FC2ブログ

「いもうと接近中!」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は書き下ろしの新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「お兄ちゃん! お兄ちゃん!」
「まだ起きてたのか 早く寝ろって」
「だって気になっちゃって」

2階は俺と妹の部屋があるだけなので
夜に親たちが上がってくることはあまりない

部屋に鍵はついてないので
妹は勝手に入ってくる

「あとノックしろって言っただろ」
「いいじゃない 細かいことは」
「はぁ・・・」

男についてまだ理解してないようだ
小6なら性の知識がそこそこあるはずだけど

「チュウはもうしたの?」
「だから近いって」

体を密着させてくるだけじゃなく
顔も息がかかるくらい寄せてくる

「教えてくれれば離れてあげる」
「まだだよ まだ」
「え~ どうしてしないの 彼女なんでしょ」
「いろいろとタイミングがあるんだよ」

学校のみんなに内緒なのでチャンスがないのだ

「じゃあ 何したの」
「まぁ 手を繋いだりな」

妹は手を繋いできた

「何だよ」
「こんなの彼女とじゃなくてもするじゃない」
「そりゃ 兄妹だったら普通だろ」
「クラスの男子とも手を繋いだりするよ」
「そんなことしてるのか」
「ダンスの時にみんなと繋ぐでしょ」
「あっ あぁ ダンスな」
「もっとこんな風に抱き合ったりすればいいのに」

妹に恋愛の仕方を教えてもらうとは
情けない気もするが年は関係ない

はじめての恋愛には違いないのだ

「明日香は彼氏いないのか」
「う~ん チュウする男子はいるけど
彼氏なのかはわかんない」
「えっ!?クラスの男子なのか」
「うん 岩崎くん」
「どんな奴なんだ」
「う~ん エッチな男子だよ」
「ダメだろ そんな奴とチュウしたりするのは
明日香は好きなのか そいつが」
「うん 嫌いじゃないよ」

-以上-


スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
「彼女とどんなことしたの?」
「いろいろな」
「ちゃんと教えてよ」
「近いって」
「ウフフッ お兄ちゃん!」
「おっ おいっ・・・」


関口武蔵 18才

ついに俺にもはじめての彼女が出来た

彼女は部活の後輩で1年前から狙っていた


山川恵梨香 17才


「山川」
「はい 先輩」
「俺と付き合わないか」
「えっ・・・」

「返事はいつくれるんだよ」
「ごめんなさい こんなことはじめてで」
「俺もなんだけど・・・」

「じゃあ・・・」
「付き合ってくれるのか」
「は、はい でも・・・」
「何だ」
「まだみんなには内緒にしててほしいっていうか」
「あっ あぁ わかったよ」


学校のみんなには秘密だが家族には報告した


「本当か!?武蔵」
「うん」
「よかったわね」
「ずっと片想いだったから本当に嬉しくて」
「私も彼氏作ろうかな」
「まだ明日香には早いわよ」
「そうだ そうだ」
「ハハハッ」

「どうしたんだい にぎやかだね」
「お義母さん 武蔵に彼女が出来たんですよ」
「そうかい それはよかったね」

その日の夜はケーキも用意されて
クリスマスのようなパーティが開かれた

「今度うちに連れてこいよ」
「うん いつになるかわからないけど」
「私も早く会いたいわぁ」
「でも親に会わせるとかハードル高すぎるって」
「ハハハッ 確かにな」
「そうね 私も高校の時には・・・」
「元カレの話したら離婚だからな」
「大和!子供の前で何を言ってるの」
「・・・ごめん 母さん」
「ハハハッ パパ 怒られてるし」


