FC2ブログ

「妹とワンルーム」の電子書籍の販売を開始しました

こちらの作品は電子書籍限定の書き下ろし新作小説です
(ブログにて序盤のみ近日公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「母さんが行っちゃうと静かだな」
「う、うん」

僕は妹とそんなに話をした覚えがない
家を出た時はまだ妹は4才だったし
祖父母がすべて面倒を見ていたので
一緒に遊ぶこともなかった

そのあとは家に寄りついてないので
会ったのは母がうちに連れてきた時くらいだ

「前にここに来たことは憶えてるか」
「うん」
「何年生くらいだった 5年生の時だっけ」
「ううん 4年生」
「じゃあ 会うのも3年ぶりか」
「この間お母さんと商店街に買い物に
行った時にお兄ちゃん見かけたよ」
「何だよ 声かけてくれよ」
「お母さんが急いでるみたいだったから」
「忙しいもんな 仕事と家のゴタゴタで
そうだ お祖父ちゃんにお祖母ちゃんと
間違えられたって本当か?」
「う、うん」
「本当にボケちゃったんだな」
「私の名前をユカリとか言ったりもして」
「なんだよ お祖母ちゃんと母さんとチサトが
みんな同じに見えるってことか 重症だな」

妹なのに何故か緊張する
スムーズに話しているが他人行儀だ

「いろいろ決めておかないとな
あっ これは合い鍵な 失くすなよ」
「うん」
「お湯は沸かせるよな」
「うん 大丈夫だよ」
「ここにラーメンとかお菓子が入ってるから
もしおなかがすいたら自由に食べていいから」
「うん」
「あと そうだな 俺がいない時に
誰か訪ねてきても無視していいからな
郵便とか宅急便もあとで受け取れるし
変な押し売りが来たりすることもあるから」
「うん」
「まぁ 何かあったら俺か母さんに電話だな
学校には持っていけないみたいだけど
遊びに行くときは携帯電話を持って行けよ」
「うん」

今日に合わせて母が妹の携帯を新しく契約したのだ

「まぁ ここに友達連れてきてもいいけど」
「本当?」
「仕事が終わる時間は言っておくから
俺がいない時にここで遊べばいいよ
チサトは仲のいい友達いるのか」
「うん」
「どんな子だ」
「手芸部で一緒のナナ」
「ナナちゃんか 今度会わせてくれよ」
「うん わかった」

-以上-

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
「迷惑なのはわかるけど協力してよ」
「そんなにひどくなってるの?」
「チサトをお母さんと間違えて
もう大変だったんだから 私ならともかくさぁ」
「えっ!?」
「お父さんがボケちゃってから
あんたは家に寄りつかなくなったし
関わりたくないんだろうけど」
「そんなことは・・・」

それもあるが大学を中退したことで
母と険悪になって家を飛び出したのだ

「チサトを預かってくれたら
もう大学辞めたことグチグチ言わないから」
「ずっとじゃないよね」
「まぁ 今後お父さんがどうなるか
予想もつかないし お母さんも体調悪いし
いろいろ大変なのよ 安藤家は」
「でも母さんはあいかわらず元気だね」
「私が倒れたら崩壊するわよ」
「結婚でもすればいいのに」
「してくれるわけないでしょ 条件が両親と同居で
問題が山積みなのに」

うちは母はシングルマザーで
僕と妹の実の父親は違う いわゆる異父兄妹だ

「そっか そうだよね」
「自分に置き換えて考えてみて こんな女選ぶ?」
「いっ いやっ 母さんが好きなら・・・」
「それは恋愛でしょ あいかわらずね
いつまで純情やってるのよ 本当に私の息子?」
「知らないよ でも顔は・・・」
「検査するまでもないわね チサトは似てないけど
あんたは私そっくりだし」
「はぁ・・・」
「ちょっとは感謝しなさいよ」
「わかってるって」

電話でも延々と話が続くが
今日は僕のマンションまでやってきたので
さらにマシンガントークは続いた


安藤ユウジ 28才 フリーター

仕事は友達の雑貨屋の店番がメインで
休みには交通量調査やイベントスタッフをして
収入を安定させている

その友達の雑貨屋の2号店が出来たら
店長をやることになっているので
それまでこの生活は変わりそうにない


友達の名前は金田タイチ

中学からの友達で親が駅前の商店街で
昔から文房具屋を営んでいる
跡継ぎではあるがまだ両親とも健在なので
新しい試みとして雑貨屋をオープンさせたのだ

僕が店番を頻繁にするようになったのは
金田が結婚してからだ

「新婚を楽しみたいんだ」

そういって頼まれたがもう2年になる
何故か子供が出来ないので
あいかわらず2人はアツアツのままだ

「安藤もそろそろ彼女作れよ」
「そんな簡単に出来たら苦労しないって」
「エリカの友達紹介してやったのに」
「それは・・・」

金田の奥さんはエリカという名前で24才
元々ギャルだったので友達もそっち系
全く話が合わなくて付き合わずに終わった

大学を辞めた頃に金田と風俗で童貞を捨てた
それからも何度かお世話になっているが
僕の方はいまだに素人童貞のままで
彼女というものが出来たことがない

「じゃあ よろしくね」
「わかったよ」
「チサト お兄ちゃんの言うことちゃんと聞くのよ」
「う、うん」
「うちにいるよりもいいはずよ 狭いけどね」
「当たり前じゃん ワンルームなんだから」
「ハハハッ」

