄ちゃんも何かもらってたじゃん」
「くつしか見せてもらってないぞ」
「そうだっけ まぁ いいや こっちはこうっと」

妹はパンツをはいてからまたかきはじめた

「早く暑くならないかなぁ」
「もうすぐだろ 5月なんだから」
「そうだね 今年もくらげの滝で遊ぼうね」
「観光客が増えてきたからなぁ」
「禁止じゃないでしょ」
「いやっ 今年から禁止になるかもよ」

ここから歩いて15分くらい行ったところに
くらげの滝はあるがネットで話題になり
去年の夏の終わりから観光客が急に増えてきたのだ

それで旅館も忙しくなったので父は喜んでいるが
遊び場の少ない僕らにとってはそんなに嬉しくない話だ

もうビニールプールで遊ぶ年でもないし
お客さんがいない時は露天風呂で泳いだりするけど
夏に熱い温泉はイマイチだ


「あぁ かゆい かゆい」
「そんなにかゆいなら何か塗った方がいいんじゃないか」
「何塗ればいいか わかんないもん」
「おばあちゃんに聞いてきてやろうか」
「うん」

2階にある救急箱を持って1階の祖母の部屋に向かった

まだ明かりがついてるので入っていった


「エリカ いい加減にしなさいよ」
「だって~ この方が気持ちいいんだもん」
「あなたも何とか言ってくださいよ」
「いいじゃないか まだ子供なんだから」
「そんなこと言ってたら成人式までずっとこのままですよ」
「まさか ハハハッ」


僕の名前は水上アキラ

両親と妹それに祖母の5人で暮らしている


父はスグル 母はスズカ

うちはこの温泉街で旅館【花風の郷】を営んでいる

昔は旅館の2階で暮らしていたらしいが
今は道路を挟んだ向かいにある家で暮らしている


祖母はサチエ

女将というシステムは特にないが今も現役で働いている
性格は大らかで妹がかなり影響を受けている


妹はエリカ 

こんな田舎でも珍しいくらいに野性的で
とにかく小さい頃からすぐにハダカになりたがる


「でも今日の旦那さんは大きかったねぇ」
「ちょっとお義母さん 子供たちの前で・・・」
「背の話だよ スズカさんは何のことを言ってるんだい」
「えっ!?」
「ハハハッ やられちゃったな おまえ」
「はぁ・・・もう」

祖母は誰と話す時でもスケベなことばかり言っている
お客さんもそれが楽しみで来ているに違いない

男湯を掃除するのも大勢入ってる時を狙ってしていると
僕に教えてくれた


『男がおっぱいを好きなように女はちんちんが
大好きだからな ハハハッ』
『ふ~ん』

今考えると過激だがそれを聞いた時は何とも思わなかった

祖父が亡くなる前は時々止められてたらしいが
もう誰も止める人はいない


家は3階建てで1階が祖母2階が両親
そして3階に僕と妹の部屋がある

空き部屋が1階と2階にあるので旅館が満室の時には
常連限定で泊めたりしている

あと旅館には祖父の時代からいる村瀬さんが
住み込みで働いてるので暇な時期は家族揃って
ごはんを食べたり出来る

村瀬さんは60才 独身
間違いなく祖母の餌食になってるはずだ


父が四代目で僕が五代目になるので
学校を卒業したらこの温泉街で一番大きいホテルに
料理とサービスの修行に行くことになっている
仕事は忙しい時は大変そうだけどみんないるので
別の仕事をしようとは思わない

結婚したら妹に下に移ってもらって
3階をすべて使わせてもらう予定だ


「アキラは最近のぞきに来なくなったね」
「そりゃあ・・・」

祖母のススメで女湯に入れない年になってからは
のぞかせてもらっていた
その代わりに旅館の手伝いをするという感じだ

「まぁ 若い女は滅多に来ないしな」
「お義母さん・・・」
「私が代わりに性教育をしてやってるんだろ
感謝しておくれ」
「本当に母さんは元気だよな」
「スグル スズカさんを満足させてるのかい
何だかさっきからイライラしてるみたいだけど」
「えっ あっ ちゃんとしてるって」
「何をだい フフフッ」
「・・・お義母さん」