父は大和 45才 建設会社勤務

競争率の高かった母を射止めた強運の持ち主だ
男らしい見た目だが性格は繊細ですぐ落ち込む


母は今日子 42才 専業主婦

顔が美形なので子供の頃からモテてたようだ
俺は母似だが男なのでそれほど恩恵は受けてない


祖母は弘美 64才 未亡人

父と正反対で豪快な性格
祖父が亡くなってからは旅行三昧

国内の温泉をすべて制覇する勢いで
毎週どこかに旅行している


妹は明日香 12才 小6

好奇心旺盛な性格

俺とは年も離れてるし共通の話題もないので
一定の距離があった

ただ彼女が出来てからまとわりつくようになった


「お兄ちゃん! お兄ちゃん!」
「まだ起きてたのか 早く寝ろって」
「だって気になっちゃって」

2階は俺と妹の部屋があるだけなので
夜に親たちが上がってくることはあまりない

部屋に鍵はついてないので
妹は勝手に入ってくる

「あとノックしろって言っただろ」
「いいじゃない 細かいことは」
「はぁ・・・」

男についてまだ理解してないようだ
小6なら性の知識がそこそこあるはずだけど

「チュウはもうしたの?」
「だから近いって」

体を密着させてくるだけじゃなく
顔も息がかかるくらい寄せてくる

「教えてくれれば離れてあげる」
「まだだよ まだ」
「え~ どうしてしないの 彼女なんでしょ」
「いろいろとタイミングがあるんだよ」

学校のみんなに内緒なのでチャンスがないのだ

「じゃあ 何したの」
「まぁ 手を繋いだりな」

妹は手を繋いできた

「何だよ」
「こんなの彼女とじゃなくてもするじゃない」
「そりゃ 兄妹だったら普通だろ」
「クラスの男子とも手を繋いだりするよ」
「そんなことしてるのか」
「ダンスの時にみんなと繋ぐでしょ」
「あっ あぁ ダンスな」
「もっとこんな風に抱き合ったりすればいいのに」

妹に恋愛の仕方を教えてもらうとは
情けない気もするが年は関係ない

はじめての恋愛には違いないのだ

「明日香は彼氏いないのか」
「う~ん チュウする男子はいるけど
彼氏なのかはわかんない」
「えっ!?クラスの男子なのか」
「うん 岩崎くん」
「どんな奴なんだ」
「う~ん エッチな男子だよ」
「ダメだろ そんな奴とチュウしたりするのは
明日香は好きなのか そいつが」
「うん 嫌いじゃないよ」

エッチな男子ということは
これから妹にいろんなことをしてくるはずだ

「チュウするのはもうやめろ」
「どうして?」
「彼氏じゃないんだろ」
「うん 多分 でもチュウはしたいな」
「どうでもいいチュウだったら
俺とでもすればいいだろ」
「チュウしていいの?」
「ハハハッ 勝手に抱きついてるのに
何をわざわざ聞いてるんだよ」
「だってお兄ちゃんには彼女がいるから
ダメなのかなって」
「遊び程度のチュウならすればいいって
もちろん父さんたちには内緒でな」
「ウフフッ じゃあ 岩崎くんとはもうしない」
「あっ 付き合うんだったらいいんだぞ
まぁ 早い気もするけど」
「岩崎くんは私だけにしてるわけじゃないし」
「そうなのか」
「うん 他の女子にはしないけど先生にしてる」
「ハハハッ すごいな」
「いつも怒られてるけど」
「そりゃ そうだろ」

俺の初恋は先生だった
岩崎くらい勇気があればキス出来たのか

チュッ!

妹は早速キスしてきた

「ウフフッ お兄ちゃんもして」
「あっ あぁ」

彼女とする前に練習出来るのはありがたい
くちびるはこんな感触なのか でも・・・

「明日香 まだ歯磨いてないな」
「あっ バレちゃった」
「寝る前に磨かないとダメだろ」
「じゃあ 行ってくる」
「もう寝る時間だからそのまま寝ろよ」
「え~」
「またいつでもチュウくらいしてやるから」
「わかった おやすみ お兄ちゃん!」

