FC2ブログ

「ママこれって・・・」
「ちょっとここには大事なモノが
入ってるから開けないでって言ったでしょ」
「もしかしてエッチなモノ?」
「マセてるんだから もう」
「どうやって使うの?」
「まだコハルには早いわ」
「生理がはじまった時にもう大人だからって
言ったじゃない」
「それとこれとは・・・」

【おもちゃと少女(1) 「まだコハルには早いわ」】の続きを読む

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
「大人のおもちゃ使っちゃった」
「えっ!?」

私は早速友達に自慢した

友達の名前は日高サラ
母がフィリピン人でいわゆるハーフだ

「コハルのママ エロいね」
「ウフフッ そうみたい」

ただサラの親はそれ以上だ

【おもちゃと少女(2) 「じゃあ 学校に持ってきてよ」】の続きを読む

「今日は一緒にオフロに入るか」
「ママと入れば?」
「サラ パパに優しくしなさい」
「怒ることはないよ サラは反抗期なんだから」
「そんなことないよ 入ろう じゃあ」
「そうか うれしいよ」

【おもちゃと少女(3) 「サラ パパに優しくしなさい」】の続きを読む

「おもちゃと少女」電子書籍版の販売を開始しました

大人のおもちゃに興味を持ってしまった少女や
性に開放的な親を持つ少女などの日常を楽しんでいただければと思います

あと電子書籍版限定で「ミハルの自由研究」というエピソードを
特別収録しておりますので是非お楽しみください



※表紙画像をクリックすると
Amazonの販売ページにジャンプします

こちらの電子書籍は専用のkindleタブレットだけではなく
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad)・パソコンでも
kindleアプリを無料でダウンロードしていただくだけで読むことができます

-本文抜粋-

なぁ 今日は・・・」
「ちょっとお兄ちゃんノックしてよ」
「あっ あぁ」

妹は明らかにスカートの中に
手を入れていた 僕が入ってすぐに
うしろに手を持っていったのが見えた
それになんだかかすかに音も聞こえてくる

「オフロの順番決めてなかったから」
「どっちでもいいよ」
「じゃあ 俺から入るから」
「う、うん」

話してる間ずっと妹の行動を観察した

「でも何してたんだ」
「何もしてないよ 休んでただけ」
「この音は・・・」
「早く出ていってよ もう」
「わかった わかった」

妹はベッドにその音の主を置いて
僕を押し出そうとしたので
はっきりと見えた

AVで見たことのあるローターだ

さっきの母とのやりとりは
このことだったのだ

妹がローターを使ってるなんて生々しい
それも母のローターなのだ

僕は本当に今まで妹のことを
女として意識したことはなかった
ただこの日を境に性の対象にするように
なってしまった

-以上-


プロフィール

miccho

Author:miccho


姉妹ブログ
エロティック小説ABC

新作紹介
カテゴリ
FC2カウンター
Kindle電子書籍人気作品



i2iアクセスランキング







LINK







リンク
Kindle Unlimited Edition


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1478位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
45位
アクセスランキングを見る>>
アクセス解析