FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「兄妹日記@龍也と美里」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は電子書籍限定の書き下ろし新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「今日はどこで寝ようかなぁ」


清水タツヤ 16才

両親と妹それに祖父の5人家族
川沿いにある3LDKのマンション暮らし

妹はミサト 12才

好奇心旺盛なぽっちゃり女子

父はハジメ 40才

年より老けて見えるただのおじさん

母はユキエ 40才

社交的な性格でいつも忙しくしている

平日は高校の向かいにあるパン屋で働いていて
いろんな生徒と交流がある
みんなからユキエおばさんと呼ばれている

父とは高校時代から付き合っていて
僕が出来たので結婚したらしい

祖父は桜井ユキオ 65才

母方の祖父 ユキコ伯母さんのところから
今年うちにやってきた


「俺はお祖父ちゃんのところで寝るから」
「また?」
「何だよ 自由だろ」
「怪しいなぁ」
「何がだよ 全く」

祖父が使っている部屋は僕の部屋になる予定だった
ただ祖父がやってきたので
そのまま僕と妹は同じ部屋を使うことになった

そこで母が僕らに提案したのだ


「あんたたち 今日からどこで寝てもいいわ」
「ママのところでもいいの?」
「うん いいわよ 鍵を閉めてない時はね」
「お兄ちゃんはソファで寝れば?」
「ミサトの方がサイズ的にぴったりだろ
あっ オフロで寝ればいいんじゃないか」
「溺れちゃうよ」
「ハハハッ」
「夏はベランダで寝ようかな」
「蚊に刺されてもいいならどうぞどうぞ」
「本当に?」


両親と祖父の部屋には鍵がついている
理由はプライバシーを守るためだ

昔から部屋の鍵が閉まってることがあったが
性について教わって理由が分かった
夜の営みを僕らに見せないためだったのだ

母の提案は今のところ僕のためだ
オナニーしてることはバレてるので
気を使ってくれてるのだろう
鍵付きのひとり部屋が手に入る寸前で
こんなことになってしまったからだ

妹としても今後は僕と一緒に寝ることを
嫌がる時期になるかもしれないので
結局は僕たちのためということだ


「お兄ちゃん 今日は一緒に寝ようよ」
「えっ それは・・・」

僕らの部屋と両親の部屋は
同じダブルベッドが置かれてあって
祖父のところは布団を敷いて寝る

小さい時から僕と妹は同じベッドで寝ている
今は大きくなってしまったのでそうでもないが
昔はかなり広く感じた

「いいでしょ?」
「わかったよ」


-以上-

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
「今日はどこで寝ようかなぁ」


清水タツヤ 16才

両親と妹それに祖父の5人家族
川沿いにある3LDKのマンション暮らし

妹はミサト 12才

好奇心旺盛なぽっちゃり女子

父はハジメ 40才

年より老けて見えるただのおじさん

母はユキエ 40才

社交的な性格でいつも忙しくしている

平日は高校の向かいにあるパン屋で働いていて
いろんな生徒と交流がある
みんなからユキエおばさんと呼ばれている

父とは高校時代から付き合っていて
僕が出来たので結婚したらしい

祖父は桜井ユキオ 65才

母方の祖父 ユキコ伯母さんのところから
今年うちにやってきた


「俺はお祖父ちゃんのところで寝るから」
「また?」
「何だよ 自由だろ」
「怪しいなぁ」
「何がだよ 全く」

祖父が使っている部屋は僕の部屋になる予定だった
ただ祖父がやってきたので
そのまま僕と妹は同じ部屋を使うことになった

そこで母が僕らに提案したのだ


「あんたたち 今日からどこで寝てもいいわ」
「ママのところでもいいの?」
「うん いいわよ 鍵を閉めてない時はね」
「お兄ちゃんはソファで寝れば?」
「ミサトの方がサイズ的にぴったりだろ
あっ オフロで寝ればいいんじゃないか」
「溺れちゃうよ」
「ハハハッ」
「夏はベランダで寝ようかな」
「蚊に刺されてもいいならどうぞどうぞ」
「本当に?」


