FC2ブログ

「ブラコン×ファザコン」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は書き下ろしの新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「ちゃんと見せてよ~」
「何言ってるんだよ おまえは」
「モデルしてくれるって言ったじゃん」



有原スミレ 12才

私はお兄ちゃんが大好きだ

うちの両親は仕事で忙しくしていたので
ずっとお兄ちゃんに面倒をみてもらっていた

一緒にごはんを食べて一緒にオフロに入って
そして一緒のベッドで寝ていた

それなのに新しい家に引っ越してから
大きく状況が変わった 
家のことを叔母さんがやるようになったのだ

叔母さんは離婚してうちにやってきた
今は私と同じ部屋を使っている

3階建ての一軒家で1階はパパとママ
2階は私と叔母さんそして3階はお兄ちゃんと
完全に分かれてしまった

オフロは1階にしかないがトイレは
1階と3階にあるのでお兄ちゃんは
部屋に入るともう下りてこない


「ごはんのあとはもう上に行っちゃダメよ」
「どうして?」
「ケンジくんの勉強の邪魔になるでしょ」
「だってトイレに行くこともあるし・・・」
「1階の使えばいいだけでしょ」
「もし誰か入ってたら・・・」

叔母さんはママに言われたのか
私とお兄ちゃんを引き離そうとしている

だから嫌いだ

それだけじゃない お兄ちゃんは
叔母さんの言うことを何でも聞くのだ

「ごめんね 重たいでしょ」
「大丈夫だよ」
「ウフフッ ケンジくんも立派な男に
なってきたのかな」
「からかわないでよ 叔母さん」
「ハハハッ」

買い物袋を2階に持っていくだけで
何がそんなに楽しいのか

あぁ イヤになっちゃう


「早く脱いで 早く」
「もうすぐ叔母さんが帰ってくるだろ」
「おちんちんくらい見せてくれてもいいじゃん」
「はぁ?ハダカを描くなんて言ってなかっただろ」
「じゃあ お兄ちゃんが私を描いて」
「描かない そんなの誰かに見られたら
ヘンタイ扱いされるからな」
「叔母さんのハダカだったら描くんでしょ」
「そりゃ・・・ まぁ とにかくモデルの話は
おわりだ おわり」
「え~ 見せてよ 描けないじゃん」
「近所の子に見せてもらえよ
そうだ タイチなら喜んで見せてくれるだろ」
「あんな小さいの描いてもつまんないもん」
「俺もそんなに大きくないって」
「本当?大きくないかどうか確かめるから
早くパンツ脱いで」

「ただいま~」

あぁ 叔母さんが帰ってきた
早く再婚でもして出ていけばいいのに


おちんちんを描きたいというのは
あくまでも口実でただ見たいだけだ
もう1年以上見てないので気になって仕方ない

エッチなことを知ってから
お兄ちゃんのおちんちんのことばかり
考えてしまうようになった

一緒にオフロに入ってた時には
見るだけじゃなく毎日のように触っていた
あの時はボッキの意味もわからなかったが
お兄ちゃんは確かにボッキしていた

私のハダカで興奮してたのかもしれない

湯船の中ではいつも抱きついていた
私のおしりにおちんちんが当たったりして
何だかくすぐったかったのを覚えている

もう少し引っ越しがあとだったら
今でもお兄ちゃんとオフロに入ってたのに

私は想像してしまう


「ボッキしてる~」
「何言ってるんだよ」
「エッチなこと考えてるんでしょ」
「そんなわけないだろ」

「私の恥ずかしいところ見ていいよ」
「本当か スミレ」
「お兄ちゃんの好きにして
生理もまだだしそのおちんちんを
入れてもいいから」
「じゃあ・・・」

セックスのことは友達の家のパソコンで
いろいろ調べたので勉強済みだ

ちなみにその友達はパパが大好きだ

-以上-

スポンサーサイト
[PR]

「ちゃんと見せてよ~」
「何言ってるんだよ おまえは」
「モデルしてくれるって言ったじゃん」


有原スミレ 12才

私はお兄ちゃんが大好きだ

うちの両親は仕事で忙しくしていたので
ずっとお兄ちゃんに面倒をみてもらっていた

一緒にごはんを食べて一緒にオフロに入って
そして一緒のベッドで寝ていた

それなのに新しい家に引っ越してから
大きく状況が変わった 
家のことを叔母さんがやるようになったのだ

叔母さんは離婚してうちにやってきた
今は私と同じ部屋を使っている

3階建ての一軒家で1階はパパとママ
2階は私と叔母さんそして3階はお兄ちゃんと
完全に分かれてしまった

オフロは1階にしかないがトイレは
1階と3階にあるのでお兄ちゃんは
部屋に入るともう下りてこない


「ごはんのあとはもう上に行っちゃダメよ」
「どうして?」
「ケンジくんの勉強の邪魔になるでしょ」
「だってトイレに行くこともあるし・・・」
「1階の使えばいいだけでしょ」
「もし誰か入ってたら・・・」

叔母さんはママに言われたのか
私とお兄ちゃんを引き離そうとしている

だから嫌いだ

それだけじゃない お兄ちゃんは
叔母さんの言うことを何でも聞くのだ

「ごめんね 重たいでしょ」
「大丈夫だよ」
「ウフフッ ケンジくんも立派な男に
なってきたのかな」
「からかわないでよ 叔母さん」
「ハハハッ」

買い物袋を2階に持っていくだけで
何がそんなに楽しいのか

あぁ イヤになっちゃう


「早く脱いで 早く」
「もうすぐ叔母さんが帰ってくるだろ」
「おちんちんくらい見せてくれてもいいじゃん」
「はぁ?ハダカを描くなんて言ってなかっただろ」
「じゃあ お兄ちゃんが私を描いて」
「描かない そんなの誰かに見られたら
ヘンタイ扱いされるからな」
「叔母さんのハダカだったら描くんでしょ」
「そりゃ・・・ まぁ とにかくモデルの話は
おわりだ おわり」
「え~ 見せてよ 描けないじゃん」
「近所の子に見せてもらえよ
そうだ タイチなら喜んで見せてくれるだろ」
「あんな小さいの描いてもつまんないもん」
「俺もそんなに大きくないって」
「本当?大きくないかどうか確かめるから
早くパンツ脱いで」

「ただいま~」

あぁ 叔母さんが帰ってきた
早く再婚でもして出ていけばいいのに


おちんちんを描きたいというのは
あくまでも口実でただ見たいだけだ
もう1年以上見てないので気になって仕方ない

エッチなことを知ってから
お兄ちゃんのおちんちんのことばかり
考えてしまうようになった

一緒にオフロに入ってた時には
見るだけじゃなく毎日のように触っていた
あの時はボッキの意味もわからなかったが
お兄ちゃんは確かにボッキしていた

私のハダカで興奮してたのかもしれない

湯船の中ではいつも抱きついていた
私のおしりにおちんちんが当たったりして
何だかくすぐったかったのを覚えている

もう少し引っ越しがあとだったら
今でもお兄ちゃんとオフロに入ってたのに

私は想像してしまう


「ボッキしてる~」
「何言ってるんだよ」
「エッチなこと考えてるんでしょ」
「そんなわけないだろ」

「私の恥ずかしいところ見ていいよ」
「本当か スミレ」
「お兄ちゃんの好きにして
生理もまだだしそのおちんちんを
入れてもいいから」
「じゃあ・・・」

セックスのことは友達の家のパソコンで
いろいろ調べたので勉強済みだ

ちなみにその友達はパパが大好きだ
「私も一緒に入っていいでしょ」
「ダメよ もう子供じゃないんだから」
「生理がはじまっただけなのに・・・」


井上シズカ 12才

私はパパが大好きだ

パパといってもママの再婚相手で
運動神経がよくてカッコいい
血の繋がってないパパの方だ

本当のパパは小太りでハゲている
おこづかいをもらうために
仕方なく月に1度会っているが
面倒で仕方ない


「シズカ 大きくなったな」
「いつもいつも同じこと言うんだから」
「ごめん でも成長してるよ」
「当たり前でしょ 生理もはじまったし」
「そうなのか 赤飯は食べたのか」
「うんうん ママとパパと食べたよ」
「あっ あぁ そうか・・・」

本当のパパのことを何て呼べばいいのか
いつも迷ってしまう
スミレに相談したら父上でいいじゃんとか
テキトウなことを言っていた

まぁ急に呼ぶ機会があるかもしれないので
今日初めて使ってみることにした

「父上」
「えっ!?」
「だってパパは家にいるから」
「あっ ハハハッ でも父上は・・・」
「じゃあ 何て呼べばいいか決めてよ」
「普通にお父さんじゃダメなのか」
「う~ん ハゲてるしなぁ」
「あいかわらず厳しいな シズカは」
「ママに似たんだもん」
「そうだな 美人になってよかったよ
あっ お父さんって呼んでくれるなら
おこづかいをさらにあげてもいいぞ」
「えっ 本当? でもママには内緒だよ
いつもいくらもらったか聞いてくるから」
「あぁ ママにはさっきあげた金額を
言っておけばいいから」

お父さんはさらに5000円くれた
まだお年玉も残ってるのに大金持ちに
なってしまった

スミレに何かおごってあげないとな

「あぁ イヤになっちゃう 叔母さんもウザいし」
「ハハハッ モデル作戦失敗したんだ」
「ちょっと見せてくれればいいだけなのにさ」
「私もパパとオフロに入れなくなったから
スミレと同じだけど」

今日もシズカと一緒だ

「そうだ 今日はおごってあげるからね
好きなだけ注文していいよ」
「どうしたの?」
「お父さんって呼ぶことにしたら
5000円ももらっちゃった」
「いいなぁ でも父上はどうしたの?」
「呼んでみたけどイヤだったみたい」
「そっか じゃあ 今日はいろいろ食べちゃおっと」
「夜ごはん食べれなくなっても
私のせいじゃないからね」
「叔母さんのごはんなんて食べなくていいもん」
「ハハハッ 一緒の部屋なのに
いつもどうしてるの?」
「あんまり話もしないよ」

2階にはキッチンとリビングがあって
部屋は10帖の洋室がひとつあるだけだ
クローゼットが2つあって結構広い
私だけベッドで叔母さんは布団を敷いて寝ている


「お兄ちゃんって叔母さんのことが
好きなんじゃない?」
「はぁ・・・そうなのよ 私には冷たいのに
叔母さんにはニコニコしちゃってさ」
「おっぱいが大きいからじゃないの」
「やっぱりおっぱいだよね~」
「そうだよ ネットに書いてあったじゃない
男は結局おっぱいだって」
「シズカはもう大きくなってるけど
私はまだ小さいからなぁ」
「私もこれくらいじゃママに勝てないし
そうだ 叔母さんの見たことあるの?」
「同じ部屋だもん 見たことあるよ
一緒にオフロに入ったりはしないけど」
「まぁ服の上からでもわかるけどね」

シズカのママのおっぱいはスーパー銭湯に
一緒に行ったりしてるので何度も見ている


「朝早く起きて部屋に行っちゃえば?」
「叔母さんがドアの方で寝てるから・・・」
「トイレに行くフリでいいんじゃない」
「お兄ちゃんが起きちゃうかもしれないしなぁ」
「朝立ちしてるかもよ」
「ウフフッ ボッキしてたら面白そう」
「あっ 想像してるでしょ」
「もちろんだよ」
「スミレのエッチ!」

「シズカのパパだって朝立ちしてるって」
「ママとセックスしてるからしてないと思う」
「あぁ そっか」
「それに横にママが寝てるから近づけないし」
「ハハハッ 寝ぼけてるフリでいいじゃない」
「そっか その作戦があるか」
「ママに抱きついたつもりがパパだったとか」
「バレバレかも」
「でもパパは優しいんでしょ」
「うん ママがいない時は頭撫でてくれたり
あぁ また撫でてもらいたい」
「私もお兄ちゃんに頭撫でてもらいたいな」
「それくらいはしてくれるでしょ
おちんちんは見せてくれなくても」
「う~ん 嫌がるかもなぁ」
「そんなに嫌われちゃってるの?」
「タイチとでも遊んでろってさ」
「あっ タイチくんとは最近学校でも
会ってないな 大きくなったんじゃない」
「まだ全然私の方が大きいよ」

タイチは前の家の時はよく遊びにきていた
引っ越してからは集団登校の班は別々になったが
帰り道が同じなので時々見かけることもある

ちなみに前の家と今の家は
歩いて5分もかからないくらいに近い場所だ


「ねぇ タイチくんでいろいろと
実験しようよ おちんちんの」
「まだボッキしないかもよ 小5だし」
「やってみないとわからないじゃない」
「いいけどね タイチなら言いなりだし」
「面白そう 場所は私の家だね」
「うん うちは叔母さんがいるから」

「あぁ タダで食べるケーキは美味しいわ」
「よかった スミレが喜んでくれて」

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2036位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
80位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析