FC2ブログ

”雨降ってきちゃった
お兄ちゃん駅まで迎えに来て^^”

妹のユイからメッセージが入った

ひとりで夕食を食べてオフロにまで入り
のんびりテレビを見ていたところなので
ちょっと面倒だが仕方ない

”わかったよ”

”お兄ちゃん 大好き!!”

【≪短編小説≫ 「雨の日」】の続きを読む

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
「スクランブルティーチャー ~先生大好き!~」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は「スクランブルティーチャー」のシリーズ完結編です



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

毎年夏になるとこっちが望まなくても
生徒は薄着になってくれる

「暑いから脱いじゃおっと」
「シンちゃんだけずるいよ」
「じゃあ 先生も脱ごうか」
「脱いで 脱いで」

シンジくんと僕は上半身ハダカになった
もうみんな慣れてきたのでわりと自由だ
こっちとしても勉強さえしてくれれば問題ない

「クミコ 私たちも脱いじゃおうか」
「ユミちゃん ママに怒られるよ」
「いないから言ってるのにノリ悪いなぁ」

-以上-



第一弾・第二弾も絶賛発売中ですのでよろしくお願いします
「なんだか変だね」
「あぁ ヒナって呼んでたっけ」
「そうだよ お兄ちゃん」

6年前に両親の離婚をきっかけに
離れ離れになった妹と再会した
妹は母と暮らしていたが母が再婚することになり
また父と僕と3人で暮らすことになったのだ

【≪短編小説≫ 「再会」】の続きを読む

「あぁ このぶどう美味いな」
「だろ」
「さすがに月曜は大変みたいだな」
「いやっ 金曜も連続だから」
「でも週休3日だから関係ないよな」
「あぁ 土曜は2時間だけだし」
「それで月10万プラスボーナスかよ」
「合格請負人だから」
「自分から言い出したか ついに」

【スクランブルティーチャー ~先生大好き!~ (5)】の続きを読む

「どう? 頑張ってる」
「おばあちゃん ママは?」
「お酒飲んでるわ」
「このぶどうどうしたの?
さっきは何も言ってなかったけど」」
「向かいのキムラさんにおすそ分けを
もらってたの忘れてたのよ」
「美味しいなぁ」
「トダくんの分は残してあるから」
「きっと大喜びだよ」

【スクランブルティーチャー ~先生大好き!~ (4)】の続きを読む

「先生 今年もよろしく~」
「Sクラスから脱落しないように
頑張っていかないとな」
「ちょっと自信ないなぁ」

月曜日はマイコちゃんのあとに
実家でユイを教える

夕食を食べたあとに2時間ほどだ

【スクランブルティーチャー ~先生大好き!~ (3)】の続きを読む

「先生 またよろしくね」
「はい」
「まぁ 成績も上がってるし
寝ないようにしてくれればいいから」
「ハハハッ」
「私はシンヤの面倒みないといけないし」
「そうですね」

マザコンのシンヤくんは中学生になっても
何も変わってないようだ

【スクランブルティーチャー ~先生大好き!~ (2)】の続きを読む

「こたつ大好き妹とのんびり過ごす冬休み」の電子書籍の販売を開始しました

春夏秋冬シリーズのラストを飾る冬編です 是非よろしくお願いします!



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「私 今日からこたつで寝るから」
「ダメよ 風邪ひいちゃうわ」
「風邪ひかなければいいんでしょ」
「それは・・・」

妹は宣言どおり風邪をひかずに冬を越した



森川ミドリ 11才

小4でこたつに目覚めた変わり者

寒くなると学校から帰ってから
ずっとこたつに入っていて
運動を全くしないので冬の間は太っている


僕はタクミ 16才

ごく一般的な高校生で
中学の時からエッチなことにしか興味がない

妹がこたつなら僕はオナニーだ
毎日しないと気がすまない


うちは母子家庭で3人暮らし

向かいに祖父と祖母が
猫と一緒に暮らしている

ただ僕が猫アレルギーなので一緒に住めない

とにかく祖母の猫好きは異常で
孫の僕らよりも猫を大切にしている

「今日は早く帰ってくるの?」
「どうして?いつもどおり8時過ぎよ」
「ごはんの用意してないみたいだけど」
「ウソでしょ ちゃんと頼んでるわよ
ちょっと待って 電話するから」

向かいだが僕はもちろん近寄れないし
妹はこんなことではこたつから出ない

「猫が元気ないから無理だってさ」
「お祖父ちゃんは?」
「飲みに行ったって」
「食べるものないよ」
「急いで帰るから待ってて」

最近は母が冷凍食品をまとめ買いしてくるので
飢え死にしそうなことはなくなったが
祖母の猫好きにはみんな困っている


妹がこたつ生活をはじめて
よかったことと残念なことがひとつづつある

-以上-



☆春夏秋冬シリーズは好評発売中!(夏と秋は連作です)
「ヒデのおかげだわ」
「何かあったの?」
「ユイがSクラスに選ばれたのよ」


サイトウヒデノリ 26才

姪のユイを私立の中学に合格させたことで
家庭教師として他の子供も教えることになり
その子たちも無事合格させた

今年は3年目になるがまた昨年より2人ほど増えて
6人の生徒を教えることになっている

【スクランブルティーチャー ~先生大好き!~ (1)】の続きを読む

この間抱きしめた時の感触が忘れられず
毎日のように妹にちょっかいを出すようになった


「お兄ちゃん」
「ん?」
「お祖父ちゃんね 水着の女の人のだけじゃなく
ハダカばっかりのDVDも持ってたよ」

アイドルビデオを見てることは
妹から聞いて知っていたがAVまで見てるとは

【こたつ大好き妹とのんびり過ごす冬休み(5) 「内緒にするよ ここで一緒に見よ」】の続きを読む

「こんにちは~」
「あぁ カナちゃんかい」
「はい また遊びに来ました」

「こたつ入ろうっと」
「エルとエムが入ってるから気をつけてな」

お祖母ちゃんの家には5匹猫がいて
アルファベット順に名前をつける習慣で
死んじゃったり家出したりで今はエムが新入りだ

【こたつ大好き妹とのんびり過ごす冬休み(4) 「私は女の子だもん 興味ないよ」】の続きを読む

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
48位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析