FC2ブログ

「家に行ったの?」
「それはさすがに・・・」
「どうして」
「ギラギラしてるんだもん」
「いいじゃない もうご主人とは
10年以上ごぶさたなんでしょ」
「一応不倫になるしさ」
「そんな若い人みたいに」
「簡単に言わないでよ」
「じゃ 私が代わりに・・・」
「私に惚れたのよ」
「惚れた人にいきなりあんなことする?」

【ハレンチファミリー(10)】の続きを読む

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
ハナエは孫のタダシにしたことを後悔していた

「あぁ やりすぎたわぁ」

今日は近所に住む幼馴染のヒサコが
やってくることになっていた

【ハレンチファミリー(9)】の続きを読む

「ごめんね 私ちょっと変なの」
「はぁ」
「ただね もう好きになっちゃったから
告白しておきたいなって」
「はぁ」
「高校生ってわかってるんだけど」
「・・・・」
「私はもうすぐ23才になるわ
職業は家庭教師で 今は将来のために勉強してるの」
「・・・」
「どうすれば信じてくれるかな」
「えっと・・・」
「何々」
「いやっ 僕なんか好きってどこが・・・」
「顔よ 最初は 今は声も好きだけど」

【ハレンチファミリー(8)】の続きを読む

僕は放課後2人と別れて図書館に向かった
大学受験のためにコツコツと勉強しているのだ
Hな本に惑わされてるとはいえ
浪人だけは絶対したくないという信念がある

あまりまわりを気にしない方だが
自習室は独特の空気がいつも流れている

ただその日はちょっと違った
なんだか視線を感じるのだ

【ハレンチファミリー(7)】の続きを読む

「ボインボイ~ン」

クラスの男子が服の中にボールを入れて
私の方に近づいてきた

「私ハシモトよ 見て このボイン」
「やめてよ 先生に言うわよ」
「今ボイ~ンって揺れたな」
「ハハハッ」

【ハレンチファミリー(6)】の続きを読む

「で いつ会わせてくれるの」

ちょっと面倒なので忘れてくれないかと
思っていたが覚えていたようだ

「そうだなぁ」
「借りがあるの忘れてないよね
それとこれも」

【ハレンチファミリー(5)】の続きを読む

「ハシモトくん」
「なんだよ キクチ」

キクチは僕の友達で熟女好きな奴だ

「本当にお母さん巨乳なの」

うっかりこの間話してしまったのだ

【ハレンチファミリー(4)】の続きを読む

「お兄ちゃん」
「うん?」
「お祖母ちゃんのおっぱい見た?」
「何だよ それ」
「見てないの?」
「見たけど何だよ」
「どうだった 今でも大きかった」
「そりゃそうだろ」
「ふ~ん」

【ハレンチファミリー(3)】の続きを読む

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
48位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析