FC2ブログ

過去に妹とHな状況になったことがあります
それは僕が17才で妹は12才で小6の時でした

その日僕は期末試験中でだったので学校は昼に終わる日でした
で妹は昨日から風邪で熱を出して寝込んでいました
うちは共働きだったので両親は昼間家にいなくて
朝出かける前に帰ったら妹の世話を頼まれていました

そもそもHなことには興味ありましたが
妹を性的に見たことはその日までありませんでした

苦手な数学の試験だったので落ち込んで家に戻りました
そして妹のところへ行きました

【熱を出した妹(1)】の続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

その後ですが兄妹がそういう関係になると普通の恋人より
とにかく気軽なのが危険だなと思いました

普通の恋人だとどこで会うとかいろいろ作戦を立てたり
何かプレゼントしたりしてようやく心がつかめたりして
やっとH出来たりしますがそのあたりが全くないので

もう次の日から毎日がHな生活になってしまいました

妹はまだ完全に治ってないので学校は休んでいました
僕はテストでまた昼には家に戻りました
テストの手ごたえがイマイチだったので妹のことより試験のことで
頭がいっぱいになっていました

「あー最悪・・・」 「どうしたの」
妹は普通にリビングでくつろいでいるようでした

【熱を出した妹(2)】の続きを読む

「熱を出した妹」の電子書籍版の発売を開始しました

ブログで連載していた本編に
電子書籍版限定で「誰が触ったかゲーム」というエピソードを追加してます

-「誰が触ったかゲーム」抜粋-

「なぁ 今度は美佐ちゃん呼んでくれよ それで隼人の
同級生も呼んで誰が触ったかゲームしよう」
「誰が触ったかゲーム?」
「目隠しして最初は手を握って誰が握ったか当てたりして
負けた人間が触られる役でほらっおまえはわざと負ければ・・・」
「ふ~ん 面白そう」
「だんだん慣れてきたらおしりを触るとかいろいろあるし
これなら最後はみんなにおっぱいとかここも舐めてもらえるだろ」
「興奮してきたよ」
「ヘンタイだな で誰を触ったかゲームもすればもっと盛り上がる」
「あぁ 目隠しした子に触らせるのね 早くしたいな」
「わかったよ でも本当美佐ちゃん頼むぞ 俺は隼人たちを
セッティングするから」
「うん」

-以上-



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

☆こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
お持ちのスマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad/iPod touch)でも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

☆すいませんがブログ上ではしばらくの間2話限定公開とさせていただきます

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1972位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
77位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析