両親と祖父の部屋には鍵がついている
理由はプライバシーを守るためだ

昔から部屋の鍵が閉まってることがあったが
性について教わって理由が分かった
夜の営みを僕らに見せないためだったのだ

母の提案は今のところ僕のためだ
オナニーしてることはバレてるので
気を使ってくれてるのだろう
鍵付きのひとり部屋が手に入る寸前で
こんなことになってしまったからだ

妹としても今後は僕と一緒に寝ることを
嫌がる時期になるかもしれないので
結局は僕たちのためということだ


「お兄ちゃん 今日は一緒に寝ようよ」
「えっ それは・・・」

僕らの部屋と両親の部屋は
同じダブルベッドが置かれてあって
祖父のところは布団を敷いて寝る

小さい時から僕と妹は同じベッドで寝ている
今は大きくなってしまったのでそうでもないが
昔はかなり広く感じた

「いいでしょ?」
「わかったよ」

妹はひとりでは寝れない
なので一緒に寝ようと言われたら断れないのだ
そもそも僕が祖父の部屋で寝ることにしても
妹が割り込んでくることもよくある

祖父の部屋はベッドじゃないので
布団を2組敷いて3人で寝るだけだ


「ベッドの方がいいのにどうしてなの?」
「転がっても落ちないしいいじゃん」
「お祖父ちゃんの部屋で寝るのって
本当はあんまり好きじゃないんだよね」
「それならここでひとりで寝ればいいだろ」
「ひどいよ お兄ちゃん」
「もう6年生だろ」
「私のこと嫌いなの?」
「そんなわけないだろ」

そうじゃない 
祖父の部屋で寝たい理由があるのだ

「ミサト 向こうで寝るって
だから今日はお祖父ちゃんと寝るよ」
「本当か?」
「う、うん」

祖父が来て2週間くらいたったくらいのことだ
それまでミサトが祖父と寝ることはあったが
僕はその日がはじめてだった

ミサトが祖父の部屋で寝る時は
僕はひとりで自分の部屋で寝ていた

ただ母から言われていた

「ねぇ たまにでもいいからさ
タツヤもお祖父ちゃんと一緒に寝てくれない?」
「う、うん いいけど」
「ほらっ 今まで家族が女ばっかりだったから
タツヤと仲良くしたいみたいで」
「じゃあ 今日一緒に寝るよ」
「そう?ミサトはこっちで捕まえておくから」
「ハハハッ」


小さい時から祖父とはお正月に会ったりしてたが
酔ってることが多くて正直苦手だった

「早くタツヤと飲みたいな」

それが口グセだったが最近は言わないようになった
きっと母が僕の気持ちを伝えたのだろう


ただそのはじめて祖父と寝ることになった日
一気に距離が縮まった

「今日はお酒飲んでないからな」
「飲めばいいのに」
「お酒のニオイ苦手なんだろ」
「う、うん でも飲まないと寝れないって
お母さんが言ってたから」
「ハハハッ 確かにな」

「ユキコのところも女の子ばっかりだろ
本当は俺も息子が欲しくてな」
「う、うん」
「タツヤにこんな話しても仕方ないな
なぁ まだ眠くないだろ」
「うん」

まだ11時過ぎだ 妹は12時前に寝てしまうが
僕は1時くらいまで起きてる事が多い

静まりかえってからトイレでオナニーして
出したりもしてるのだ

祖父はクローゼットの中から
黒いカバンを取り出し僕の前に置いた

「開けてみろ」
「うん」

中にはエッチなDVDと本が入っていた

「興味あるだろ」
「うんうん」

今まで妄想でオナニーしていたので
夢のような瞬間だった

「ハハハッ こういう話出来る相手が
欲しかったんだ」
「見ていい?」
「当たり前じゃないか ずっとタツヤに
見せたくて仕方なかったんだ」

まずは本を取り出した
1冊は外国人のヌード写真集で
もう1冊はコンビニに売ってるような本だ

「うわぁ・・・」
「じっくり見ていいからな」
「ミサト入ってこないかな」
「そうだな 鍵を閉めておこうか」
「うん 僕がやるよ」
「でもミサトが来たらこれを隠して
すぐに開けてやらないとな」
「そうだね」
「ユキエにも内緒だぞ」
「うんうん」