「あぁ そろそろ旅館に戻ろうかな」
「一発やってからでいいだろ」
「ハハハッ 一発だって おばあちゃん面白~い」
「一発の意味はわかってんのかい エリカは」
「知らな~い ウフフッ」

ハダカになるというだけで妹はまだ性の知識がない
ただ開放感を楽しんでるだけだ


「じゃあ 私は明日のために早く寝ようかね」

「スグル エリカは11時には寝かせてよ」
「うん」

そして妹と3階に上がった



楽しい時間-温泉旅館の仲良し兄妹-【Special Edition】の
電子書籍の販売を開始しました

<収録作品> 

1. 楽しい時間-温泉旅館の仲良し兄妹-  
2. 川の字姉妹
3. 普通の家族

Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

表題作は書き下ろしの新作小説です

※同時収録の「川の字姉妹」と「普通の家族」は
現在発売中の電子書籍と同じ内容となっておりますので
購入する場合はご注意ください



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

ロリータ小説傑作選集・となりの姉妹【Special Edition】の
電子書籍の販売を開始しました

<収録作品> 

1. となりの姉妹-菜々子と涼花-  
2. となりの姉妹-若葉と青葉-

Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

※同タイトルの電子書籍は現在発売中ですが
今回大幅に加筆・修正を行いましたので
すでに読まれた方にも楽しんでいただけると思います



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます


ロリータ小説傑作選集・シェアハウスの天使たち【Special Edition】の
電子書籍の販売を開始しました

<収録作品> 

1. シェアハウスの天使たち  
2. ローズハウスの子猫たち

Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

※同タイトルの電子書籍は現在発売中ですが
今回大幅に加筆・修正を行いましたので
すでに読まれた方にも楽しんでいただけると思います



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

ロリータ小説傑作選集・姪と古民家【Special Edition】の電子書籍の販売を開始しました

<収録作品> 

1. 春休み・姪・古民家   
2. 夏休み・姪・コミケ
3. 夏休み・姪・似顔絵
4. SKIP・姪・踊ってみた

Kindle Unlimited用に再編集した
複数の作品が楽しめる特別版です

※同タイトルの本編は現在発売中の電子書籍と同じ内容ですが
「夏休み・姪・似顔絵」と「SKIP・姪・踊ってみた」は
未発表の新作エピソード(各15ページ程度)となっております



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

川本と一緒にいることが多くなった

普通の家族について教えてくれたので
特別な友達になったのだ


「一緒に見ようと思ってケースだけ眺めてたんだから」
「別に先に見ればよかったのに」
「はじめてだから・・・」

川本は親戚からエロDVDを手に入れたので
一緒に見ようと声をかけてくれた

「北園くんは興奮しないかもね
いつも目の前で見てるから」
「父ちゃんと母ちゃんだからな」
「セックスはセックスだし」

「じゃあ 再生するね」

川本だけじゃなく僕もはじめてのAVなのだ


「おぉ~」
「わぁ・・・」

川本のところは部屋に鍵がついてるので
落ち着いてオナニー出来る

「あっ あぁ~」

先に川本が発射した

「やっぱり北園くんは慣れてるから」
「いやっ これはすごいな」
「おばさんのおっぱいも大きいんでしょ」
「あぁ でも形が違うから」

母ちゃんは垂れ乳なのでちょっと違う


『お兄ちゃん』


いろんなシーンが次々と出てきたが
兄妹モノになった


『いいのか』
『うん たくさん中に出してね』


将来うちの妹がこんなこと言い出したら・・・


「あっ あぁ~ はぁ はぁ」


「妹で出すなんて」
「たまたまだよ」
「そうかなぁ 僕はお兄ちゃんしかいないから
妹がどんな感じかわからないけど」
「家族だって ただの」
「でもハダカはよく見せ合ってるんでしょ」
「まぁ うちはそれが普通だから」
「危険だなぁ」
「ハハハッ 危険なわけないだろ まだ成長してないし」
「これからもずっと一緒に入るでしょ」
「まぁ そうかもしれないけど・・・」


