FC2ブログ

「少女日記@目黒彩弓」の電子書籍の販売を開始しました

☆少女日記シリーズ第二弾作品☆

電子書籍限定での未発表新作ですので
是非よろしくお願いします 
(近日序盤3話はブログにて公開します)



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

「アユミちゃん これからよろしくね
ハッハッハ」
「あっ うん おじさん」
「やっぱりおじさんのままかぁ」
「ごめんね ユウイチさん」
「いいよ いいよ」

「エイコちゃんも・・・」
「・・・」
「ちょっと あいさつくらいしなさいよ」
「もういいでしょ 見たいテレビあるのに」
「そうなのか どんな番組見てるんだ」
「はぁ?」
「エイコ!」
「ハッハッハ」


私は目黒アユミ 12才

新しい父親がうちにやってきた
ここはパパと暮らした家なのに
引越さずにそのまま住むことになったのだ

パパとママは2年前に離婚した
原因は詳しく知らないけど
私から見たところママはパパに
満足しなくなったのだ

それは新しい父親になったおじさんを
見てすぐにわかった

パパは背が低くて性格は優しい感じだけど
おじさんは背が高くて無神経な感じで
豪快な性格なのだ

ママはユミコ 35才

同級生の矢島サトシが店長をしている
焼肉屋ドラゴンで働いている もう10年目だ

おじさんと知り合ったきっかけはその店だ
家族で来ていたおじさんが離婚したあとも
息子と食べに来ていてママが声をかけたのだ
つまり2人は同じようなタイミングで
バツイチになって知り合ったということだ

姉はエイコ 16才

私はおじさんのことを別になんとも思ってないが
姉は毛嫌いしている

「アユミも無視すればいいのに」
「そんなのかわいそうだよ」
「かわいそうなのはパパだよ」
「それはそうだけど・・・ 
じゃあ お姉ちゃんはお祖母ちゃんの家で
パパと暮らせばいいのに」
「それが出来ればそうしてるわよ
でも私なんかいたらパパが再婚出来ないし」
「優しいね お姉ちゃん パパにそっくり」

-以上-



少女日記シリーズ第一弾作品 「少女日記@品川綾乃」も絶賛発売中!
スポンサーサイト
[PR]

「アユミちゃん これからよろしくね
ハッハッハ」
「あっ うん おじさん」
「やっぱりおじさんのままかぁ」
「ごめんね ユウイチさん」
「いいよ いいよ」

「エイコちゃんも・・・」
「・・・」
「ちょっと あいさつくらいしなさいよ」
「もういいでしょ 見たいテレビあるのに」
「そうなのか どんな番組見てるんだ」
「はぁ?」
「エイコ!」
「ハッハッハ」

【少女日記@目黒彩弓(1) 「アユミも無視すればいいのに」】の続きを読む

はじめて家で4人で夕食を食べた

「なんだかいいわね」
「ハッハッハ」
「・・・」
「ママ こんなにたくさん作ったら
残っちゃうんじゃない」
「俺に任せて」
「そうよ ユウイチさんはものすごく食べるんだから」

【少女日記@目黒彩弓(2) 「それは・・・ベッドでするでしょ」】の続きを読む

おじさんが私たちにいたずらをし始めたのは
1ヶ月くらい経ってからだった

まずは私にしてきた

朝起きてトイレに行ったあと顔を洗ってると
私のうしろに立っておちんちんを
背中に押しつけてきたのだ

「おじさん 当たってるよ」
「朝だからね」

朝立ちはママから習った
男の人は朝起きるとボッキしてるということだ

【少女日記@目黒彩弓(3) 「私 おじさんにいたずらされちゃった」】の続きを読む

プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

カテゴリ
FC2カウンター
i2iアクセスランキング







LINK







リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2036位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
80位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析