土曜日に妹が引っ越してきた

ここに住むといっても実家は自転車でも
行ける距離なので日常使わない服などは
持ってきていない

うちの部屋はごく一般的な6帖ワンルーム
ユニットバスでトイレバスは一体型
キッチンは電気コンロで冷蔵庫も小さい
収納は靴箱のところにあるだけだ

服や下着はベッドの下の収納ボックスに
あとは壁にズラッとかけてある

ベランダは一応あるが洗濯機も置けない狭さで
普段は洗濯モノをためておいて2週間に1回程度
コインランドリーを利用している


「母さんが行っちゃうと静かだな」
「う、うん」

僕は妹とそんなに話をした覚えがない
家を出た時はまだ妹は4才だったし
祖父母がすべて面倒を見ていたので
一緒に遊ぶこともなかった

そのあとは家に寄りついてないので
会ったのは母がうちに連れてきた時くらいだ

「前にここに来たことは憶えてるか」
「うん」
「何年生くらいだった 5年生の時だっけ」
「ううん 4年生」
「じゃあ 会うのも3年ぶりか」
「この間お母さんと商店街に買い物に
行った時にお兄ちゃん見かけたよ」
「何だよ 声かけてくれよ」
「お母さんが急いでるみたいだったから」
「忙しいもんな 仕事と家のゴタゴタで
そうだ お祖父ちゃんにお祖母ちゃんと
間違えられたって本当か?」
「う、うん」
「本当にボケちゃったんだな」
「私の名前をユカリとか言ったりもして」
「なんだよ お祖母ちゃんと母さんとチサトが
みんな同じに見えるってことか 重症だな」

妹なのに何故か緊張する
スムーズに話しているが他人行儀だ

「いろいろ決めておかないとな
あっ これは合い鍵な 失くすなよ」
「うん」
「お湯は沸かせるよな」
「うん 大丈夫だよ」
「ここにラーメンとかお菓子が入ってるから
もしおなかがすいたら自由に食べていいから」
「うん」
「あと そうだな 俺がいない時に
誰か訪ねてきても無視していいからな
郵便とか宅急便もあとで受け取れるし
変な押し売りが来たりすることもあるから」
「うん」
「まぁ 何かあったら俺か母さんに電話だな
学校には持っていけないみたいだけど
遊びに行くときは携帯電話を持って行けよ」
「うん」

今日に合わせて母が妹の携帯を新しく契約したのだ

「まぁ ここに友達連れてきてもいいけど」
「本当?」
「仕事が終わる時間は言っておくから
俺がいない時にここで遊べばいいよ
チサトは仲のいい友達いるのか」
「うん」
「どんな子だ」
「手芸部で一緒のナナ」
「ナナちゃんか 今度会わせてくれよ」
「うん わかった」

「あとトイレとオフロのことだけど
まぁ狭いから音が聞こえちゃうと思うんだ
だからここの水を流しながらしてもいいし
俺も気を使うようにするから」
「うん」
「オフロ入る時は便座を閉めて
ここで着替えてくれ 本当狭いけど」
「うん」
「普通はシャワーしか使わないけど
湯船に入りたいならお湯をためてもいいから」

ここで妹がシャワーを浴びるのか

前に会った時は完全に子供だったが
今は胸も膨らんでおしりも大きくなっている
母が何も言ってなかったので
生理はまだなのかもしれないがもう大人だ

妄想で不覚にもボッキしてしまった

「シャワーカーテンは内側に入れて・・・」

ブラジャーが透けて見える

「あと何か聞きたいことあるか」
「脱いだモノはどうすればいいのかなって」
「あっ そうだそうだ この中に入れてくれ
週に1回まとめてコインランドリーに持っていくから」

2人なので回数を増やすしかない

「コインランドリーってどこにあるの?」
「近所の銭湯にあるんだ あとで行くか」
「うん」
「俺は使ったことないけどもしあれなら
たまには銭湯に入ってきてもいいぞ」
「本当に?」
「高いから頻繁には無理だけどな
あっ 年をごまかせば安く入れるな 
ここは校区じゃないだろ」
「でも近所で中学の制服姿見られちゃうよ」
「そっか ハハハッ ズルはダメか」

「ベッドは上か下どっち使いたい?」
「どっちでもいいよ」
「そっか じゃあ 決めなくていいか
空いてる方で寝ることにしよう」
「うん ウフフッ 面白いね」

家の中の説明が終わったので
銭湯も含めて近所を案内することにした

「ちょっとトイレしてから出るから先に出てて」
「私もトイレ行きたい」
「そっか じゃあ 先に行っていいぞ」

妹はトイレに入った
部屋の中にも音が聞こえる
さっき水を流しながらしてもいいといったが
別に気にしてないようだ

「じゃあ 外に出てるね」

僕は便座にすぐに座った まだあたたかい 
すぐに想像しながらオナニーをはじめた

妹で興奮するなんて・・・

ただこんなことも素人童貞には刺激的なのだ
頻繁に会ってるとまた違うのかもしれないが
そんなに身近な存在じゃなかったので
兄妹といっても一定の距離がある

「あっ あぁ~」

最後は便器の中に発射した


プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

新作紹介
カテゴリ
FC2カウンター
Kindle電子書籍人気作品



i2iアクセスランキング







LINK







リンク
Kindle Unlimited Edition


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1478位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
45位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析