『お兄ちゃん 私が洗ってあげるね』


さらに兄妹のシーンが続いた


『あぁ~ん ダメだよぉ』


無理やり口の中にねじ込む兄
そして顔に思いっきりかけて兄妹シーンは終わった


「じゃあ 今度はこっちね」
「あぁ もうオールナイトで見たいくらいだ」
「土曜日だったらいいよ」
「本当か」
「うん 先に言っておかないといけないけど」
「じゃあ 来週で予約な 今週は焼肉だから」
「わかった 言っておくよ」


「よっしゃ 母ちゃん やるか」
「まだこの子たち食べてるじゃないの」
「いいだろ おまえたち」
「どうせするのにわざわざ聞かなくていいって」
「ウフフッ」


北園タケル 

うちはごく普通の家族だと教えられてきたが
かなりおかしいことを最近知ってしまった


父はダイサク

仕事は倉庫でフォークリフトに乗っている

小学校の夏休みの時に一度見に行ったことあるが
本当に広い倉庫でびっくりした


母はケイコ

仕事はスーパーでおかずを作っている

小さい頃から遊びに行ってるので
スーパーは僕らにとっては遊び場みたいなものだ

2人は同級生で交際は高校の時からと聞いている
僕が出来たので結婚した


妹はキミカ

僕と違ってまだ普通の家族だと信じているが
知ってしまうのも時間の問題だろう


家は縦長の2DKだがふすまは外してあるので
10帖の部屋と台所という感じになっている


「食後は母ちゃんのおっぱいに限るぜ」
「あんたもうビンビンじゃないか」
「当たり前だろ ビンビンだからはじめたんだ」
「アハハッ もう 噛むのはやめて」

セックスを見ながらの食事も慣れれば普通だ
ただこれが普通じゃないことを知ってしまった


『えっ!?北園くん 何を言ってるの?』
『あぁ 言っちゃいけないんだよな』
『違うよ そんなことあるわけないでしょ』
『誰にも言わないって どんな感じなんだ
川本のところは家が広いから楽しめそうだよな』
『ありえないよ 親が目の前でセックスしてるなんて』
『いやっ でもそれが普通って教えられてきたんだけど』
『北園くん 今まで誰にも言ってないの?』
『まぁ 一応言っちゃダメって言われてたし
でも他のところも気になってきてさ』
『はぁ・・・秘密なんじゃなくてないよ そんな家』
『ウソだろ』
『北園くんにウソなんかつかないって』
『・・・どうしよう』
『別にどうもしなくていいと思うけど
いやっ 妹には教えた方がいいんじゃない
多分いつかは気づくだろうけどまだなんでしょ』
『あぁ 間違いなく気づいてない 俺でも今日だぞ』
『ハハハッ でも面白いね』
『笑い事かよ』
『自分の家でそんなことがあったらって思うと
気まずいなんてもんじゃないし』
『そういうものなのか』
『一緒に寝てるとかはあるだろうけどね
気づかれないようにしてるはずだよ』
『目からウロコだよ 父ちゃんに聞いてみようかな』
『やめた方がいいんじゃない やりにくくなるでしょ』
『そうだよな』


父ちゃんと母ちゃんはどうしてウソを教えたのだろう
気にはなるけど聞かない方がいいのかな


「父ちゃん 今日も元気だね」
「あぁ」
「兄ちゃんはビンビンになってないじゃない」
「まだ食べてるからな」
「食べてるとビンビンにならないの」
「なる時もあるけど」

妹が僕のちんちんを触ってくるのはいつものことだ

「早く母ちゃんみたいなおっぱいになりたいな」
「ハハハッ あそこまで大きくならないんじゃないか」
「なるよ」

徐々に膨らんできてるが妹の友達2人の方が大きい

近所に住んでるカエデちゃんとアイちゃんで
時々遊びに来るのでよく知っている


「あぁ~ おなかいっぱい」
「よく食べたな」
「早く大きくなりたいもん 兄ちゃんはまだ食べるの」
「キミカよりも大きくならないと」
「ウフフッ 兄ちゃんは男だからおっぱいじゃなくて
おちんちんでしょ」
「背だよ 背」
「じゃあ おちんちんはこのままでいいの?」
「背が伸びれば大きくなるって ちんちんも」
「そうなんだ」