あまりにも刺激的ですぐにビンビンになった

「お祖父ちゃん・・・」
「俺がいると恥ずかしいか
ここでしてもいいんだぞ」
「でも・・・」
「先に出してやるからタツヤも出せ」

祖父はちんちんを出した
使い込まれた大きくてしわしわなちんちんだ

「じゃあ・・・」

僕は恥ずかしいよりも
出したくてたまらなかったので
思いきって祖父の前でちんちんを出した

「おっ 立派じゃないか」
「お祖父ちゃんの方が大きいよ」
「まだまだ大きくなるさ タツヤも」

祖父はティッシュとゴミ箱を
目の前に持ってきてくれた

「俺はもうこんな本じゃ興奮しなくなったけどな」

僕は夢中になってちんちんをしごきながら
ページをめくっていった

「あとで好きなタイプとか教えてくれな」
「う、うん」

「うわっ あっ あぁ~」

5分と持たなかった

「ハハハッ ずいぶん出たじゃないか」
「ニオイとか大丈夫かな」
「ユキエもこの部屋には入ってこない
俺が自分で掃除するって言ってあるから」
「そうなんだ よかった」
「ミサトは入ってくるけどまだわからないだろ」

小6だとちょうど性について知る頃だが
精子のニオイまではわからないだろう

「俺の最近のお気に入りを見せてやるか」

テレビをつけて再生を押すと
すぐにAVが流れはじめた

美人で巨乳なAV女優がこっちを見つめている

「ここまでスタイルのいい女優は
なかなかいないぞ」
「うわぁ・・・」

出したばかりなので大丈夫だが
これじゃ1分も持たないだろう

「お祖母ちゃんっておっぱい大きかった?」
「いやっ これくらいだな」

本に写ってる女性を指さした 十分すぎる

「タツヤが生まれた頃はもう年だったから
垂れてたけど若い頃はそんなだったぞ」
「揉んだりしてたの?」
「当たり前じゃないか 若い時は毎日な」
「いいなぁ」
「結婚すればタツヤも揉み放題だぞ」

祖母が亡くなったのは5年前だ
祖父より年上だったがまだ63才だった

「お祖父ちゃん まだ全然大丈夫なの?」
「まぁ 見慣れてるしな」

「そうだ 再婚とか考えてないの?」
「こんな年寄り誰が相手するんだ
娘の家に厄介になってる身分だぞ」
「でも彼女くらいなら・・・」
「こういうの見てしまうと50代くらいの女じゃ
満足出来なくなるからな」
「ふ~ん」
「でも現役だぞ 俺はまだ」

モザイクで見えないが思いっきりぶち込まれている

「見たいなぁ」
「ハハハッ ウラを友達から借りてきてやるか」
「持ってる人いるの?」
「教育上も法律でもダメだけど
持ってるやつなんていくらでもいるさ
俺は興味ないから持ってないけどな」
「どうして?」
「隠れてる方がいいってすぐにわかるさ
実際に見るより想像した方が興奮するって
ブサイクが多いっていうのもあるしな」
「そうなんだ」
「このAV女優のウラがあれば欲しいけどな」

一度も見たことないから気になる


「そろそろ復活する頃だろ」
「う、うん」
「明日は休みだ 好きなだけすればいい」
「うん」

僕は3回出して力尽きた

祖父は1回だけ出して先に眠ってしまったが
寝る前に僕に断ってお酒を軽く飲んでいた


その日から祖父の部屋で寝るようになった


「タツヤとずいぶん仲良くなったみたいね」
「ハハハッ 話が合うんだ なっ?」
「あっ うん お祖父ちゃんの話が面白くて」
「どんな話してるんだか」
「まわりが女だらけだったから肩身が狭かったとかな」
「お姉ちゃんに言いつけるわよ」
「冗談だろ ユキエ 余計なこと言うなよ」
「わかってるわよ ハハハッ」



プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
電子書籍人気BEST10
1. ユニットバスの奇跡
2. 蚊に刺された妹
3. 日焼けした妹と遊ぶ夏休み
4. 妹は見た!  
5. 親戚女子 
6. 僕と妹 vol.1
7. こどもだけの時間
8. ケンとユキ姉
9. ミラクルチェンジ
10. 妹とワンルーム
最新記事
amazon







アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
57位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析
LINK







リンク
電子書籍紹介



アクセスランキング
Kindle電子書籍











i2iアクセスランキング
小説相互リンク

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。