妹とのキスでもこんなに気持ちいいなら
彼女とのキスなら・・・あぁ 早くキスしたい


「お兄ちゃんの言う通りにしたよ」
「そっか 由真さんにはもう言ったのか」
「明日言う予定」


山川伸也 23才 ホスト

私の義理のお兄ちゃんだ

シングルマザーのママが結婚したのは
中3の時で新しい家族が2人増えた


ママは由真 36才 ホステス

高校入学と同時にここに引っ越してきたので
学校の友達は私の旧姓を知らない

パパとはその前から付き合ってたけど
私のために時期を合わせてくれたのだ


パパは大作 54才 夜の店のオーナー

ママとパパは社内恋愛みたいなものだ

ただパパはほとんど家にはいない
別に繁華街近くにマンションを持っているので
だいたいはそこで過ごしている

お祖父ちゃんくらいの年だけど見た目は全然若い
ちなみに私のお祖父ちゃんは57才だ


「もう毛が生えてきてるな」
「え~ ちゃんと剃ってるのに」
「高校卒業したらちゃんと脱毛しろよ」
「うん」

お兄ちゃんはロリコンなのだ

ママがパパと付き合いはじめて
私とお兄ちゃんも会うようになって
すぐくらいに体の関係をもった

もちろん私はその時処女だった


「妹といつかこういうことしたかったんだ」

まだ兄妹になる前だったけど
妹とエッチなことをしたかったみたいで
私を見て興奮していた

お兄ちゃんはアイドルみたいに
カッコいいので最初から全然イヤじゃなかった

「全部剃っちゃうけどいいよな」
「う、うん」

最初のエッチの時に毛は剃られた

お兄ちゃんの部屋にはロリコンのマンガが
いっぱい転がっていてそれを見ながら
いろんなことをされた

今はそのマンガはママに見つからないように
ベッドの下に隠してある

「恵梨香さえいればいいな」
「お客さんは別でしょ」
「仕事だからな」

パパがオーナーのホストクラブで
働いていて店で人気No.3だ
店の看板にも大きく顔写真が出ている

No.1になれないのはお金に困ってないのと
ロリコンなことが理由に違いない
見た目は一番カッコいいのだ

お金持ちなのに仕事をしている理由は
パパに言われたからで跡を継ぐためには
いろいろと経験が必要らしい
パパも元々人気ホストだったのだ

このあたりのことはママから教えてもらった



「これでもう疑われることもないな」
「うん お兄ちゃん 頭いいね」
「でもキスまでだぞ 特にこのワレメを
触らせたら別れるからな」
「そんなことするわけないでしょ
別れるなんて怖いことを言わないで」

最近ママがお兄ちゃんと私の関係を
疑っているのだ

そんな時に先輩に告白されて
それをお兄ちゃんに相談すると
付き合った方が都合がいいと言われた

「すぐ断らなかったのがファインプレーだな」
「返事する前にどっか行っちゃったから」
「ハハハッ」

先輩のことは好きでも何でもない
ただ見た目が私とお似合いな感じがするので
ママに紹介しても大丈夫な気がする

「お兄ちゃんは触らせてるんでしょ」
「仕事だからな 嫌な顔でもして噂になったら
父さんに殺される」
「そんなに怖く見えないけど」
「笑いながら殴るタイプだから 父さんは」
「えっ・・・」
「男にだけだって 何を心配してるんだよ」
「あっ ハハッ・・・」

パパに殴られるところを想像してしまった

「女は商売道具だから丁寧に扱うんだ
全然お金にならないホステスにも
声を荒げたりしないし」
「ふ~ん 道具かぁ」

「恵梨香は俺の遊び道具だよな」
「うん!」

お兄ちゃんに触られるだけで幸せだ
もし嫌われたら生きていけない



プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

新作紹介
カテゴリ
FC2カウンター
Kindle電子書籍人気作品



i2iアクセスランキング







LINK







リンク
Kindle Unlimited Edition


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1856位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
62位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析