「あぁ~ん あんた いいわぁ」
「おぅよ 母ちゃん これでどうだ」
「あんっ あんっ」

「私はトイレに行こうっと」

妹は食べたら出すのが習慣なのだ

食べ終わってオフロに入っていると
妹が入ってきた 父ちゃんたちが先の時もある


ガチャッ

「いっぱい出たよ」
「だから報告しなくていいって」
「ウフフッ キレイにしないとね」

おしりの穴にシャワーを当てていく

「あぁ 気持ちいい」

僕は湯船の中でちんちんをシゴきはじめた

ジャッパ~ン!!!

「ハハハッ」

妹が湯船に飛び込んできた


「兄ちゃん おちんちんビンビンだぁ」



ガチャッ

「おまえたち温まってるかぁ」
「ウフフッ 父ちゃんのおちんちん小さくなってるぅ」

「もっと広いオフロがあるうちに引っ越したいね」
「そうしようよ 母ちゃん」
「あんたたちにお金がかかるからまだ無理よ」
「貧乏しながら広い家に住むよりも
好きなモノ食べてこの家に住む方がいいだろ」
「そうだね」
「タケルはひとり部屋が欲しいのか」
「欲しいけど貧乏はイヤだよ」
「だよな 焼肉が食べられなくなるからな」
「いちごは?」
「1年に1回だな」
「無理~」
「ハハハッ」


「普通の家族」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は書き下ろしの新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「あぁ ビールがうまい!」
「あんた飲み過ぎないでよ」
「わかってるって」
「この間は母ちゃんが酔っぱらいだったじゃない」
「ハハハッ そうだよな キミカ」
「あぁ 早くタケルとも飲みたいわ」
「私は?」
「キミカはまだまだだから」
「3つしか変わらないよ」
「そうね ウフフッ」

「兄ちゃん 今日は楽しかったね」
「あぁ どっちが中条と付き合うのか早く知りたい」
「月曜日に2人とも告白するって言ってたよ」
「先に言った方が勝つんじゃないか」
「どっちも好きじゃなかったら私が付き合おうかな」
「ケンカになるぞ さすがに それは」

「おいっ タケル もっとニンニクを入れろ」
「入れてるって」
「精力をつけないと男は終わりだからな」
「またその話」
「ウフフッ」
「明日は日曜日だからニオイも気にしなくていいしね」
「母ちゃんは仕事じゃない」
「私は裏方だから問題ないって」
「まわりの人が迷惑するんじゃない」
「もう慣れてるって みんな」
「それに前はガムだったけどこの間のグミは
かなりニオイが消えたよな」
「儲かってるからいろいろサービスが良くなってるのね」

「母ちゃん ここで働けばいいのに」
「じゃあ キミカはとなりのクラスで授業受けたい?」
「えっ」
「友達がいるところの方がいいでしょ」
「うん」
「何でも慣れた場所が最高なのよ」
「そっか だからずっと父ちゃんといるんだね」
「ハハハッ でも20年以上一緒だから飽きたかも」
「おいっ おまえ」
「ウソに決まってるでしょ あんたこそ飽きてない?」
「飽きるわけないだろ」
「ここ家じゃないからハダカにならないでね」
「キミカ!外ではそういう話はしないでって言ったでしょ」
「あっ ハハハッ 言っちゃった」

-以上-


プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍人気BEST10
1. ユニットバスの奇跡
2. 蚊に刺された妹
3. 日焼けした妹と遊ぶ夏休み
4. 妹は見た!  
5. 親戚女子 
6. 僕と妹 vol.1
7. こどもだけの時間
8. ケンとユキ姉
9. ミラクルチェンジ
10. 妹とワンルーム
最新記事
amazon







アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1473位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
49位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析
LINK







リンク
電子書籍紹介



アクセスランキング
Kindle電子書籍











i2iアクセスランキング
小説相互リンク

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR